羽田空港撮影スポットまとめ。各ポイントごとの特徴と撮影ガイド

こんにちは、ヒコ太郎です。

展望デッキだけでも3か所ある羽田空港は、多くのエアラインが乗り入れており、飛行機ファンにも大人気の空港。

今後国際線が拡充される羽田空港は、ますます目が離せません。

今回はそんな羽田空港のにある飛行機撮影スポットをまとめて紹介したいと思います。

羽田空港にある各撮影スポットごとの解説に加えて、滑走路運用方法航空管制周波数など、

飛行機撮影に役立つ情報をまとめました。

羽田空港の基本情報

ICAO/IATAコード RJTT/HND
運用時間 24H
滑走路 A滑走路 3,000×60(16R/34L)
B滑走路 2,500×60( 04 / 22 )
C滑走路 3,360×60(16L/34R)
D滑走路 2,500×60( 05 / 23 )

東京国際空港、通称羽田空港は、東京都大田区にある国際空港。

A滑走路からD滑走路まで、4本もの滑走路を有する日本最大の国際空港です。

羽田空港の滑走路運用

飛行機の撮影で重要なのは、滑走路の運用方法

狙った飛行機を撮るためには、頭に入れておきたいところです。

羽田空港では、AからDまで4本もの滑走路があるため、運用方法はやや複雑。

ルールがわかればそこまで難しくないので、簡単に説明したいと思います。

北風運用時

滑走路の運用方法は、風向きによって決まります。

北風運用時は、着陸用にはA・C滑走路を使用し、離陸にはC・D滑走路を使用します。

B滑走路は使われず、C滑走路は離着陸兼用という事になりますね。

また離陸、着陸にはそれぞれ2本ずつ使われ、使う滑走路にもある程度ルールがあります。

まず着陸では、南方面から来る飛行機はA滑走路34Lに、北方面から来る飛行機はC滑走路34Rに降ろすことが多いです。

次に離陸では、南方面へ向かう飛行機はD滑走路05から、北方面へ向かう飛行機はC滑走路34Rから離陸することが多いです。

南風運用時

南風運用時は、着陸用にはB・D滑走路を使用し、離陸にはA・C滑走路を使用します。

B・D滑走路は着陸専用、A・C滑走路は離陸専用という事になりますね。

やはり離陸、着陸にはそれぞれ2本ずつ使われ、使う滑走路にもある程度ルールがあります。

まず着陸では、南方面から来る飛行機はB滑走路22に、北方面から来る飛行機はD滑走路23に降ろすことが多いです。

次に離陸では、南方面へ向かう飛行機はA滑走路16Rから、北方面へ向かう飛行機はC滑走路16Lから離陸することが多いです。

これらはあくまでも、基本的にはという感じ。

例えば北から飛来するルフトハンザの747が34Lに着陸することもよくあります。

最終的にはその場の状況や管制官次第。

絶対という事ではない点は注意してください。

また2020年3月末からは、羽田空港の滑走路の運用方法が変更となる点も覚えておきたいところ。

そのあたりの詳しいことは、羽田空港の滑走路運用方法の記事にまとめてあります。

羽田空港の滑走路運用方法を解説。現在の使われ方と2020年3月末からの運用方法

羽田空港の滑走路運用方法を解説。現在の使われ方と2020年3月末からの運用方法

2018年8月9日

羽田空港の航空管制周波数

タワー 118.10     A滑走路(16R/34L)
118.575 B滑走路( 04 / 22 )
124.35   C、D滑走路(16L/34R/23)
118.725 D滑走路(05)
118.80 126.20 236.80
クリアランス 121.825 121.875
グランド 121.70  第1タミ側
118.225
第2タミ側
121.625
国際タミ側
121.975
D滑走路05
122.075 (旧整備地区)
アプローチ 119.40  北到着アプローチ )
119.10 
(南到着アプローチ)
119.70 124.40 127.70 126.50 236.80 120.20 125.80 261.20
ディパーチャー 126.00 120.60 120.80 127.60 124.20 119.60 125.525
TCA 124.75 256.10 119.45 246.10
ATIS 128.80

羽田空港はトラフィックが多いため、

タワーやグランド、アプローチなどは、それぞれ周波数を分けて運用しています。

羽田空港の飛行機撮影スポット

羽田空港周辺にある飛行機撮影ポイントを、上記の地図上にまとめてみました。

羽田空港の撮影スポット

  1. 第1ターミナル展望デッキ
  2. 第2ターミナル展望デッキ
  3. 国際線ターミナル展望デッキ
  4. 城南島海浜公園
  5. 京浜島つばさ公園
  6. P3駐車場
  7. P4駐車場アネックス
  8. 整備地区ポイント
  9. 浮島町公園
  10. 中央防波堤

次に各撮影スポットについて、順番に解説していきます。

①第1ターミナル展望デッキ

34Lに着陸するブリティッシュエアウェイズの飛行機

34Lに着陸するブリティッシュ機

第1ターミナルは主にJALが使用しているターミナルで、撮影スポットの展望デッキからはA滑走路の着陸機(北風運用時)や、A滑走路の離陸機(南風運用時)、遠くにはB滑走路の着陸機(南風運用時)などを撮影することができます。

運が良ければ富士山との絡み政府専用機の駐機などを撮影することができるのも特徴です。

第1ターミナル展望デッキについてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港撮影スポットガイド!第1ターミナル展望デッキを徹底解説

2018年9月8日

ここで撮れる写真例

プッシュバックされるJALのサクラジンベエ

プッシュバックされるJALのサクラジンベエ

羽田空港でハミングバードディパーチャーを撮影した写真。飛行機と富士山との絡み

ハミングバードディパーチャー

JALの格納庫前に駐機する政府専用機

JALの格納庫前に駐機するシグナス

フジテレビとスターアライアンス塗装のタイジャンボ

フジテレビとスターアライアンス塗装のタイジャンボ

②第2ターミナル展望デッキ

西日を浴びながら16Lを南に向かって離陸するANA機

西日を浴びながら16Lを南に向かって離陸するANA機

第2ターミナルは主にANAが使用しているターミナルで、撮影スポットの展望デッキではC滑走路の離陸機や、C滑走路の着陸機(北風運用時)、東京スカイツリーと絡めた写真(北風運用時)を撮影することができます。

また政府専用機の撮影機会が多いのも特徴です。

第2ターミナル展望デッキについてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港撮影スポットガイド!第2ターミナル展望デッキを徹底解説

2018年9月9日

ここで撮れる写真例

初任務を終えて日本に帰ってきた新政府専用機

初任務を終えて日本に帰ってきた新政府専用機

東京スカイツリーと34Rを離陸する政府専用機

東京スカイツリーと34Rを離陸する政府専用機

スポットに向けてタキシングするANAの787

スポットに向けてタキシングするANAの787

34Rを離陸するエアチャイナのチャーター機

34Rを離陸するエアチャイナのチャーター機

国賓で来日したトランプ大統領の乗るエアフォースワン

国賓で来日したトランプ大統領の乗るエアフォースワン

新しい政府専用機と東京スカイツリーとの絡み

新しい政府専用機と東京スカイツリーとの絡み

国際線ターミナル展望デッキ

国際線ターミナル展望デッキは24時間撮影できるのが特徴で、ここの撮影スポットからはA滑走路の着陸機(北風運用時)や、A滑走路の離陸機(南風運用時)などを撮影することができます。

また夜間のバルブ撮影を行うのにも適しています。

国際線ターミナル展望デッキについてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港国際線ターミナル展望デッキは24時間いつでも飛行機見学が楽しめる

2018年9月12日

ここで撮れる写真例

 

羽田空港国際線ターミナル展望デッキで撮影したカンタス航空のワラビーズ特別塗装機

カンタス航空のワラビーズ特別塗装機

管制塔とANAのスターウォーズBB-8塗装機

④城南島海浜公園

青空の中B滑走路22に着陸するANA機

青空の中22に着陸するANA機

城南島海浜公園は羽田空港の北東部にある公園で、ここの撮影スポットではB滑走路への着陸機(南風運用時)を撮影することができます。

飛行機との距離が近く、ダイナミックな写真が撮れるのが特徴です。

城南島海浜公園についてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港撮影スポットガイド!城南島海浜公園を徹底解説

2018年9月16日

ここで撮れる写真例

カモメと飛ぶシンガポール機

カモメと飛ぶシンガポール機

サイドから光が当たったシンガポール機を前がちで撮影

サイドから光が当たったシンガポール機を前がちで撮影

青空をバックにB滑走路へ降りるJAL機

青空をバックにB滑走路へ降りるJAL機

夕陽を浴びるシンガポール機の横顔

夕陽を浴びるシンガポール機の横顔

スターフライヤーを下から切り取り

スターフライヤーを下から切り取り

⑤京浜島つばさ公園

22へアプローチするANAの787

22へアプローチするANAの787

京浜島翼公園は羽田空港B滑走路の北側すぐ近くにある公園です。ここの撮影スポットからは、B滑走路への着陸機(南風運用時)や、C滑走路の長距離便離陸機(北風運用時)を撮影することができます。

B滑走路に着陸間際の機体の真横カットや、タワーとの絡み、運が良ければ特別機の駐機、北風運用時はC滑走路からの大型機の離陸などを撮影できるのが特徴です。

京浜島つばさ公園についてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港撮影スポットガイド!京浜島つばさ公園を徹底解説

2018年9月17日

ここで撮れる写真例

アラブ首長国連邦の政府専用機787を京浜島からバルブ撮影

アラブ首長国連邦の政府専用機787をバルブ撮影

ANA777とタワーとの絡み

ANA777とタワーとの絡み

22へタッチダウン直前のしまじろうジェット

22へタッチダウン直前のしまじろうジェット

中国東方ディズニー特別塗装機のスポッティングカット

中国東方ディズニー特別塗装機のスポッティングカット

1500機目の747記念ロゴが入ったルフト34R上がりを真横から

1500機目の747記念ロゴが入ったルフト34R上がりを真横から

⑥P3駐車場

プッシュバックされる政府専用機

プッシュバックされる政府専用機

P3駐車場は第2ターミナル北側にある立体駐車場で、ここの撮影スポットからは各国の政府専用機や特別機VIPが政府専用機に搭乗するシーンなどを撮影できるのが特徴です。

P3駐車場についてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港撮影スポットガイド!P3駐車場を徹底解説

2018年9月14日

ここで撮れる写真例

雨の中並ぶ中国と韓国の政府専用機

雨の中並ぶ中国と韓国の政府専用機

プッシュバックされる旗出しの政府専用機

プッシュバックされる政府専用機

VIPスポットに横付けするVC-25

VIPスポットに横付けするVC-25

エア・インディアの747

エア・インディアの747

任務に備えて2機並んだ政府専用機

任務に備えて2機並んだ政府専用機

⑦P4駐車場アネックス

P4駐車場アネックスは第2ターミナル南側にある立体駐車場で、ここの撮影スポットからはA滑走路の着陸機(北風運用時)、A滑走路の離陸機(南風運用時)、タキシングなどを撮影できるのが特徴です。

P4駐車場アネックスについてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港P4駐車場アネックス(別館)で撮れる飛行機写真

2018年9月15日

ここで撮れる写真例

⑧整備地区ポイント

34Lにアプローチする5スターハンザ

34Lにアプローチする5スターハンザ

整備地区ポイントは羽田空港の南側、新整備場駅から少し歩いた場所にある撮影ポイントです。ここの撮影スポットからはA、C滑走路の着陸機(北風運用時)や、目の前の誘導路をタキシングする機体をアイレベルで撮影することができます。

整備地区ポイントについてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港撮影スポットガイド!整備地区ポイントを徹底解説

2018年10月4日

ここで撮れる写真例

朝焼けの中、34RにアプローチするA320

朝焼けの中、34RにアプローチするA320

D滑走路に向かってA誘導路をタキシングするスタアラ塗装のタイジャンボ

D滑走路に向かってA誘導路をタキシングするスタアラ塗装のタイジャンボ

現在では少なくなってしまった4発エンジンのA340

現在では少なくなってしまった4発エンジンのA340

朝焼けをバックに34Rに着陸するカンタスジャンボ

朝焼けをバックに34Rに着陸するカンタスジャンボ

浮島町公園。現在閉鎖中

北風運用時、A滑走路へのアプローチ真横を至近距離から狙えます

北風運用時、A滑走路へのアプローチ真横を至近距離から狙えます

現在閉鎖中
浮島町公園は台風15号の被害により、現在閉鎖中です。再開時期は不明。撮影できませんのでご注意ください。

参考→台風第15号の被害による浮島町公園及び浮島つり園の一時閉鎖について(港湾局、川崎区役所、建設緑政局)

浮島町公園は羽田空港のA滑走路南側、多摩川を挟んだ向かい側の浮島にあります。

ここの撮影スポットからはA滑走路の離着陸機着陸機とタワーとの絡み、頑張ればC滑走路の離着陸機も撮影することができます。

浮島町公園についてまとめた記事はこちら⇓

【現在閉鎖中】羽田空港撮影スポットガイド!浮島町公園を徹底解説

2018年10月16日

ここで撮れる写真例

着陸機と新・旧タワーとの絡み

着陸機と新・旧タワーとの絡み

青空をバックに16Rを離陸するエミレーツ

青空をバックに16Rを離陸するエミレーツ

16R上りは東京タワーとの絡みも狙えます

16R上りは東京タワーとの絡みも狙えます

16L上がりのルフトジャンボを真横から撮影

16L上がりのルフトジャンボを真横から撮影

34Lにアプローチするベトナム機の真横カット

D滑走路着陸後、スポットに向かうデルタ機

D滑走路着陸後、スポットに向かうデルタ機

⑩中央防波堤

C滑走路34Rから朝日を浴びて離陸するブリティッシュ機

C滑走路34Rから朝日を浴びて離陸するブリティッシュ機

中央防波堤は羽田空港のC滑走路東側にある人工島です。

ここの撮影スポットの特徴はなんといってもはやC滑走路34R離陸機の捻りが撮影できる点です。南風運用時はB滑走路22へのLDAアプローチのアクションカットが撮影できる点も見逃せません。

中央防波堤についてまとめた記事はこちら⇓

羽田空港近くの中央防波堤で撮影できる飛行機写真!34R捻りに22LDAまで

2019年3月24日

ここで撮れる写真例

離陸後大きくバンクしながら左翼が見えるほどの捻りをみせてくれるJAL機

離陸後大きくバンクしながら左翼が見えるほどの捻りをみせてくれるJAL機

B滑走路22へLDAアプローチを行うスカイマーク機

B滑走路22へLDAアプローチを行うスカイマーク機

中央防波堤の北側からは城南島のようなカットが撮れる

中央防波堤の北側からは城南島のようなカットが撮れる

旋回を終えて22のファイナルに乗ったANA機

旋回を終えて22のファイナルに乗ったANA機

羽田空港での撮影ガイド

羽田空港の撮影スポットは多岐にわたるため、1日で全部周るのはまず不可能。

そのため、ある程度撮影スポットを絞りたいところ。

羽田空港で展望デッキを中心に撮影する場合、ターミナル間を移動するならシャトルバス一択です。

本数多めですし、朝の5時頃から0時頃まで運行されています。料金も無料ですので、ターミナル間の移動はシャトルバスを利用しましょう。

空港から離れた外周撮影スポットから撮影する場合は、状況によって選択肢は変わってきます。

車で行ってもいいですし、平和島からバスを利用するのも手。

羽田空港に限らず、飛行機は風向きによって使用滑走路は変わります。

使用滑走路の確認にはフライトレーダー24を使うと便利です。

嵐ジェットやエアフォースワンまで!フライトレーダー24の使い方

フライトレーダー24は、世界中の飛行機の位置がわかる神アプリ

2018年7月13日

風向きによっては全く使われなくなる滑走路もあるので、注意が必要。

例えば北風の場合、B滑走路は全く使われなくなってしまいます。そうなるとB滑走路の撮影スポットに行っても撮れなくなってしまいますね。

風向きで特に怖いのが、ランウェイチェンジ。通称ランチェンと呼ばれています。

風向きが変わると使用滑走路も変わるので、それまで撮れていた場所で急に撮れなくなってしまうこともあります。

離れた場所にある撮影スポットにいると移動も大変ですし、時間もかかります。

狙っている飛行機がある場合は直前にランウェイチェンジをされると一大事ですよね。

なので長時間飛行機を撮影する予定の日や、絶対撮りたい飛行機がある場合は、必ずその日の風向きの時間帯予想を確認する癖をつけましょう。

関西空港で撮影する際に使ったモバイルバッテリーの写真

あとモバイルバッテリーは飛行機撮影で欠かせない装備。

フライトレーダー24やツイッターなどで情報をチェックしていると、スマホのバッテリーはあっという間に0%に。

モバイルバッテリーがあれば、いつでもどこでもスマホの充電ができ、1つ持っていると影や普段の生活でも非常に便利です。

モバイルバッテリーは様々なものが発売されていますが、私も使ってる大容量で機内持ち込みもOKな、リモワのようなデザインのROMOSSリモワ風モバイルバッテリーがおすすめ。

 

関西空港で飛行機を撮影するときに使うエアバンドレシーバー

狙った飛行機を確実に撮るなら、エアバンドも必須装備です。

フライトレーダーだと直前まで使用滑走路はわかりませんが、エアバンドを聴いていれば事前に使用滑走路がわかるため、撮れるチャンスは大いに広がります。

エアバンドを聴いているだけでも楽しいですし、何より空の世界がもっと楽しめるので、飛行機ファンなら持っておきたいアイテムです。

 

エアバンド受信機は多くのものが発売されていますが、初めてなら価格も手頃で高性能なIC-R6が圧倒的におすすめです。

もともとのアンテナはエアーバンド専用ではなく感度はイマイチなので、併せてエアーバンド専用のアンテナも用意しておきたいですね。

エアーバンドの使い方については、こちらで詳しく解説しています。

【完全版】エアバンド初心者のための航空無線使い方ガイド!今日から聴ける

【完全版】エアバンド初心者のための航空無線使い方ガイド!今日から聴ける

2019年4月8日

羽田空港撮影スポットまとめ

夕陽を浴びながら滑走路22へアプローチする飛行機

飛行機撮影スポットが沢山ある空港は、遠征先としても楽しい空港だと思います。

飛行機撮影ファンにおすすめのカードが、楽天プレミアムカード

年会費10,000円の『楽天プレミアムカード』が1枚あれば、羽田なら豪華なパワーラウンジが使えますし、

羽田空港第1ターミナルにある【パワーラウンジ ノース】レビュー。

2019年1月31日

航空会社関係なく世界1,300か所以上の空港ラウンジが無料で使い放題のプライオリティパスまで無料で付いてくるので、遠征や旅行が好きなら持っておくと便利なカード。

関空やLCCでの台湾・シンガポールの撮影遠征と大活躍でした。

関西国際空港撮影スポットまとめ。各ポイントごとの特徴と撮影ガイド

2019年12月12日

関西空港【ぼてぢゅう】プライオリティパスの利用ルールとメニューを解説

2019年11月26日

桃園国際空港飛行機撮影スポットまとめ!撮影ポイント別完全ガイド

2018年12月12日

桃園国際空港でプライオリティパスが使える全ラウンジまとめ!おすすめはどこ?

2019年1月24日

シンガポール・チャンギ国際空港にある飛行機撮影スポットまとめ!

2019年4月22日

チャンギ空港でプライオリティパスが使える全11ラウンジまとめ!

2019年5月24日
ヒコ太郎

1日じゃ周りきれない!

もし羽田に遠征に来るなら、成田空港も近くておすすめ。

成田空港にある撮影スポットについては下記の記事をご覧ください。

成田空港の撮影スポット記事はこちら⬇︎

【完全版】成田空港撮影スポットまとめ!各ポイントの特徴を徹底解説

【完全版】成田空港撮影スポットまとめ!各ポイントの特徴を徹底解説

2019年3月20日

この記事をシェア⬇︎