シンガポールで地ビールを飲むならリトルアイランドブルワリーでしょ!

一年中暑いシンガポール。

そこで飲みたくなるのが…そう!ビールですよね!

『タイガービールはもう飽きた!』

そんな人のために今回は、シンガポールで地ビールが楽しめるレストラン、リトルアイランドブルワリー(Little lsland Brewing)を紹介します。

リトルアイランドブルワリーはシンガポールの地ビールレストラン

暑いシンガポールで飲みたくなるのは、やっぱりビール!でもタイガービールばかりじゃちょっと飽きちゃいませんか?

そんな人におすすめしたいのが、リトルアイランドブルワリー。

リトルアイランドブルワリーは、チャンギビーチの隣にある地ビールレストランで、ビール醸造所にレストランが併設されており、ここで作った何種類もの地ビールを美味しい料理とともに楽しむことができるんです。

陽が沈むと暑さも和らぎ、テラス席に灯りが灯り始めるといい感じの雰囲気に。

ビアガーデンのような雰囲気に、彼氏や彼女、友達と来たら会話が弾むこと間違いなし。

もちろんひとり旅でもOKで、私も1人でしたが開放感があるので1人飲みでも全然入りやすいです。

シンガポールの暑さを感じながら飲む、キンキンに冷えたビールが美味しいんですよね!

ビールはレストラン内にあるサーバーから好きなビールを自分で飲みたいだけ注ぐセルフスタイル。

セルフスタイルなので、自分の飲みたい量だけ注げるのがいいところ。これなら色々な種類のビールをちょっとずつ飲むこともできますよね。

IPA、ペールエール、スタウト、サイダー(シードル)など豊富な種類のビールがあるので、自分の好みに合ったビールがきっと見つかるはず!

店内の紹介

リトルアイランドブルワリーは、チャンギ国際空港の北側にあるチャンギビーチの隣にあります。

こちらがレストランの受付。

席は店内席とテラス席があって、好きな席に座れます。店内も特に冷房は効いてませんが、昼間なら直射日光は避けられます。

陽が沈んだらテラス席がおすすめ!

いい感じの音楽に気分も盛り上がって、ビールが進みますね!

豊富な種類のビールが選び放題

ブルワリーだけあって、ビールの種類は豊富な品揃え。

店内の奥はビール醸造所となっていて、作りたてのビールが楽しめます。

これだけたくさん種類があると、どれを飲もうか悩んじゃいますね。

でも大丈夫!中にいるスタッフに好みを伝えると、おすすめを選んでくれたり、試飲もさせてくれるので、自分にあったビールが選べますよ。

スタッフもとてもフレンドリーなので、初めてでも安心!自分で注ぐのが苦手な人は、お願いしたらやってくれます。

ビールの種類は上に書いてあるので、名前を見れば大体の味のイメージが掴めますね。

ドリンクのほとんどはビールですが、ワインやカクテル、ノンアルコールドリンクもあるので、ビールが苦手な人でも楽しめます。

ビールを注文するときは、まず受付でビール用のICカードを手に入れます。

このカードにお金をチャージして、好きなビールを注いでいくというスタイルです。

ミニマムチャージは10ドルで、残高が無くなったら受付で何度でもチャージが可能。

10ドルとかすぐに無くなるので、20ドルくらいチャージしておくと楽ですね。

カードにお金をチャージしたら、好きなビールを選びます。

100ml○○ドルというように料金が決まっており、ビールによって料金は違います。

REDエールなら100mlで2.8ドルですね。

ここで、チャージしたカードの出番。

サーバーの下にあるここにカードをタッチ。

そうすると左下にカード残高が表示されるので、確認してタップ。

あとはサーバーから好きなだけビールを注ぐだけ。

カード残高と注いだビールの量は左に表示されるので、確認しながら注げます。

セルフのガソリンスタンドみたいな感じですね。

今回は、

  • レッドエール
  • アップルサイダー
  • ドライアイリッシュスタウト

の3種類を飲んでみました。

料金は大体グラス1杯8ドルくらい。シンガポールのレストランでお酒を飲むと結構高いですが、オリジナルの地ビールが飲めてこの値段は安いですね。

レッドエールはエールらしい香りと苦味。

ザ・ビールというようなガツンとくる美味しさでした。私みたいに泡だらけになりたくない人は、スタッフにお願いするのがベスト。

アップルサイダーは程よい酸味と甘さが特徴的なビール。

ビール独特の苦味がないので、女性にもGood!

ドライアイリッシュスタウトは、スタウトならではの甘みと濃厚な香りのビール。

これはスタッフに注いでもらったんですが、泡の比率がさすがプロ。

ビールが進む美味しい料理

ビールと一緒に欲しいのが料理。美味しい料理があると、ビールも進みますよね。

料理もこちらの受付で注文します。料理はその場でお会計。クレジットカードも使えます。

支払いを済ませると、ブーブー鳴る機械(フードコートとかでよくあるやつ)を渡されるので、席で待ちます。

ブーブー鳴ったら、レストランの奥にあるこちらのカウンターに料理を受け取りにいきます。

カウンターの左には、ソースや紙ナプキン、ナイフ、フォークなどがあるので、忘れないように。

今回頼んだのは、ビーフブリスケット。

これで大体20ドルちょっと(約1600円)ですね。

柔らかホロホロ肉がビールによく合いますね。

ブリスケット以外にも、ハンバーガー、厚切りベーコン、ソーセージ、ステーキ、ピザなど色々とありますよ。

場所・営業時間

場所

リトルアイランドブルワリーはチャンギビレッジのすぐ近く。

バスで行く場合、MRTエキスポ駅からチャンギビレッジ行き2番系統のバスに乗り、終点のチャンギビレッジバス停で降りて目の前です。

営業時間

営業時間

  • 月~木 12:00~23:00
  • 金 12:00~0:00
  • 土 11:00~0:00
  • 日 11:00~23:00

おわりに

美味しい料理を食べながらオリジナルビールを飲んでいたら、あっという間に日が暮れてしまいました。

カップルでもグループでもひとりでも。ビール好きなら誰でも楽しめるので、ぜひどうぞ!