台北観光にはSIMカードが便利!設定もお任せだから初心者でも簡単

台北でネットにつなぐ時、みなさんはどのようにつなぎますか?

私の周りでは日本でモバイルルーターを借りて、それを現地で使う人が多いです。

最近ではイモトのWi-Fiなんかが、よくCMでやってますよね。

台北でネットを使う方法には、台北のSIMカードを購入して使う方法もあります。

SIMカードの購入なんてやったことないし、設定なんかも難しいんじゃなの?』といった疑問や、私がSIMカードが便利だと感じた点実際の購入方法などを解説します。

台北でスマホを使うならSIMカードが便利でお得

台北でのネット接続は、SIMカードを購入して使うのが最も便利でお得です。

SIMカードの購入がなぜ最も便利でお得なのかというのを、最初に説明したいと思います。

台北での主なネットの接続手段

まずSIMカードを購入する以外の接続方法と比較してみましょう。

台北でのネット接続方法としてメジャーなのは、

台湾での主なネット接続手段

  • 台北のフリーWi-Fiを使う
  • 日本でWi-Fiルーターを借りる
  • 台北でSIMカードを購入して使う

の3つです。

これらの特徴を見てみましょう。

台北のフリーWi-Fiを使う

フリーWi-Fiはお金がかかりませんが、Wi-Fiのスポットでしか使えないので、自分の使いたいタイミングで使えなかったり、接続も悪かったりと中々不便です。

観光の場合は、ホテルや観光地の場所や行き方など、いろいろスマホで調べますよね?

頑張ればフリーWi-Fiだけでもなんとかなりますが、やはりどこでもスマホを使うためには、Wi-Fiルーターを借りるか、SIMカードを購入して使うのが現実的です。

日本でWi-Fiルーターを借りる

一番メジャーな方法ですね。

Wi-Fiルーターの便利な点は、一台借りれば複数の人数でも使えるところです。

料金も複数人で使う場合は、みんなで割れば一人あたりはSIMカードを購入するのと同じくらいか、少し安く抑えることもできます。

例えば海外Wi-Fiレンタル大手のグローバルWiFiでは、台湾5日間で1日600MBの4G-LTEプランの場合、1350円でレンタルすることができます。これにルーターの保証パックに入ると1日あたり500円なので5日間だと2500円、レンタル料金と合わせて3850円かかります。

1人で使うならとても高いですが、3~4人で使うなら、保証パックに入らなければ割安、保証パックに入るならちょっと高いかなといった印象です。

Wi-Fiルーターの不便な点は、

ポケットWi-fiの残念なところ

  • 1日に使える容量が決まっているので、容量を気にしながら使わないといけない
  • ルーターの充電をしなければならない
  • グループの場合、ルーターを持っている人と常に行動しなければネットを使えない

などです。

容量を気にしながらネットを使うのは気を使いますが、グループ利用の場合は使いすぎてしまうとみんなに迷惑が掛かってしまうので、なおのこと気を使うんではないでしょうか。

Wi-Fiルーターは充電が切れてしまうと使えなくなりますので、充電状態も気にしなくてはなりません。

スマホ以外にルーターの充電もしなくてはいけないというのは、ちょっと面倒です。

充電するのを忘れるリスクもありますよね。

あとルーターを別に持ち歩くのもちょっと面倒くさいですし、かといってホテルに忘れてしまうと使えなくなってしまいます。

1台のWi-Fiルーターでグループ利用ができるのは便利な点でもあるんですが、ルーターを持っている人と常に行動を共にしなければネットが使えなくなってしまうのも不便な点ですね。

買い物などは集合時間を決めて別行動したいときもあると思いますが、そういったときに連絡が取れなくなってしまいます。

台北でSIMカードを購入して使うメリット

フリーWi-FiやWi-Fiルーターには不便な点がありましたが、これらの不便な点をすべて解決できるのが、SIMカードの購入です。

SIMカードのメリット

  1. 容量無制限なので使い放題
  2. コストが安い
  3. 場所を選ばずどこでも使える
  4. 電話番号がもらえる上に、無料通話もある
  5. スマホ以外に充電の必要なし
  6. 事前の手続きや返却いらずで、面倒な設定もやってもらえる

①容量無制限なので使い放題

SIMカードはWi-Fiルーターレンタルと違って、容量制限がありません。

つまり、『いくらでも使い放題』です。

Youtubeなどの動画も見放題ですし、大容量のデータも自由にアップロードできたりと、容量を気にしながら使う必要がないので、ストレスフリーです。

しかも4G-LTE回線なので、爆速サクサクで非常に快適です。

②コストが安い

私も利用した台湾大手の中華電信の場合、5日間で300台湾ドルなので、1台湾ドル=3.7円(2018年11月時点)で計算した場合、5日間で1110円です。1日あたり222円ですね。

使い放題でこの値段なら、かなり激安ではないでしょうか?

③場所を選ばずどこでも使える

日本と同じように基地局のある場所ではどこでも使えます。

そのため移動中にも使えますし、Googleマップなどの地図アプリを使ってナビりながら目的地を目指したりするのにも便利ですね。

台北市内は問題なくどこでも快適に使用することができました。

十份に行く途中の山の奥地では一部使えない場所もありましたが、これはレンタルWi-Fiでも同じですね。

④電話番号がもらえる上に、無料通話もある

SIMカードを購入して使うと、台北での電話番号がもらえ、しかも無料通話も少しついてきます。

データ通信が使えればLINEやFace Timeなどで電話ができるので電話番号による電話はいらないと思うかもしれませんが、メリットもあります。

台湾旅行で使いたい便利なサービスのひとつにYouBikeというレンタサイクルがありますが、使用するのには台湾版ICカードである悠遊カード(EASY CARD)を使うのが便利です。

YouBikeで悠遊カードを使えるようにするためには、台北の電話番号が必ず必要です。

台湾のレンタサイクルYouBikeは観光に便利!使い方から便利なアプリまで

台湾のレンタサイクルYouBikeは観光に便利!使い方から便利なアプリまで

2018年11月11日

この他にも、ホテルに忘れ物をしてしまったときに電話番号があれば連絡をもらえますし、

飛行機に遅れそうなときや、クレジットカードを紛失したなど、トラブルの時にも電話をすることができます。

電話番号はなくても何とかなるかもしれませんが、やはりあると心強いです。

⑤スマホ以外に充電の必要なし

Wi-Fiルーターは充電が必要なので、夜にうっかり充電を忘れてしまったり、ルーター自体をホテルに忘れてしまったらネットを使うことができなくなってしまいます。

この点SIMカードであれば、いつもと同じようにスマホだけで使えるので、とても楽なんです。

普段モバイルルーターを持ち歩かない人にとっては、ルーターを充電したり持ち歩くのって面倒くさいんですよね。

⑥事前の手続きや返却いらず

レンタルルーターだと早めに申し込んでおかないと早割などの割引が使えないので、意外とこれが面倒くさかったりします。

空港でレンタルするときはいいんですが、疲れて日本に帰ってきた後、空港で返却を忘れてしまうと大変です。

SIMカードは返却がいらないので、日本に帰るときも返却のことを考えずに済むので気が楽です。

SIMカードの購入は簡単!初期設定はお店の人にお任せ

SIMカードを現地で購入したことがない人だと、SIMカードはハードルが高いと思っていませんか?

全然そんなことはなくて、とても簡単です。

SIMカードを購入するにあたって気になるのは、購入方法や初期設定ですよね。

台北の空港で購入すれば、その場でスマホの設定をお店の人がやってくれるので、すぐに使えます。

使えるようにして渡してくれるので、初めてでも安心ですよ。

それでは実際の購入方法を説明します。

SIMカードは空港で購入しよう【桃園国際空港のSIMカード売り場マップ】

SIMカードは台北市内ならコンビニや携帯ショップなどいろいろな場所で購入することができますが、台北の空港での購入が一番確実です。

何故かというと、空港という場所柄、慣れていない旅行者が購入するので、面倒な設定までやってくれるからです。

台湾で初めてSIMカード使う場合は、空港で購入するのが一番安心なので、必ず空港で購入しましょう。

飛行機を降りたら到着ロビーまでの間にいろいろな場所にSIMカードのお店があるので、空いている場所で購入しましょう。

台北・桃園国際空港の各ターミナルでSIMカードが売っているお店の場所をお伝えします。

桃園国際空港SIMカード売り場【第1ターミナル到着ロビー(LCC・キャセイ)】

桃園空港第1ターミナルは、LCCやキャセイパシフィック利用時に到着することになるターミナル。

第1ターミナル航空会社

  • LCC
  • キャセイパシフィック航空

バゲッジクレームで預け入れ手荷物を受け取ったら、到着ロビーに出て右側へ進むと、SIMカードショップがあります。

こちらが第1ターミナルにあるSIMカード売り場。

SIMカード売り場は電信服務と書いてあるので、この看板を目印にしてください。

桃園国際空港SIMカード売り場【第2ターミナル到着ロビー(JAL・ANA)】

桃園空港第2ターミナルは、JALやANAなどを利用時に到着することになるターミナル。

第2ターミナル航空会社

  • JAL
  • ANA

バゲッジクレームで預け入れ手荷物を受け取ったら、到着ロビー(アライバルホール)に出て左側へ進むと、SIMカードショップがあります。

第2ターミナルにあるSIMカードショップも複数のお店が並んでいます。

中華電信遠傳電信台湾大哥大といった、台湾ではメジャーなお店なので安心です。

SIMカードの購入方法(キャリア・料金プラン)

電信服務』と書いてあるのが、SIMカードのお店です。

台湾では中華電信遠傳電信台湾大哥大といったキャリアが大手。

気になる通信速度と料金はどこも同じなので、空いているお店を選びましょう。悩む必要はありません。

私は中華電信と台湾大哥大を使いましたが、通信速度もほぼ同じでどちらも爆速です。

次は料金プランについて。

ぱっと見たくさんあるように見えますが、言語別に書いてあるだけで、実際はAからHの8種類です。

SIMカードの料金プラン

  1. A:3日間  100ドル通話付き 300ドル
  2. B:5日間  50ドル通話付き 300ドル
  3. C:5日間  300ドル通話付き 500ドル
  4. D:7日間  150ドル通話付き 500ドル
  5. E:10日間 100ドル通話付き 500ドル
  6. F:15日間 100ドル通話付き 700ドル
  7. G:15日間 250ドル通話付き 800ドル
  8. H:30日間 430ドル通話付き 1000ドル

非常にシンプルでわかりやすいですね。

全てのプランはデータ通信無制限です。データ通信使い放題です。

さらに、どのプランもいくらかの音声通話がついているので、電話も使えますよ。

プランは自分の滞在日数で選べば問題ないです。

5日プランは2つありますが、音声通話を使うことはほとんどないと思うので、安いほうで大丈夫です。

お店の人にプランを伝えたら、

  • パスポート
  • 台湾ドルかクレジットカード
  • SIMフリーのスマホ

を渡しましょう。

購入する前に、スマホからケース(カバー)を外しておくとスムーズです。(SIMカードをスマホから取り外すため

スマホにパスコードロックをかけている人は、SIMカード設定時にパスコードの解除を求められることがあるので、その時は暗証番号を入力して解除してあげてください。

清算と設定が終わったら、必ずその場でネットが使えるか確認しておきましょう。

うまく設定できていれば、スマホの左上にキャリアの表示がされていると思います。

中華電信、なんだか新鮮ですね。

中華電信のSIMカードの台紙に元のSIMカードが貼ってあるので、絶対に無くさないようにしてくださいね。

絶対にですよ。

この台紙には台北で使える自分の電話番号も書いてあります。

これが台北で使える自分の電話番号です。

手続き自体、料金プランを選んで設定をしてもらうだけなので、3分もあれば終わります。

とても簡単でしたね。

現地SIMカードを使うときの注意点

現地のSIMカードを使う場合の注意点
  • 必ずSIMフリーの端末を用意
  • 自分のSIMカードをなくさない
  • iPhoneの場合は専門のピンを持っていく

台湾でSIMカードを使う上での注意点が3つあります。

台湾でSIMカードを利用する場合、この3点だけは押さえておきましょう。

必ずSIMフリーの端末を用意

SIMフリーの端末でないと、現地のSIMカードは使えません。

初めからSIMフリーの端末を購入していれば問題ありませんが、大手キャリアで購入するとSIMロックがかかっています。

SIMロックはキャリアのお店やホームページで解除してもらえるので、台湾に来る前には必ず解除しておいてくださいね。

自分のSIMカードをなくさない

旅行中に自分のSIMカードを絶対に無くさないようにしましょう。

SIMカードは非常に小さいので、現地SIMカードの台紙などに貼っておくとわかりやすいです。

さらにチャックのついているケースなどに入れておくと安心です。

iPhoneの場合は専門のピンを持っていく

iPhoneの場合、SIMカードの交換には専用のピンが必要です。

旅行が終わったら、台湾のSIMから自分のSIMカードに再度交換しますが、このときにピンがないと自分のSIMカードに戻すことができません。

日本に帰ってから電波難民になってしまうので気を付けましょう。

専用のピンじゃなくても安全ピンなどで代用できるので、安全ピンか専用のピンをひとつ持っておきましょう。

安全ピンは機内持ち込みも許可されているので心配ありません。

おわりに

現地のSIMカードは一度でも使うと非常に快適です。

せっかく台湾を観光するなら、快適なネット環境でおいしそうな料理や観光スポットをしっかり調べたいですよね。

注意点さえ押さえておけば、SIMカードの利用は間違いなく快適なので、ぜひ一度使ってみてください。

もし台北のチケットがまだなら、航空券はスカイスキャナーが安いです。

試しに検索してみるとわかりますが、ギリギリでも最安値で取れるので、私はいつもこれで予約をしています。

『明日休みだけど行こうかな?』

と思った時に、ふらっと行けちゃいます。