士林夜市の辛發亭は台湾風ふんわりかき氷の創始店!おすすめの味は?

士林夜市といえば台湾で最も有名な夜市ですが、夜市でお腹いっぱい食べた後、最後に食べたくなるのはスイーツですよね。

台湾スイーツの王道は、やっぱりかき氷

台湾のふわふわかき氷、最近では日本でも大人気ですよね。

日本でも知名度の上がってきた台湾風ふわふわかき氷ですが、実は士林夜市にふわふわかき氷発祥のお店があるんです。

そのお店が『辛發亭』です。

この記事ではふわふわかき氷発祥の辛發亭について、ローカルに人気のかき氷や、料金、場所や行き方などを写真付きで紹介したいと思います。

士林夜市の辛發亭は台湾風ふんわりかき氷の創始店

台湾かき氷の超有名店・アイスモンスターが表参道に進出するなど、日本でもメジャーになってきた台湾かき氷。

その独特のふんわりとした食感と美味しさは一度食べたら病みつきで、日本のファンも多いんではないでしょうか?

今でこそメジャーなふんわりかき氷ですが、実はこのふんわり食感のかき氷を最初に作ったのが士林夜市にある辛發亭なんです。

辛發亭は50年近く続く老舗のかき氷屋さんで、お店の入り口の看板には雪片冰創始店の文字が。

美味しさの秘密・ふんわり食感の正体

台湾風かき氷の美味しさは何といってもふわふわな食感。

普通のシャリシャリとしたかき氷もいいですが、まるで雪を食べているかのようなふんわりとしたその食感は、一度食べたら忘れられません。

辛發亭が開発したこのふんわり食感の正体は『雪片冰』といって、牛乳で作ったミルク氷を使うことで生み出されています

お皿に乗った雪片冰はまるでお花のようですよね。

老舗辛發亭は店内もどこかノスタルジックで懐かしい雰囲気

辛發亭のテーブルに着くとまず目に飛び込んでくる、このルーレット式のおみくじ機

めちゃめちゃ懐かしくないですか?

えっ?知らない?

このルーレット式おみくじ機を知っているあなたはおじさん(おばちゃん)確定です。笑

私は昭和の終わり生まれなんですが、私が小学生くらいの頃は、ラーメン屋とか、喫茶店とか、どこにでもあったんですよね

家族でラーメン屋とか行って、ラーメン待っている間によくやらせてもらいましたよ。

使い方は、自分の星座のところの穴にお金を入れてレバーを引くと、上のルーレットが回り、おみくじが出てきます。

今でこそ全く見なくなってしまったこの卓上おみくじ機ですが、台湾でまさか見られるとは・・・。

昭和生まれだからこそわかる、リアルな昭和の雰囲気を感じられる店内は、懐かしさ満点です。

辛發亭でローカルに人気のかき氷は?

辛發亭にはたくさんのメニューがあります。

私が何度か通って目にしたところ、日本人の観光客は新鮮芒果雪片(マンゴーかき氷)を頼んでいる方が多かったんですが、地元台湾のカップルとかは新鮮芒果雪片でなく、他のかき氷を頼んでいることが多かったんですよね。

中でもローカルに人気があったのが珈琲雪片(コーヒーかき氷)でした

ということで、今回は定番の新鮮芒果雪片でなく、ローカルに人気の珈琲雪片を食べてみることにしました。

見た目がまず特徴的ですよね。

薄くスライスされた茶色い氷がふんわりと積み上げられ、まるでカーテンや花みたいです。

花のような氷の上には練乳とチョコチップがかけられていますね。

それでは珈琲雪片を食べてみましょう。

食べてみてまず驚くのは口に入れたときのふわふわ加減。食感が病みつきです。

味も甘すぎずしつこくないので全く飽きません。

甘すぎないんですが、上にかかっている練乳と一緒に食べると、今度は甘いカフェオレのような味わいになり美味しいです。

そしてふんわりな食感にアクセントを加えるのがチョコチップ

ふんわりの中にチョコチップの甘さと、噛んだ時の食感が快感でスプーンが進みます!

見た目は結構ボリュームありそうに見えて、全部食べられるかなと不安になるんですが、ふんわり柔らかいから全然いけます。

この雪のようなふんわり食感は、時間が命

グループでお店に来た時にありがちなのは、先にかき氷が来た人は、みんなのかき氷が来るまで食べないで待ってるという暗黙のルール。

でもここではそんなにの気にしない!先に来た人から食べましょう!

このふんわり感は時間とともに失われていくので、溶けないうちに食べるのがおいしいです

かき氷が来たら、写真もほどほどに、ガンガン食べて食感を楽しみましょう。

辛發亭のメニューと料金

辛發亭メニュー

辛發亭のメニューはこちら。

2019年11月現在のメニューですが、2018年から料金はほとんど変わらず。

唯一値上げしたのは、布丁雪片が5ドル(約20円)値上げしたくらい。

日本は増税や便乗値上げと、値上げばかりで嫌になってしまいますが、台湾は良心的ですね。

メニューはこのように、ローカルに人気の珈琲雪片以外にも色々あるので、好みのものを食べてみてください。

メニュー左列の雪片冰が台湾風ふんわりかき氷刀削氷が普通のかき氷です。

珈琲雪片は80元(約320円)新鮮芒果雪片は120元(約480円)です。

珈琲雪片と似ているピーナッツ味の雪片は激甘なので、甘党の人はぜひお試しを。

珈琲雪片と間違えないように注意してくださいね。

京都などで食べることのできるガチ抹茶系のかき氷は結構苦めですが、辛發亭の抹茶紅豆雪片はミルク氷で作っているので、優しい甘さで美味しいです。

ガチ抹茶は駄目だけど、スタバの抹茶クリームフラペチーノとか好きな人にはおすすめです。

辛發亭の場所と行き方

辛發亭の場所

辛發亭の行き方

辛發亭は初めてだとちょっとわかりにくい場所にあるので、写真付きで説明します。

MRT淡水信義線・剣潭駅方面から、士林夜市のメインストリートである大東路を歩いていくと、左手にアディダスが見えるので、そこで右に曲がり、安平街という路地に入りましょう。

安平街はファッション系のお店が並んでいるので辛發亭があるか不安になりますが、少し歩くと右手に辛發亭が見えてきます。

おわりに

辛發亭で生まれたふんわりかき氷、いかがでしたか?

みんなで行って色々な味をシェアして食べるのもいいですよね。

士林夜市で食べ歩いた最後の締めに、辛發亭のふんわりかき氷食べてみてください。