アクシオン福岡で飛行機を俯瞰撮影。アクセス方法や撮影の注意点など

アクシオン福岡は、福岡空港の離陸機を撮影できるポイントのひとつ。

ここの魅力はなんといっても飛行機を丘の上から俯瞰で撮影できること。

そんなアクシオン福岡で撮影できる飛行機写真、アクセス方法や撮影時の注意点などをまとめました。

アクシオン福岡撮影ガイド

撮影スポット情報
  • 光線 : 午前順光
  • 写真 : R/W16離陸機
  • 脚立 : 必要なし
  • 駐車 : 駐車スペースあり
  • 環境 : 周囲にコンビニなどは無し
  • 公式サイト : アクシオン福岡

アクシオン福岡は、福岡空港東側の丘上にある複合スポーツ施設。(※同じ福岡の芦屋海浜公園にあるレジャープール「アクシアン」とは全く別の物なので、注意してください。)

正式名称は福岡県立スポーツ科学情報センターで、愛称のアクシオンはスペイン語でアクションの意味だそう。

アクシオン福岡は高台にあり、アクシオンの裏にある丘の上に登ると、このように福岡空港が上から見渡せます。空港の奥には福岡の街並みも良く見えますね。

南風運用時はここから福岡空港のR/W16を離陸する飛行機を街バックで撮影できます。

アクシオン福岡裏の丘の上から撮影できるのは、R/W16運用時の離陸機。福岡の街をバックにした俯瞰構図で撮影することができます。

滑走路を見渡せるため、着陸機の転がりなども撮影可能。

丘の上からの撮影となるため脚立も不要。周囲にコンビニなどはありませんが、まるで空撮のような俯瞰構図で撮影できるのが魅力のポイントです。

アクシオン福岡の場所・アクセス方法

アクシオン福岡があるのは地図のこちらの場所。

アクセスの方法としてはバスか車があります。

◆バスで行く場合

バスでのアクセス方法

博多バスターミナル14番乗り場から
37・38・39・39-Bのバスに乗車約20分。(月隈団地 経由)アクシオン福岡前下車。

福岡空港から
地下鉄4番出口、福岡空港前バス停から37・38・39のバス乗車約7分。(月隈団地 経由)アクシオン福岡前下車。
※38については、月~金のみ運行

最新のバスの運行ルートはアクシオン福岡のHPで確認してください。

◆車で行く場合

福岡空港から県道45号線を空港沿いに進み、牧のうどん空港店のある交差点を左へ曲がります。

突き当たりで右に曲がり、「県立総合プール・スポーツ科学情報センター」の看板のある交差点を左に曲がって進んでいくと右側に見えてきます。

車はこの付近にある東平尾公園の駐車場を利用しましょう。

こちらがアクシオン福岡。

アクシオン福岡の駐車場はアクシオン利用者に限定されているので、東平尾公園の駐車場を利用しましょう。

駐車場奥に見えるフェンス沿いやアクシオン福岡の建物内など、アクシオン福岡敷地内での飛行機撮影は控えた方が無難。

撮影できるのはアクシオン福岡裏手にある丘の上から。

アクシオン福岡裏手にある道路を渡ると、丘の上に登れる階段があります。

左側を向くとアクシオン福岡や福岡空港が見えます。

階段を登り切るとこのようになっています。ここからさらに上に登って撮ることもできるのでお好みで。

アクシオン福岡裏手の丘の上から眺めるとこのような景色が広がっています。アクシオン福岡や福岡空港、その奥にある福岡の街並みが一望できますね。

アクシオン福岡で撮れる飛行機写真

アクシオン福岡からは、滑走路16からの離陸機や着陸機の転がりなどが俯瞰構図で撮影可能。

特に滑走路16からの離陸機は、国際線ターミナルや福岡の街並みと絡めた写真を撮影できるのが面白いですね。

離陸機真横の写真はアクシオン福岡と被ってしまうので、撮影することができません。また大型機や滑走路途中から離陸するインターセクションなど、上がりが遅い機体は手前の山が邪魔になるため、街並みと絡めることができません。

離陸する機体のエアボーンの瞬間も撮影できます。

離陸した機体はアクシオン福岡の裏側を掠めて上昇していきます。真横はアクシオン福岡が被るため撮影不可能。

離陸機を撮影する場合、500ミリ程度のレンズが必要です。

上がりが早い機体は、福岡の街並みと絡めた写真が狙えます。

着陸機の転がりも撮影可能。

着陸した機体は国内線の場合、手前の誘導路を転がっていきます。

上がりが遅い機体は手前の山に被り、街並みと絡めた写真は狙えません。

大型機は上がりが遅いため、街並みと絡めるのは小型機が中心。

早朝は機体の下まで光が回るため、撮影は早朝がおすすめです。

アクシオン福岡敷地内での撮影は禁止

当初は撮影禁止ではなく、以前は敷地内から撮影できたアクシオン福岡。

当然敷地内から撮影した方が空港に近く、建物も被らないためいい写真が撮れるんですが、ゴミを捨てるなど撮影マナーが悪かったため、現在はアクシオン福岡の外階段には航空機撮影のための進入禁止の看板が建てられてしまいました。

明確に撮影禁止が謳われているのは外階段のみですが、今後のためにも施設内外のほか、駐車場などを含めて敷地内での撮影は控えた方が無難かと思います。

駐車場や奥のフェンス際も撮影しない方が無難。

アクシオン福岡の外階段や踊り場の撮影は禁止されています。

アクシオン福岡裏手にある土手の上から撮影するようにしましょう。またアクシオン福岡以外にも東平尾公園など、ここら辺一帯は同じような構図で撮影できるので、無理してアクシオン福岡敷地内から撮ることはないと思います。

アクシオン福岡まとめ

アクシオン福岡はなんと言っても福岡の街並みをバックにした写真が撮影できるのが魅力。

最後になりますが、撮り鉄のマナー違反が問題となっている昨今。

飛行機撮影ファンはマナーが良いとされていますが、近年は飛行機撮影ファンのマナー違反やトラブルもよく耳にします。

アクシオン福岡に限らず、撮影禁止となった場所も多くあり、飛行機撮影ファンのマナーも問われていると強く感じています。

数少ない貴重な撮影スポットを守るためにも、撮影マナーを守った撮影を心掛けたいですね。

◆福岡空港の撮影スポットについてまとめた記事はこちら⬇︎

【九州】福岡空港飛行機撮影スポット

【九州】福岡空港撮影スポットガイド FUKUOKA AIRPORT Spotting Guide

2021年5月3日

この記事を気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです⬇︎