台北・忠烈祠の衛兵交代式は男子必見!一糸乱れぬ行進は一見の価値あり

こんにちは!

台北には見どころがたくさんありますが、台北ツアーなどでは必ず組み込まれている有名スポットである『忠烈祠』はご存知ですか?

台北市内中心部からちょっと離れた場所にある忠烈祠ですが、特に有名なのがそこで毎日行われる衛兵交代式

今回は、忠烈祠や衛兵交代式の様子、場所やアクセス方法、衛兵交代式が開催される時間などをお伝えします。

一糸乱れぬその動きは一見の価値ありですよ!

忠烈祠で衛兵交代式をみよう!見どころは?

忠烈祠の衛兵交代式は観光客にも人気!衛兵は陸・海・空軍から選ばれた精鋭

忠烈祠の衛兵交代式は非常に有名で、観光ツアーなどでは必ず訪れるスポットになっています。

衛兵交代式が人気の理由は、その華麗な行進と銃剣さばきだけでなく、陸・海・空軍から選ばれたエリートたちの凛々しい姿から。

全く微動だにしないその姿は精鋭そのもの

忠烈祠は衛兵が守っているんですが、その衛兵は全く微動だにせず、まるで蝋人形かと見間違うほど。

やってみると全く動かないのってかなり辛いですよね。しかも目まで動かさないっていうのは本当に難しいです。

私は1分で限界でしたが、40分って・・・。

並外れた精神力がなきゃできません。

しかも蒸し暑い台湾の夏の時期なんて本当に大変ですよね。頭が下がります。

さすがにその衛兵たちも、ロボットでもなければ人形でもなく人間なので、やはり交代は必要ですよね。

そこで行われるのが交代式。

ただ交代するのではなくセレモニーになっていて、華麗な行進から始まる交代式は一糸乱れぬ動きや銃裁きが見どころです。

忠烈祠の衛兵は陸・海・空軍で持ち回りになっており、4か月ごとに交代します。

どの軍が担当しているかは制服の色を見れば一目瞭然で、陸軍はグリーン海軍はネイビー夏はホワイト)、空軍はブルーとなっています。

私が訪れたときはグリーンでしたので、陸軍が担当でした。ぜひコンプリートしたいですね!

胸ポケットの上にも陸軍儀隊の文字が書かれています。

忠烈祠で衛兵交代式を見てみよう!

忠烈祠の入り口にある大門牌楼

陸・海・空軍から選ばれた台湾の精鋭たちが華麗な行進を見せてくれる交代式。

交代式は1時間ごとに行われ、交代式の時間が近くなると観客たちが集まり始めてきます。

いよいよ交代式が始まりました。

厳かな雰囲気の中、門の奥から衛兵たちがやってきました。

シーンとした会場に行進の足音がゆっくりとリズミカルに響き渡ります。

思っていたよりもゆっくりとした行進に驚きました。

地面にできた茶色い5本の線の上を進んでいく衛兵たち。

実はこの茶色の5本の線は、衛兵たちの長年の行進によってできたものだとも言われています。

ピッタリと息の合った行進はさすがですね。

写真撮影自体結構自由で、進路の妨げにならない範囲であれば正面からも撮影できます。

距離的にもかなり近くから撮影できるので、写真を撮るのが好きの人にもいいかもしれませんね。

隊列は忠烈祠大殿の奥へ進み、衛兵の交代が行われます。

隊列が広場へ戻ってくると、交代式はいよいよクライマックスです。

交代式では衛兵たちの、華麗な銃さばきも見どころです。

以前ベトナムでライフルを撃った時に知ったんですが、ライフルって非常に重たくて5Kgぐらいあるんですよ。衛兵たちが持っているライフルも、おそらく同じくらいの重さがあるんではないでしょうか。

銃底が地面に当たるときのガチャっという音で、ライフルの重さが伝わってきます。

そんなに重たいライフルを軽々と扱えるなんて、本当にすごいですね。

そんなことを思いながら感心していると、なんとトラブル発生!

銃床が地面にガチャッと当たった瞬間、なんとライフルのパーツが外れてしまいました。

焦る観客たちと、私。一瞬、時が止まってしまったかのようにも感じました。

厳かな雰囲気の中でこんなことが起こってしまい緊張の瞬間でしたが、目も動かず、顔色も一切変えずに何事もなかったかのように式を続けた衛兵は、さすが精鋭部隊ですね。

忠烈祠ってどんなところ?

忠烈祠とはいったいどんなところなのでしょうか?

日本統治時代に護国神社がこの地に建立されましたが、太平洋戦争が終わると名称が忠烈祠に改められ、その後1969年に現在の忠烈祠が創建されました。

忠烈祠は、辛亥革命や日中戦争、国共内戦など、台湾建国の中で亡くなられた33万人の英霊たちが祀られています

春と秋の年に2回、中華民国総統(国家元首)がここを訪れ、英霊たちに花束をささげています。

忠烈祠で気を付けたいこと

忠烈祠は観光地として人気のスポットではありますが、神聖な場所でもあるので気を付けたいこともあります。

衛兵に話しかけたり、触ったりするのはマナー違反なので絶対やめましょう。

交代式での写真撮影は比較的緩くはありますが、撮影に夢中になって行進の進路をふさぐことがないように注意してください。

立哨に立っている衛兵との記念撮影はOKですよ。

忠烈祠でのマナー
  • 衛兵に話しかけない・触らない
  • 交代式では撮影に夢中になって、隊列の進路をふさがないように
  • 交代式の写真撮影はOK
  • 立哨の衛兵記念撮影はOK

忠烈祠の場所・アクセス方法・交代式の時間・入場料は?

忠烈祠の場所とアクセス方法

忠烈祠は台北の超有名ホテルである圓山大飯店のすぐ近くにあります。

MRT淡水信義線圓山駅剣潭駅、文湖線大直駅が最寄り駅ですが、歩くと45分くらいかかってしまいます。

各駅からタクシーで向かうか、レンタサイクルで向かいましょう。

レンタサイクルYouBikeなら、圓山駅、剣潭駅、大直駅それぞれの駅前で借りることができますよ。

交代式の時間

9:00~17:00の間、1時間ごと

※最後の交代式は16:40~なので注意

忠烈祠の入場料

入場料、交代式の見学ともに無料です。

おわりに

台北市中心部から少し離れ、駅からも遠い忠烈祠。

足を運ぶのはちょっとだけ大変ですが、衛兵たちの華麗な姿と見事な交代式は一見の価値ありですよ。

交代式見学とともに、忠烈祠で台湾の歴史に少しだけ触れてみませんか?