台北のアイスモンスターは台湾のキングオブかき氷!場所やおすすめは?

どうもニーハオ(你好)です!

台湾スイーツの代表選手といえばかき氷ですよね。

台北でも、台湾かき氷の創始店である辛發亭や、ローカルに人気のかき氷店である多田家など、美味しい台湾かき氷のお店がたくさんあります。

中でも、台湾かき氷の中でおそらく最も有名なお店が、今回紹介する『アイスモンスター(ICE MONSTER)』です。

私も台湾に来たら必ず訪れてしまうほど大好きなお店なんですが、まだ知らない人のためにその美味しさを伝えたい!

ということで、この記事では台湾・台北市内にあるアイスモンスター(ICE MONSTER)で絶対食べたいおすすめかき氷や、場所、アクセス方法、営業時間などを紹介していきます。

台北にあるアイスモンスター(ICE MONSTER)はキングオブかき氷!日本にも進出

台湾・台北市内にあるアイスモンスター(ICE MONSTER)は今や日本でも大人気となっており、知っている人も多いんではないでしょうか?

それもそのはず、表参道を筆頭に大阪、名古屋、那覇と日本にも進出しており、2015年に表参道に進出した際は5時間待ちの行列ができるなど、テレビでも大きく話題になりました。

夏場では今でも1時間近く待つなど、今なお人気のお店です。

アイスモンスターがこれほど人気なのは、その独特のふわふわ氷の食感ゆえ。日本ではシャリシャリとしたかき氷が一般的だった時に、このふわふわの食感がとても新鮮だったんですね。

このふわふわは台湾かき氷ならではで、雪片冰や雪花冰など色々な呼び方があり、アイスモンスターでは綿花甜と呼ばれています。

アイスモンスターは1997年に台北で創業して以来、2012年には現在の忠孝旗艦店に店舗を移し、台湾以外にも日本、中国に進出しており、その店舗数は全部で20店舗近くもあり、世界で最も有名な台湾かき氷のお店となっています。

まさにキングオブかき氷ですね!

台湾のアイスモンスター総本店の忠孝旗艦店に行ってみよう

台湾の忠孝旗艦店。アイスモンスターの総本店です。

それではアイスモンスターの総本店である、台北市内にある忠孝旗艦店に行ってみましょう。

台湾のアイスモンスターは総本店の忠孝旗艦店と微風松高店の2店舗がありますが、今回は本店である忠孝旗艦店を紹介します。

まずお店の入り口は上記の写真のような外観となっています。大きくICE MONSTERと書かれているのでわかりやすいですね。

今回私が訪れたのは秋の夜9時半頃だったんですが、それでも15分ほど並びました。台湾の人たちもアイスモンスター大好きなんでですね。

意外と男子率高めなので、男1人でも安心して列に並べました。

スイーツ屋さんなのに夜遅くでもお店が開いているのはありがたいですよね。この時間なら食後のデザートにもピッタリです。

注文時間を短縮するため、列に並んでいる最中にメニューを見ることができるので、ゆっくり決めることができます。

メニューは中国語以外にも、英語、日本語でも表記があるので、初めての海外旅行の人でも安心して頼むことができますよ。

店内に入ったらまずカウンターでメニューを注文します。

この際の注意点としてアイスモンスターでは最低注文料金があり、1人110ドル以上頼まないといけないので注意してください。2人で訪れる場合、220ドル以上のかき氷を頼んで、2人で1つをシェアして食べることも可能です。

アイスモンスターでの注意点
  • 最低注文料金は110ドル以上
  • 2人で行く場合は、合計で220ドル以上になればOK

注文をしたら先にお会計を済ませます。現金以外にクレジットカードも利用可能ですよ。

お会計が済んだら席まで案内されます。

店内はとても広く色々なタイプの席があるので、一人でも安心して入ることができます

私が訪れたときはちょうどハロウィンのシーズンだったので、店内もハロウィン仕様となっていました。

私自身はハロウィンはあまり興味はないんですが、店員さんの女の子がハロウィンのコスプレをしていたのは可愛かったです・・・。

アイスモンスターに来たら絶対食べたい人気No1かき氷

アイスモンスターに来たら絶対食べたいのがこれ、『新鮮芒果綿花甜(フレッシュマンゴーかき氷)です。

とても美味しそうな見た目ですね~!実はこれ私がトッピングしました。

最初に運ばれてきたときはこんな感じ。

マンゴーとマンゴーソースが別になっており、自分でトッピングして食べる仕様になっています。

氷を見てみると、オレンジ色になっているのがわかりますか?

これは水ではなく濃厚マンゴージュースを氷にして削っているので、オレンジ色の氷になっているんですね。このジュースを氷にして削るのがふわふわ食感の秘密なんです。

それではトッピングして食べましょう。

マンゴーを乗せて、ソースをかけるととても美味しそうになりましたね。

マンゴー氷にマンゴーソース、マンゴーの果肉、マンゴーアイスとまさにマンゴー尽くし!マンゴー好きにはたまらんですね!

もうこれでもか!とでもいうくらいに全てがマンゴーです。

食べてみると、その濃厚なマンゴーの味、香りに心が躍ります。

アイスモンスターのマンゴーはとっても甘く濃厚で、酸っぱい安いマンゴーではありません。とても甘く美味しい大き目のマンゴーを贅沢に使っているので、食べ進めていっても最後までマンゴーと氷を一緒に食べることができます。

そしてマンゴージュースで作られた氷もふんわりで、その食感はまるで雪のよう。

私、子供の頃に雪を食べた事があるのでわかるんですが、新鮮芒果綿花甜は本物の雪のようです。(雪は汚いので真似しないでね。)

アイスモンスターのは氷にミルクを使わず、純粋にマンゴージュースだけを使っているので、よりマンゴー感を楽しむことができます。

アクセントについている白いパンナコッタが口直しにピッタリですね。

私は大のマンゴー好きなので一人で全部食べられましたが、とてもボリュームがあるので2人で一つでもいいかもしれません。

自分のお腹の具合と相談してみてくださいね。

新鮮芒果綿花甜(フレッシュマンゴーかき氷)の料金は250ドル(約970円)です。日本のアイスモンスターでマンゴーかき氷を食べると1550円するので、台湾で食べるととってもお得ですね。

これなら台湾で食べなきゃ損ですよ!

アイスモンスターの場所と営業時間

台湾に2か所あるアイスモンスター(ICE MONSTER)の店舗の場所と営業時間をご紹介します。

アイスモンスター忠孝旗艦店(本店)

アイスモンスター忠孝旗艦店(本店)の場所

MRT板南線国父紀念館駅が最寄り駅で、お店までは徒歩2分ほどです。

アイスモンスター忠孝旗艦店(本店)の営業時間

日曜日~木曜日:10時30分~22時30分

金曜日、土曜日:10時30分~23時30分

アイスモンスター微風松高店

アイスモンスター微風松高店の場所

MRT板南線市政府駅、またはMRT淡水信義線象山駅が最寄り駅です。

市政府駅からなら徒歩5分、象山駅からだと徒歩13分です。

アイスモンスター微風松高店の営業時間

日曜日~水曜日:11時00分~21時30分

木曜日~土曜日:11時00分~22時00分

おわりに

台湾のベストオブかき氷はいかがでしたか?

味もボリュームも大満足の新鮮芒果綿花甜、マンゴーが大好きな人にはたまらないと思います。

日本よりもかなり安く食べることができますし、まだ行ったことがない人はぜひ1度訪れてみてくださいね。