ヒースロー空港BA整備場裏は27R着陸機を昼順光で撮影できるスポット

ヒースロー空港には、滑走路が2本(09R-27L、09L-27R)あります。

西風運用時、着陸機は27Lか27Rとなり、どちらに降ろすかはその時の運用によって変わりますが、両滑走路ともに降ろす事は可能です。

今回紹介するBA整備場裏は、滑走路27Rへの着陸機をお昼順光で撮影できるポイントとしてベストな場所。

という事で今回は、ヒースロー空港のBA整備場裏で撮れる飛行機写真について紹介していきます。

ヒースロー空港BA整備場裏は27R着陸機を昼順光で撮影できるポイント

ヒースロー空港BA整備場裏の撮影スポットを紹介

BA整備場裏のポイントは、ヒースロー空港の北東、滑走路27Rエンド付近、イースタンパリミターロードから撮影できるスポット。

ブリティッシュエアウェイズの整備場がここの裏手にあります。

道路沿いの芝生や近くのランドアバウトから撮影する形になりますが、ここも地元のスポッターがよく撮影しているポイント。

27Rの着陸機をお昼に撮影するには、ここが1番いいんですよね。

BA整備場裏の場所・アクセス

BA整備場裏は地図のこちらの場所にあります。Cranford Lane Hatton Crossバス停の目の前ですね。

ハットンクロス駅からは423系統の無料バスを利用して約10分。Cranford Lane Hatton Crossバス停で下車しましょう。

BA整備場裏から撮影できる飛行機写真

BA整備場裏では、西風運用時に27Rを着陸で使用している時に撮影することができます。

季節によって変わりますが、大体8時頃から16時頃までが順光の時間帯。

27R進入コースの南側にあるため、飛行機は右側から降りてきます。

遮るものも特になく、飛行機はかなり手前から視認できるので安心です。

ここと同じように、27Lの着陸機を昼間順光で左頭降りを撮影できる芝生の広場と比べると、こちらの方が飛行機との距離がやや近い分、少し見上げる形になりますね。

立ち位置によっては写真の下の方に照明が写り込んでしまう事もありますが、左右に移動することで回避できます。

BA整備場裏で撮れる写真は主に真横カット。

風景と絡めた写真を撮るのには向きませんが、真横を撮るなら悪くないポイントです。

単調になりがちな真横カットの写真ですが、BAの復刻塗装機など珍しい飛行機は、やっぱり真横カットも撮っておきたいですよね。

あとは立ち位置というかポジションなんですが、BA整備場裏付近でも、少し東寄りから撮影すると見上げる形が強くなりますが、照明の写り込みを避けて撮りやすくなります。

逆にこちらの写真のように、西寄りの端まで移動してランドアバウト付近から撮影すると、飛行機の高度が少し低くなるので、若干ですが先ほどよりも水平に近い角度で撮影ができます。

その分、地上にある照明などは写りこみやすくなっちゃいますね。

見上げるように見えるかどうかというのは、もちろん機体の高度の影響もありますが、実際のところ機体のバンク角によるところも大きいです。

着陸間際は滑走路のセンターに合わせるためにパイロットは機体を細かく修正するので、機体はフラフラと左右にバンクしながら降りてきます。風が強い日なんか特にですね。

このように機体が右にバンクしてしまうと見上げるような形に写ってしまいますし、左にバンクすれば水平から撮ったようにも写ります。

このA380の写真の場合は地上にある照明が一緒に写っているので、機体が右にバンクしているのがわかりますが、ほかのものがなければ大きく見上げてるようにも見えますよね。

このように、見上げてるように見えるかどうかは機体のバンク角によるところが結構大きいので、ここでの西側と東側の立ち位置での写真の違いはごく僅かの差です。

撮影お役立ち情報

BA整備場裏から撮影する上で必要な情報をまとめました。

撮影お役立ち情報

  • 西風運用、27Rを着陸で使用時
  • 真横カット
  • お昼順光(8時〜16時頃)
  • 必要レンズは100ミリ〜

BA整備場裏から撮れるタイミングは、西風運用時で27Rを着陸で使用している時。

ヒースローでは離陸機と着陸機は滑走路ごとに分けられます。例えば27Rを着陸で使用していた場合、27Lは離陸専用になります。

離陸用の滑走路と着陸用の滑走路は15時で入れ替わるので、朝から27Rを着陸で使用していたら15時までは大丈夫。当たり前ですが、風向きが変わる事によるランチェンはあります。

ヒースロー空港の滑走路はほぼ東西を向いているため、ここでは北向きに撮影する形になります。ここは朝8時から16時頃までは基本的に順光ですが、季節によって時間は多少変わります。

周辺にはトイレやお店がないので、長時間撮影する予定であれば、ハットンクロス駅などで事前に買い物やお手洗いを済ませておいてください。

おわりに

BA整備場裏は無料循環バスの423系統のバス停目の前にあるので、アクセスしやすいのがいいですね。

ヒースローでは何かと立ち寄る機会の多いハットンクロス駅からも、423系統の無料バスを使って10分ほどです。

ハットンクロス駅周辺には超有名スポットの芝生の広場のほか、歩道橋ポイントもあるので、BA整備場裏と併せて撮影してみてください。

ヒースロー空港ハットンクロスの芝生広場は飛行機ファンに大人気!

2019年7月22日

ヒースロー空港ハットンクロス駅の歩道橋で撮れる飛行機写真を紹介

2019年7月23日

◆ヒースロー空港にある撮影スポットをまとめた記事はこちら⬇︎

イギリス・ヒースロー空港の飛行機撮影スポットまとめ!滑走路の運用方法も解説

2019年8月9日