【新千歳空港 】G誘導路ポイントの場所と撮影できる飛行機写真

G誘導路ポイントは、新千歳空港に新しくできた誘導路であるG誘導路が撮影できるポイント

新誘導路Gをタキシングする機体が間近で撮影できるポイントです。

G誘導路ポイント撮影ガイド

撮影スポット情報
  • 光線 : G誘導路は昼順光、基地側は午前順光
  • 写真 : G誘導路転がり、基地側の離着陸機
  • 脚立 : 必要なし
  • 駐車 : 駐車スペースあり
  • 環境 : 周囲にコンビニなどは無し

G誘導路ポイントは、新千歳空港の南側にできた新誘導路『G』の目の前にあるポイント。

撮影できるのが新誘導路という事で、ここで新千歳空港の誘導路をちょっと説明します。

新千歳空港では、今までメインの誘導路としてD誘導路とJ誘導路が使われていました。スポッターに人気の国際線機材は、国際線ターミナルからJまたはD誘導路を通って滑走路に向かっていた事から、国際線機材が必ず撮影できるJコロポイントは飛行機ファンにも人気の撮影スポットでした。

【新千歳空港 】Jコロポイントの場所と撮影できる飛行機写真

2020年9月20日

この導線はJコロで撮影するスポッターには嬉しい限りでしたが、新千歳空港では国際線の拡充により誘導路の混雑が課題となっていて、2020年に新千歳空港の南側に新誘導路として新設されたのがG誘導路。

G誘導路ポイントでは、G誘導路をタキシングする機体を目の前で撮影する事ができます。

また基地側の滑走路18L-36Rも間近で見渡せるため、自衛隊機の離着陸を撮影するのにも使えるスポット。政府専用機が目の前を通るシーンなどはまさに圧巻です。

G誘導路ポイントは丘の上から撮影する事ができるため、脚立も不要。周囲にコンビニなどはありませんが、民間機・自衛隊機ともに撮影できる素晴らしいポイントです。

G誘導路ポイントの場所・アクセス方法

G誘導路ポイントは地図のこちらの場所。基地南側の外周路からアクセスしますが、冬は雪が深いので車で行く場合はスタックに気をつけてください。

基地南東側にある林の中の獣道を抜けると、整地された丘が目の前に現れます。

この丘の上に登るとこのような景色が広がり、空港西側や自衛隊側の滑走路などが見渡せます。ちょうど目の前にはG・K・M誘導路があり、管制塔などもよく見えます。

左側を向くと千歳基地の滑走路18L-36Rの36Rエンドが目の前にあり、自衛隊機の離着陸やタキシング、ラインナップ、アーミングエリアの様子などが撮影できます。

G誘導路ポイントで撮れる飛行機写真

G誘導路をタキシングするANAのDHC-8-Q400

G誘導路ポイントは、G誘導路のタキシングや、自衛隊機の離着陸、タキシング、ラインナップなどが撮影可能。

目の前をタキシングするピーチのA320

G誘導路をタキシングする機体は、目の前を通り過ぎて行きます。

さらに自衛隊側滑走路の36Rエンドが目の前にあるため、自衛隊機の撮影にも向いています。18Lに着陸した政府専用機は目の前を通って格納庫へ向かうため、政府専用機も間近で撮影が可能。

ここは高台にあるためパイロットにも気付いてもらいやすく、運が良ければ手を振ってもらえるかも。

滑走路18Lから出た政府専用機

政府専用機のパイロット達が手を振ってくれているのがわかりますか?2人同時に手を振ってもらえるのはなかなか無い経験でした。

G誘導路ポイント手前の丘からも撮影可能

G誘導路をタキシングするピーチ機

目の前を通過する政府専用機は大迫力

18Lから離陸する政府専用機をG誘導路ポイント手前の丘から撮影

G誘導路ポイントは近い距離から撮影可能

滑走路18LからM8誘導路に向かう政府専用機

 

G誘導路ポイントまとめ

G誘導路ポイントはなんと言っても飛行機との距離が近いのが良い点。自衛隊ファンにも民間機ファンにもおすすめのスポットです。

◆新千歳空港の撮影スポットについてまとめた記事はこちら⬇︎

【新千歳空港&千歳基地】飛行機撮影スポット

【新千歳空港&千歳基地】飛行機撮影スポット

2020年9月25日

この記事を気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです⬇︎