【完全版】エアバンド初心者のための航空無線使い方ガイド!今日から聴ける

管制官と飛行機の交信を聞くことができるエアバンド。これを持っていると、飛行機を撮影する時に大いに役立ちます。

しかし初心者にとっては、エアバンドは難しく感じたり、ハードルが高いのも事実。

そこで今回は、エアバンドの使い方をわかりやすく解説したいと思います。

エアバンドの基本的な知識や機能、操作方法などとともに、おすすめのエアバンドや、飛行機撮影においての活用方法など、この記事を読めばエアバンドの使い方がマスターできるようになっています。

エアバンドを使いこなすには機能を知ろう

エアバンドを購入したらすぐにでも使いたいところですが、使いこなす為には、まずエアバンドの機能を知る事が必要です。

せっかく高性能な物を持っていても、どんなことができるかがわからないと使いこなせないですからね。

エアバンドでできること

  • 自分で周波数を合わせて聞く
  • チャンネルを選んで聴く
  • 複数の周波数を同時に聞く
  • 知らない周波数を探し出す

エアバンドでできることは基本的にはこんな感じ。

そもそもエアバンドにはどんな機能があるの?って方や、エアバンド超初心者の方は、このあたりのことをエアバンドの基本!受信機(レシーバー)の機能をわかりやすく解説の記事で詳しく紹介しているので、こちらの記事から読むのがおすすめです。

エアバンドの基本!受信機(レシーバー)の機能をわかりやすく解説

2019年4月1日

 

初心者におすすめのエアバンド受信機

エアバンドレシーバーは各メーカーから様々な価格帯のものが発売されていますが、

これから購入を考えているんだったら、IC-R6が断然おすすめ

私も使ってるエアバンド受信機です。

2010年に発売された機種ですが、現在でも大人気の機種であるという事は、それだけ信頼のある証ですね。

なんで私がIC-R6をおすすめするかというと、そのずば抜けたパフォーマンスの高さから。

IC-R6のここがおすすめ!

  • 爆速スキャン
  • 登録できる周波数が多い(チャンネル数1300)
  • 性能の割に超激安

他の機種と比べても断然コスパがいいんですが、目に見えるスペック以外として、初心者でも操作が簡単で扱いやすいところも、私がおすすめする理由ですね。

エアバンドの具体的な使い方と操作方法

エアバンドは様々な機種が発売されていますが、基本的に使い方はほぼ同じです。

エアバンドで一番売れており、私も保有しているIC-R6をもとに使い方を説明していきます。

エアバンドの使い方と一言で言っても、覚えることはたくさんあります。

使いこなすにはこれを覚えよう

  • 各ボタンの機能
  • 自分で周波数を合わせて聞く方法
  • チャンネルを選んで聴く方法
  • 複数の周波数を同時に聞く方法
  • 知らない周波数を探し出す方法
  • 使いやすくするためのカスタマイズ

これらの操作をマスターすれば、エアバンドの使い方はバッチリです。

IC-R6での実際の操作方法や使い方は、アイコムIC-R6の使い方完全ガイド!初心者でも今日から操作方法がマスターできるの記事を読んでいただければ、この中で詳しく解説しています。

アイコムIC-R6の使い方完全ガイド!初心者でも今日から操作方法がマスターできる

2019年4月5日

 

飛行機撮影でのエアバンドの活用方法

エアバンドの使い方をマスターしたら、次はエアバンドを飛行機撮影に活用しましょう。

飛行機撮影においてエアバンドは必須と言えます。

飛行機を撮影するときに、特にエアバンドの必要性を感じるのはこんな場面。

こんな場面でエアバンドを使おう

  • 撮りたい飛行機の使用滑走路を確認したい時
  • 政府専用機や軍用機を撮影する時

エアバンドがあるとこんな場面で役に立つんですね。

このあたりのことは、飛行機撮影でのエアバンド活用方法!撮りたい飛行機をもう逃さない!の記事で実例を含めて解説しています。

飛行機撮影でのエアバンド活用方法!撮りたい飛行機をもう逃さない!

2018年9月6日

 

エアバンドを使うときに役立つアプリやサイト

エアバンドを使うときに、一緒に活用したいアプリやサイト。

エアバンドと合わせてうまく活用することで、飛行機を撮影するときにとても便利になります。

ここでは特に役立つものを2つ紹介します。

フライトレーダー24

フライトレーダー24は、現在飛んでいる世界中の飛行機の位置がリアルタイムで分かる位置情報アプリです。

軍用機やADS-Bを搭載していない古い機体など、一部映らない機体もありますが、飛行機のいる位置が視覚的に分かるので、エアバンドと合わせて活用することで、飛んでいる場所をより正確に把握することができます。

フライトレーダー24の使い方は、飛行機撮影の必須アプリ!フライトレーダー24の使い方!の記事で詳しく解説しています。

嵐ジェットやエアフォースワンまで!フライトレーダー24の使い方

2018年7月13日

まだお持ちでない方は、こちらからダウンロードできます。

Flightradar24 | フライトトラッカー
Flightradar24 | フライトトラッカー
開発元:Flightradar24 AB
無料
posted withアプリーチ

Live ATC

Live ATCは世界中の空港の航空無線を無料で聴くことができるサイトです。

日本では羽田や成田、伊丹などが聞けます。約10〜30秒くらいのタイムラグがありますが、ほぼリアルタイムですね。

例えば、羽田から遠い場所にいる時や、撮影スポット移動中のトンネル内など、レシーバーを持っていてもエアバンドが聴けない場面で役に立ちます。

Live ATCのウェブサイトはこちら⇓

Live ATC.net

交信を聴くにはLive ATCのウェブサイトを開き、左上のAirport/ARTCC Codeの検索窓のところに、羽田ならRJTT、成田ならRJAAと入力しましょう。緑のLISTENボタンをタップするとすぐにリアルタイムの交信が流れ始めますよ!

◆LiveATCについては、こちらの記事で詳しく紹介しています⬇︎

LiveATCの魅力とは?受信機が無くてもスマホだけで航空無線が聞ける

2019年6月10日

おわりに

エアバンドの使い方を覚えて使いこなすことができるようになれば、狙った飛行機が撮れる確率が上がります。

思い通りの交信が聴けるようになったら、飛行機の動きが手に取るようにわかるようになりますし、エアバンドを聴くこと自体も楽しくなりますよ。

空港が近くに無くても、航空路管制なんかは家でも聴くことができます。

ぜひエアバンドの使い方をマスターして、素敵なエアバンド生活を楽しんでみてください。