台北は無料Wi-Fiだけでも何とかなる!Wi-Fi環境とiTaiwanの使い方を紹介

台湾と言ったら親日の国で有名ですね。

台湾は日本からも近く、最近では『千と千尋の神隠し』のモデルになったとも言われている九份が有名になったこともあって、台北旅行は特に人気です。

旅行に行くときに、一番気にするのが現地でのネット環境。

モバイルWi-Fiを日本から借りて持っていこうか悩んでるけど、『フリーWi-Fiが使えるなら、できればモバイルWi-Fiを借りたくないなぁ』って人もいるんではないでしょうか。

何とかなるなら、わざわざモバイルWi-Fiを借りるのももったいないですもんね。

そこで今回は台北の無料Wi-Fi環境とともに、実際の使い方なんかも紹介していきます。

台北や九份の観光くらいなら無料Wi-Fiだけでも何とかなる

結論から言ってしまうと、ちょっとの不便さを我慢できるのであれば、無料Wi-Fiでも何とかなっちゃいます。

特に台北市内観光や、九份など、有名どころを2~3日で回るくらいの観光であれば、無料Wi-Fiだけでも十分回ることが可能です。

台北市内観光なら移動の多くはMRT(台湾の地下鉄)になるんではないでしょうか。

MRTは、ほぼすべての駅で無料Wi-Fiが使えます。

そのため目的地の駅でお店や観光地までの行き方を調べ、観光が終わってまた駅に着いたら次の観光スポットの情報を無料Wi-Fiで調べ・・・、みたいな使い方ができるんです。

九份や夜市などの観光スポットでも、無料Wi-Fiスポットが整備されているので、ネット難民になる心配がありません。

日本の無料Wi-Fiは不便だけど、台北なら便利で簡単

みなさんも一度は日本で無料Wi-Fiを使ったことがあると思いますが、すごい不便ですよね。

日本で無料Wi-Fiを使うときにネックになるのは、

  1. 無料Wi-Fiが使える場所が少ない
  2. Wi-Fiスポットごとに、いちいち登録しなきゃいけないから面倒くさい

大きく分けて、この2点ではないでしょうか?

①日本だと無料Wi-Fiを使える場所が少ない

そうなんです。日本は無料Wi-Fiを使えるところって非常に少ないですよね。

JRの駅でも使える駅は非常に少ないですし、観光地でも無料Wi-Fiが整備されているところなんてほとんどないですよね。

無料Wi-Fiが使える場所で有名なのはスタバくらいじゃないでしょうか。

公共の場所で使える場所というのは、あまりないと思います。

②Wi-Fiスポットごとに、いちいち登録しなきゃいけないから面倒くさい

日本のWi-Fiスポットで一番面倒くさいと思うのがこれです。

『フリーWi-Fiが使えますよ』っていう場所をたまたま見つけていざ使おうとしても、いちいち登録しないといけないのが多いですよね。

無料Wi-Fiスポットをバラバラに整備しているので、利用者目線とはいえません。

台湾の無料Wi-Fiは利用者目線

台北の無料Wi-Fi環境はとても進んでいます。

まず使える場所が非常に多いので、Wi-Fiスポット探しのためにさまようことがほとんどありません。

駅や空港、ホテルなど、主要な場所では大体無料Wi-Fiを使うことができるので、非常に便利です。

しかも台北で整備されているTipei FreeiTaiwanなどの無料Wi-Fiスポットは、一度登録すればどちらのスポットも同じパスワードで使えるので、スポットごとにいちいち登録する手間がかからないので、とても使いやすいです。

台北の無料Wi-Fi事情

では台北で無料Wi-Fiが使える主な場所を紹介します。

台北で無料Wi-Fiが使える場所
  • MRTの駅や車内
  • 夜市(士林夜市、饒河街夜市など)
  • 九份
  • 空港内や、空港と市内を結ぶバスや電車の車内
  • ホテル

台北の無料Wi-Fiサービスには『Taipei Free』と、『iTaiwan』があります。

台湾の無料Wi-FiスポットであるTaipei FreeとiTaiwanはどちらも台北市内に多く整備され、ほぼすべてのMRTの駅一部のMRTの車内でも使える台北最強のWi-Fiスポットです。

台北市内に4000か所以上も整備されているので、公共施設がある場所では大体使えます。

主要な夜市や、九份などの観光スポットでも使えるのでとても助かりますね。

台北では、ほぼ全てのホテル(一泊1000円くらいのホステル含む)で無料Wi-Fiが整備されていますし、空港内や空港へ向かうバスやMRTの車内でも無料Wi-Fiが使えるので、台北の無料Wi-Fi環境はかなり整っています。

空港で登録するだけ!台北や九分の無料Wi-Fiスポットで利用可能に

台北観光でほぼお世話になるWi-FiスポットがTaipei FreeiTaiwanです。

Wi-Fiスポットとしては別ですが、どちらかに1度登録すると、同じIDとパスワードで利用できるので非常に便利です。

この無料Wi-Fiを使うのはIDとパスワードが必要なので、空港に着いたらサービスカウンターで登録してもらいましょう。

パスポートを見せるだけなので、とても簡単で一瞬でできます。

空港のサービスカウンターでiTaiwanの登録をしよう

まず空港に着いたらサービスカウンターを探しましょう。

桃園松山どちらの空港にも到着ロビーの場所にあります。

旅客服務中心と書いてあるカウンターで手続きを行うことができます。

カウンターに来たらパスポートを渡し、『iTaiwan(アイタイワン)』と一言言えば通じます。

パスポートを登録してもらったら、スマホの設定をします。

海外なのでスマホはあらかじめモバイルデータ通信をオフにするか、機内モードをオンにしておきましょう。

そしたら設定を開き、Wi-FiオンにしてiTaiwanに繋ぎます。

Wi-Fiを受信したらSafariなどでネットを開くと設定画面が開くので、上からパスポート番号生年月日(西暦)を入力、iTaiwanを選択し、登入をタップしたら設定終了です。

上の写真の通りにやるだけなので、簡単ですね。

パスポート番号がID生年月日がパスワードになることだけ覚えておきましょう。

iTaiwanのIDとパスワードでTPE-Freeも使える

iTaiwanに登録することで、台北市内でメジャーなもうひとつの無料Wi-FiスポットであるTPE-Freeも使えるようになります。

TPE-Freeを初めて使うときは、このID(パスポート番号)とパスワード(生年月日)を入力してください。

IDを入力するとき、パスポートのアルファベッドと同様、IDのアルファベッドも大文字で入力する必要があるので、そこだけ注意しましょう。

無料Wi-Fiを使うなら、不便な点も知っておこう

無料Wi-Fiは無料なので非常に助かるんですが、その分不便な点はもちろんあります。

この点を十分に理解しておかないと、困ることもあるので目を通しておいてくださいね。

無料Wi-Fiの不便な点
  1. 電波があまりよくないことが多い
  2. 歩きながら使えない
  3. グループで来ているときは、待ち合わせなどで困る
  4. Wi-Fiがある場所でしか使えないので、情報収集力が大切

①電波があまりよくないことが多い

Wi-Fiを受信しても、ウェブページが中々開けなかったり、開けても遅かったりするのでどうしても調べるのに時間がかかってしまいます。

何度もつなぎなおしたり、接続するのをあきらめて、別の場所でつなぐこともありました。

まぁ無料ですからね、仕方ありません。

せっかちな人はイライラするかもしれませんね。

②歩きながら使えない

初めて行く場所や、観光の場合なんかは特にそうなんですが、移動中に調べることってよくあるじゃないですか?

次のお店までの道を調べたり、営業時間だったり。

Wi-Fiスポットだとその場から動いてしまうと受信できなくなってしまうので、その点も不便ですね。

③グループで来ているときは、待ち合わせなどで困る

グループで遊びに来ている時だと、友達と別行動して『何時に〇〇集合ね』ってありがちなシーンだと思うんですが、集合場所がわからなくなったり、集合時間に遅れそうなときに友達に連絡できなくなってしまうのも困るポイントです。

集合場所が無料Wi-Fiスポットでないと、お互い連絡できませんからね。

個人的には、グループで旅行に来て別行動の可能性がある場合は、現地のSIMカードを使うのが最も確実かつ安くておすすめです。

④Wi-Fiがある場所でしか使えないので、情報収集力が大切

無料Wi-Fiを頼りに行動する場合、最も大切なのは情報収集能力です。

電波のあるところで、いかに完璧に情報を集められるかにかかっていると思います。

例えばお店までの道のりや、移動手段など完璧に調べたと思っていざバスに乗った後、『降りるバス停どこだったっけ?』など後から調べたいことが出てきてしまっても、その場で調べることができないためです。

そうならないためにも、ネット環境がある場所で情報をしっかり集められないとなかなか厳しいですね。

どこでも使いたいならSIMカード一択

無料Wi-Fiはお金がかからないことが最大の利点ですが、やはり不便っちゃ不便です。

無料ですからね。

なぜ無料Wi-Fiを使うかというと、お金を節約したいからではないでしょうか?

ちょっとだけお金がかかってもいいなら、私のおすすめは断然現地のSIMカードの購入です。

海外でのネットの接続方法としては

  1. 無料Wi-Fi
  2. 日本でWi-Fiルーターをレンタル
  3. 現地でSIMカードの購入

が一般的です。

無料Wi-Fiはさすがに不便だとしたら、残りは日本でWi-Fiルーターを借りるか、現地のSIMカードを購入ですが、現地でSIMカードを購入するのが実際のところ一番便利です。

Wi-Fiルーターはちょっと不便

最近Wi-Fiルーターのレンタルが流行っていますね。

最近だと、イモトのWi-FiとかめっちゃCMやってますよね。

そのおかげで、値段的にはグループでうまく使えば、現地のSIMカードの購入と変わらないくらいまで値段が落ち着いてきました。

一時期は結構高かったんですけどね。

日本で事前に借りられるうえに、一台借りればみんなで使えるWi-Fiルーターは一見便利そうに見えますが、特にグループで使う場合は不便な点もあります。

例えば現地で別行動をするとき。

Wi-Fiルーターを持っている人しかネットを使えず、他のみんなはネットが使えなくなってしまいます。

そうすると集合場所がわからなくなった時や、時間に遅れそうなときに連絡できないので非常に困りますよね。

もう一つ不便なのが容量です。

安いプランだと1日あたりに使える量が500MBとか1GBとかですからね。

このようにWi-Fiルーターの場合、使用容量が決まっているので、何かちょっとしたことを調べたいと思っても、ルーターの容量を使ってしまうのを気にして、自由に使えないんですよね。

容量を使い切ってしまったら、グループのほかのメンバーに迷惑がかかるからです。

これってかなり気を使いますし、不便だと思いませんか?

SIMカードなら日本にいるのとまったく同じように使える

タイトルの通りです。

本当に日本とまったく同じように使えますよ。

正直めっちゃ便利です。

変わるのは電波のところのauの文字が、中華電信とかに変わるくらいです。笑

しかもWi-Fiルーターよりも安いんですよ?

さらに4Gなので爆速ですし、容量も無制限で使い放題です。

さらに現地の電話番号までもらえ、いくらかの無料通話までついてくるんです。

海外で電話番号?無料通話?いらないよ』って方も多いと思いますが、あると便利なこともあるんです。

例えば、今台北でとても便利なサービスのひとつにYou Bikeというレンタサイクルがあるんですが、それの登録とかに現地の電話番号が必要だったりします。

他にも、渋滞にはまって飛行機に遅れそうになり、今すぐ航空会社のカウンターに連絡したいときなど、いざというときにも電話番号があると安心です。

ということで現地のSIMカードは本当に日本にいるのと同じ感覚で、しかもお得に使えるので、ぜひ台北に行かれるときは選択肢の一つに入れてみてください。

台北でSIMカードを使う方法はこちらの記事で詳しく解説しています。↓

台北観光にはSIMカードが便利!設定もお任せだから初心者でも簡単

まとめ

台北の無料Wi-Fiスポットは台北市内にたくさんあるので上手に使えばお得に旅行ができます。

Wi-Fiルーターを使う場合でも、無料Wi-Fiスポットではそちらを使うようにすれば、Wi-Fiルーターのデータも節約することができますね。

無料Wi-Fiだけではちょっと不安な方は、Wi-FiルーターやSIMカードを購入する選択肢もあるので、あわせて検討してみてください。

初めて台湾を旅行するなら、定番の士林夜市や饒河街観光夜市はおすすめ。

台湾で人気の士林夜市に行こう!フルーツ屋さんはぼったくり注意だぞ

2018年11月28日

饒河街観光夜市を歩こう!初めての人が絶対食べたい名物グルメやおすすめは?

2018年12月26日

台湾旅行といったら、やっぱり夜市での食べ歩き外せません。

出店みたいなので、お祭り気分で楽しいんですよね。

寒い冬のシーズンなら、日本と同じように裸で温泉に入れる露天風呂もおすすめ。

温泉好き必見!台湾の隠れた名湯・行義路温泉の露天風呂が超おすすめ!

2018年11月27日

川の流れる音を聴きながらの白い濁り湯を、ぜひ一度体験してみてください。

温泉で温まったら、アイスモンスターや辛發亭で定番のふわふわかき氷を食べたいですね。

【2019年版】台北アイスモンスターは台湾で絶対食べたいかき氷!値段やメニューは?

2018年12月20日

士林夜市の辛發亭は台湾風ふんわりかき氷の創始店!おすすめの味は?

2018年11月30日

最近ではタピるのが流行ってますが、台湾スイーツといったら、王道はやっぱり台湾かき氷。

時間に余裕があるなら、定番の九份や十分まで足を運んでみましょう。

台湾の九份で千と千尋の世界観を感じながらノスタルジックな街を歩こう!

2019年1月12日

平渓線で十分に行こう!超すれすれを通る列車や滝・ランタンに感動!

2019年1月7日

これぞ台湾というノスタルジックな景色は、一度見たら忘れられない思い出になりますよ。

台湾旅行であると快適なのが、プライオリティパス

プライオリティパスは、年会費10,000円の『楽天プレミアムカード』が1枚あるだけで、

台湾・桃園国際空港にある空港ラウンジが無料で利用できるという凄いカード。

桃園国際空港でプライオリティパスが使える全ラウンジまとめ!おすすめはどこ?

桃園国際空港でプライオリティパスが使える全ラウンジまとめ!おすすめはどこ?

2019年1月24日

ラウンジ内のシャワーや食事・お酒が全て無料で食べ飲み放題と夢のようなカードで、海外旅行には絶対に欠かせません。

プライオリティパスは台湾だけでなく、全世界の1,200カ所以上のラウンジが無料で利用でき、日本だと関空や成田の大韓航空KALラウンジなどが無料で使えます。

関西空港【大韓航空KALラウンジ】レビュー。プライオリティパスなら国内線でも

関西空港【大韓航空KALラウンジ】レビュー。プライオリティパスなら国内線でも

2019年11月28日

しかも入会すると10,000ポイント付くので、実質無料ですからね。

台湾旅行前には楽天プレミアムカードを、ぜひ作っておきましょう。

この記事をシェア⬇︎