大園101景観レストランは桃園国際空港05L着陸機を一望できる穴場カフェ

台北・桃園国際空港に数ある飛行機撮影スポットの中でも、桃園空港内を俯瞰で見渡せるスポットというのはほとんどありません。

しかし今回紹介する大園101景観レストラン(大園101景観餐庁)は、ビルの上から桃園国際空港を俯瞰で見渡すことができる絶景の穴場レストラン。

滑走路と着陸機を一望できるナイスビューなスポットなんです。

今回は、飛行機撮影にもデートにもおすすめの大園101景観レストランを紹介します。

大園101景観レストランは桃園の滑走路ビュースポット

滑走路を一望できる大園101景観レストランを紹介

大園101景観レストランは、桃園国際空港の南西方面にあるビルの最上階、ランウェイ05Lアプローチコースが見渡せる場所にあります。

このレストランの屋上テラス席は、ランウェイ05Lを中心に空港内が俯瞰で見える貴重なビュースポット。

飛行機ファンにはたまりません。

大園101景観レストランがあるのは、こちらのビルの最上階。

外観からだと、滑走路が一望できるレストランがあるなんてわからないですね。

レストランがあるようなビルには見えませんが、よくみると入り口横に大園101景観餐庁の看板があります。

ビルの中に入ってすぐに左へ進むとエレベーターがあります。

エレベーターのドアが大園101景観餐庁仕様になっているので、わかりやすいですね。

エレベーターのドアにも表示されていたように、大園101景観餐庁があるのは最上階の8階。

8階に到着しエレベーターを降りると、目の前に大園101景観レストランがあります。

こちらが大園101景観レストランの店内。

まずはカウンターでオーダーします。飲み物のみでももちろんOK。

コーヒーは150元で、料金は先払いです。

屋内とテラス席がありますが、このフロアのテラス席からはあまりよく見えません。

飛行機を見るなら、ビルの屋上にあるテラス席へ。

エレベーターの横にあるこちらの階段から、屋上テラスへ向かいます。

こちらが屋上テラス。

ビルの屋上に簡素なテーブルが置いてあるだけといった感じで、オシャレ感はあまりないですね。

しかし眺めは抜群で、桃園国際空港の滑走路05Lがばっちり見えます。

高台から滑走路を見下ろす感じは、那覇空港の近くにある瀬長島の展望台から見る景色にそっくり。

那覇空港飛行機撮影スポットガイド!瀬長島は色々な構図が撮れる絶好ポイント

那覇空港飛行機撮影スポットガイド!瀬長島は色々な構図が撮れる絶好ポイント

2019年1月3日

桃園国際空港では、基本的にランウェイ05Lは着陸メインで使用されるので、着陸機はどんどんやってきます。

アプローチコースの真下に近いため、飛行機は下から見上げるような構図。

ビルの屋上にあるため周囲に遮るものは全くなく、タッチダウンの瞬間までずっと見渡せます。

大園101景観レストランは地元カップルにも人気のお店で、屋上にはこんな写真映えしそうなスポットも。

殺風景な屋上テラスですが、夜になると一転、ライトアップされムーディーな雰囲気に。

飛行機を撮影せずとも、空港の夜景の中に次々と着陸していく飛行機を眺めているだけでも楽しめます。

大園101景観レストランの場所・アクセス方法

大園101景観レストランの最寄り駅は、桃園空港MRTの大園駅。

駅からは少し距離があるため、アクセスはレンタサイクルのU bikeを使うのが現実的です。

大園駅の目の前にはYouBikeステーションがあるので、借りやすいんですよね。

台湾のレンタサイクルYouBikeは観光に便利!使い方から便利なアプリまで

台湾のレンタサイクルYouBikeは観光に便利!使い方から便利なアプリまで

2018年11月11日

大園駅から大園101景観レストランまでは、YouBikeで約10分です。

大園101景観レストランから撮影できる飛行機写真

大園101景観レストランは滑走路05Lに着陸する飛行機を超至近距離から撮影することができます。

撮影できる写真は羽田に例えるなら、城南島海浜公園や浮島町公園のような感じ。

羽田空港撮影スポットガイド!城南島海浜公園を徹底解説

羽田空港撮影スポットガイド!城南島海浜公園を徹底解説

2018年9月16日

羽田空港撮影スポットガイド!浮島町公園を徹底解説

羽田空港撮影スポットガイド!浮島町公園を徹底解説

2018年10月16日

至近距離で下から見上げるような構図で撮影できます。

スポッティング写真を撮影するのには向かないですが、躍動感のある写真を撮影できます。

午後順光のスポットなので、開店から日没まで終始順光で撮影が可能。

ピーク時は次々に飛行機がやってくるので、テンポよく撮影できますね。

飛行機との距離が近いので、切り取って撮影するのも面白い感じです。

台北・松山空港ではよくみかけるFATのMD-82も。

目の前を通り過ぎると、飛行機はだんだんと目線の高さに降りてきます。

日が沈み始めてくると、空港の灯火が印象的になってきますね。

バルブ撮影で撮ると、こんな感じで降下の様子がよくわかります。

撮影お役立ち情報

大園101景観レストランから撮影する上で必要な情報をまとめました。

撮影お役立ち情報

  • 05L着陸
  • レストランなので、オーダーが必要(ドリンク1杯でもOK)
  • 営業時間14:00~1:00(土・日は12:00~1:00)
  • 午後順光
  • 必要レンズは50ミリ〜

この高さから撮影できる場所ってなかなか無いので、撮影してても楽しい場所ですね。

真横あたりなら飛行機との距離が近いので100ミリもあれば十分ですが、滑走路のタッチダウンを狙うなら800ミリくらいほしい距離感。

撮影したい写真によってレンズを使い分けましょう。

ここで注意したいのは、滑走路の運用。

05Lが着陸で使用している時でないと全く撮影を楽しめない場所なので、事前にフライトレーダー24や、エアバンドを使って運用をよく確認してください。

嵐ジェットやエアフォースワンまで!フライトレーダー24の使い方

2018年7月13日

【完全版】エアバンド初心者のための航空無線使い方ガイド!今日から聴ける

2019年4月8日

おわりに

夜になると夜景スポットとしても人気の大園101景観レストランは、撮影しなくても楽しめます。

滑走路がここまでよく見れる場所はあまりないので、この景色をぜひ楽しんでみてください。

◆桃園国際空港にある撮影スポットをまとめた記事はこちら⬇︎

桃園国際空港飛行機撮影スポットまとめ!撮影ポイント別完全ガイド

桃園国際空港飛行機撮影スポットまとめ!撮影ポイント別完全ガイド

2018年12月12日