飛行機撮影の構図にはどんなものがある?知っておきたい構図の種類

飛行機撮影って楽しいですよね!

私は朝から晩まで撮り続けていても飽きません。

ただ闇雲にひたすら撮ってても楽しいんですが、構図の種類を意識して撮るだけでもっと楽しくなるんです!

スポッティングカットとは?

飛行機撮影の構図の中でも,基本中の基本といえるのはこのスポッティングカット機体を真横から撮ることで機体番号やカラーリングを記録します。

機体番号は英語でレジストレーションといい、通常は略してレジと呼びます。機体を識別するためにひとつの機体にひとつ与えられ、生涯使い続けます。

今でこそスポッティングというとスポッティングカットの写真を撮ることをいいますが、昔は機体番号を双眼鏡などで確認しそれをノートに記録することをスポッティングと呼びました。

スポッティングは昔からある趣味のジャンルのひとつで、スポッティングを趣味としている人のことをスポッターと呼びます。昔のスポッターは機体番号をただノートに書くだけで私には何が面白いのかまったくわからないんですが、熱心なスポッターから言わせると機体の歴史や運用を追いかけ、思いを馳せるのがたまらないのだそうです。マニアの鏡ですね。

スポッティングカットは機体を真横から撮影することでどの機体も同じように撮れるため記録写真に向いています。

収集心をくすぐられ、狙っていた機体が撮れた時の喜びは計り知れません。

特別塗装や珍しい機体などが来た時は必ず撮っておきたいカットです。

撮影する時は順光であること真横であることレジがしっかりと写ってること機体が切れずに収まってること障害物などに隠れてないこと、などに注意して撮影しましょう。
飛行機撮影の失敗写真を知っておくだけで、写真の出来上がりがよくなりますよ。

スポッティングカットの種類にはどんなものがある?

転がり

スポッティングカットは飛行機撮影の中でも基本中の基本です。

飛行機撮影をする上でこの撮影方法はしっかりマスターしていきましょう。何事も基本が大事ですからね!

スポッティングカットがなぜ基本と呼ばれているかというと、スポッティングカットの撮影には撮影する際に必要な基本的なことを身につける事ができるからです。

スポッティングカットをしっかりとマスターする事で他の撮影力が格段に上がりますよ。

転がりはゆっくりとタキシングしているところを撮るので難易度的には比較的優しいです。

撮影する際には、順光真横レジをしっかり写機体全体を切れないように写す、というポイントをしっかりと押さえて撮影しましょう。

そうは言っても日本の空港で真横で撮れる場所ってデッキ以外だと中々無かったりするんですよね。

デッキで撮影してても手前にいる機体や照明設備が邪魔だったりして中々真横をクリアに撮るのが難しかったり。

撮影よりも撮影場所探しに苦労しちゃいます。

撮影場所が見つかったらさっそく撮影を始めてみましょう。

撮影ではレジや機体がブレないように、白トビせず適切な露出にするためにはどうしたらいいのかなと考えながら撮ることでカメラの設定がしっかりと身につきます。

また撮りたい機体を追いかけていくことで撮影の動きも身についていきます。

『今日は南風だからこの機体はあの滑走路に降りてくる』とか、『どこの誘導路を通るから順光で撮るためにはあそこで撮ろう』といったように、動きの予測がどんどんと上達していきます。

このスキルは撮りたい飛行機を逃さないための超重要なスキルなんです。

飛び

離陸時や着陸時を狙うスポッティングは飛行速度を落としてるとはいっても地上をタキシングしている時と比べると圧倒的に速いため、撮影の難易度は上がります。

初めは真横を捉えられなかったり、ブレてしまったりすると思いますが、連写を活用してバッチリ撮れるようになりましょう。

このカットがしっかりと撮れるようになったらスキルは大分上がってるはずですよ。
羽田空港でスポッティングショットを狙うには、京浜島つばさ公園浮島町公園がおすすめです。

アクションカットとは

スポッティングカットは記録写真的な要素が強かったですが、飛行機そのものをテーマとして撮影するのがアクションカットです。

この構図は機体の重量感や迫力、力強い動きを表現する事ができ、飛行機のかっこよさを最も引き出せることができる撮影方法です。

スポッティングカットは機体の左右の動きだけですが、アクションカットでは前後の動きも出てくるため、撮影の難易度は上がります。

前後の動きがあると距離が変化するのでピントの位置がどんどん変わってしまいます。

AIサーボAFを使うと距離が変化しても常にピントを合わせ続けられるのでそれを活用しながら連写で撮影しましょう。

飛行機撮影では基本的にはコクピットにピントが合っていないと失敗写真となってしまいます。

私もたまにこの失敗をしてしまうんですが、後ろからの撮影ではエンジンからのブラストを拾ってピントがズレてしまう事があるので、コクピットへのピントが合うように意識して撮影しましょう。

アクションカットは難易度が上がる分、表現の幅も広がるのでどんどん撮ってくださいね!

アクションカットにはどんな種類がある?

前がち

機体を前方から撮影することで画面いっぱいに機体を捉えることができ、迫力のある写真を撮ることができます。大きな機体をいっぱいに切り取ると大迫力!

後追い

長距離フライトの離陸は燃料満載で重たい上がり。翼のしなりから重さが伝わってきます。後方からの撮影ではジェットブラストもよく見えます。

ひねり

飛行機が旋回しながら背中を見せてくれるひねりはあまり撮る事ができません。うまく撮れれば空撮のような写真を撮ることができます。

通常の撮影では主翼が胴体にかかって塗装の一部が必ず隠れてしまいますが、ひねりを撮れると主翼が胴体にかからないので機体の塗装がよくわかります。

切り取り

機体の一部を切り取る事で普段肉眼では気づかない景色や、細かいディテールまで表現する事ができます。注目したいスポットを切り取る事ができるので色々と表現できそうですね。

切り取り写真は撮影者のこれを撮りたいという意思が1番伝わる写真だと思います。

タッチダウン

タッチダウンの瞬間を捉えるのはカメラの連写力が問われます。タッチダウンはタイヤのスモークや雪の巻き上げなど迫力のある写真を撮れますね。

流し撮り

流し撮り
アクションカットの中でも難しい撮影方法になるのがこの流し撮りという撮り方です。

シャッタースピードを遅くして、背景を流しつつ機体にしっかりとピントを合わせなくてはいけません。

シャッターが開いている間、機体の動きに合わせてカメラを振らなくてはいけないので大抵の写真はブレブレになってしまいます。

やってみるとわかるんですがシャッタースピードを遅くすれば遅くするほど難易度は上がります。

シャッタースピード1/10の難しさといったら…。

私がヘタクソなだけですが20枚撮って1枚も上手に撮れないことなんてザラです。

しかし背景が流れて機体が止まって写るこの撮影方法は飛行機のスピード感を表現するのにぴったりの撮り方です。

難しい反面、うまく撮れた時はカッコいい写真になるので何度も練習して上手に撮れるようになりましょう。
流し撮りの撮影方法はちょっと難しいので、こちらの記事を読んでコツをつかんでみてくださいね。

情景写真とは?

アクションカットだけでも多くの構図の種類がありましたね。

次に紹介するのは飛行機撮影の中でも、自由度が高い情景写真です。

アクションカットは飛行機そのものがテーマの構図でしたが、情景写真は風景や自然現象などとの絡みをテーマとした撮り方になります。

カッコいい言い方をするなら『飛行機のある景色』を撮るイメージですね。

こう撮らなければいけないという風に決まってるわけではありませんし、絡めるものによって本当に色々な写真が撮れるので撮る人の感性が光るジャンルだと思います。

私も光る感性が欲しいです…。

情景写真にはどんな種類がある?

季節感のある写真

桜や紅葉、雪など季節感を感じられるものとの絡みは情景写真にぴったりです。日本には素晴らしい四季があるので、それを感じることのできる情景写真は是非撮りたい写真のひとつです。

夜は昼間とはまた違った景色を見せてくれます。夜の空港って滑走路の灯火や飛行機のライトに照らされて幻想的な雰囲気ですよね。

夜の空港のデッキでは、まるで宝石箱のようにキラキラと光る灯火に包まれ、カップル達もいい雰囲気になる中、1人でデカいレンズを抱えてイソイソと撮影している私はさぞ雰囲気をぶち壊しているに違いありません。特に羽田空港第2ターミナルのデッキなんかは夜のライトアップが綺麗なので余計に浮きまくりです。

夜間の飛行機撮影では、昼間と比べ光量がほぼないので撮影自体の難易度は上がりますし、カメラ自体の性能も求められます。

撮影方法も流し撮りやバルブ撮影に限られてきます。バルブ撮影の方法についてはこちらのページにまとめてありますので参考にしてみてくださいね。

バッチリ決まった夜の写真はとても美しい写真に仕上がりますよ。

みなさん雨の日って中々写真を撮りに行こうとは思わないんじゃないでしょうか?どんよりとした雲、機材も濡れるし…。

やはり飛行機撮影は晴れの日に撮りたいですよね。

しかし雨の日は雨の日で中々おもしろい写真を撮ることができるんですよ!

離陸時に主翼から曳くベイパーや逆噴射で水飛沫を上げるシーンなどは中々迫力がある写真になります。

雨の日の良さを見つけて撮ってあげるのも撮影愛ですよ。

雨の日だからといってカメラをしまわずに、たまには雨の日に出かけて写真を撮ってみてください。

夕方

夕方は太陽光が黄金色に輝く時間です。マジックアワーというやつですね!

時間が短いですが夕方は素敵な写真を撮る絶好のチャンスです。

太陽の位置が低いと光線が下まで当たって機体を綺麗に照らすので、とても情景的な写真を撮ることができるんです。

光をうまく使って機体のディテールを出してあげたり、逆光を利用してシルエットを出したりと撮り方ひとつで色々な写真を撮ることができます。

色々と試してみて素敵な1枚を撮ってみてください。

月や太陽との絡み

月や太陽との絡みは情景写真の中でも中々難しい絡みです。月や太陽はとても小さく、しかも常に動いているので中々飛行機と絡んでくれません。

月や太陽の動きと飛行機の動きを予測しながら狙いましょう。

太陽はもちろんですが、月も意外と明るく白トビしがちなので必ず試し撮りを忘れずに!

試し撮りをしながら適切な露出に合わせましょう。

月は白トビせずに月の表面のクレーターが写れば完璧です。

ライブビューモードを使ってしっかりとピントを合わせてあげて、飛行機が月に飛び込むのを待ちましょう。

その場所ならではの風景

シンガポールに旅行に行ったら、大したことなくても一応マーライオンの写真撮りますよね?それはマーライオンがシンガポールにいった証だからですよね。

飛行機撮影を続けていくといつか遠征に行く時が来るはずです。

全国各地の空港にはその場所ならではの景色や建物などがあります。それと絡めた写真を撮ってみましょう。

羽田だったらスカイツリー、冬なら富士山も見ることができます。千歳なら樽前山、沖縄なら青い海など。

撮影のために遠征に行ったなら、そういった写真もぜひぜひ撮ってみてください。

おわりに

単に飛行機の写真を撮るといっても色々な構図の種類があることがわかりましたね。

写真に正解はないと思いますし、私自身まだまだ勉強中ですが、どんな写真が撮りたいかを意識するだけで写真の質が変わったと思います。

みなさんも構図を意識して、撮りたい写真をイメージしながらぜひ撮ってみてくださいね。