地元スポッターに人気!スキポール空港ポルダーバーンスポッターズスポット

海外では、スポッターと呼ばれる飛行機のレジを記録したり、スポッティング写真を撮影することを趣味とした人達が多くいます。

アムステルダム・スキポール空港にある『ポルダーバーンスポッターズスポット』は、そんな地元スポッターに大人気。

今回は、スキポールで最も有名な撮影スポットである、ポルダーバーンスポッターズスポットをご紹介します。

ポルダーバーンスポッターズスポットは地元ファンに大人気

ポルダーバーンスポッターズスポットを紹介

ポルダーバーンスポッターズスポットは、その名前のとおり、飛行機のスポッターのためにあるような場所。

スキポール空港において、スポッターズスポットと呼ばれる場所はいくつかあるんですが、ここポルダーバーンスポッターズスポットは最も有名なスポットです。

ポルダーバーンということで、滑走路18R-36L(ポルダーバーン)を離着陸する飛行機を撮影することが可能。

スキポールは、このように滑走路に名前が付いているのがおもしろいですよね。

こちらがポルダーバーンスポッターズスポットの入り口。

滑走路18R-36Lの西側、ちょうど中央付近に位置した場所にあります。

見てわかるように、撮影スポットとしてしっかりと整備されていますよね。

中に入ると広めの無料駐車場があり、車でのアクセスも簡単。

公共交通機関でのアクセスが悪いので、地元スポッターの人達はみんな車で来てますね。

スポッターズスポットは、このように滑走路方面を一望できる最高の場所。

フェンスも全然低いので脚立なんか全然要りませんし、視界を遮るものも何もありません。

公園内にはベンチやゴミ箱が設置されていて、スポ活しやすくなっています。

ポルダーバーンスポッターズスポットは、地元の飛行機ファンに大人気。

エアバンドを聴いている人や、写真を撮ってる人、レジをひたすら記入している人、ただ飛行機を眺めているだけの人など、天気が悪い日でも多くの人で賑わっていました。

トイレが無い場所が多いスキポールの撮影スポットなんですが、ポルダーバーンスポッターズスポットはしっかりと整備された場所のため、トイレも設置されています。

飛行機撮影は時として長時間にも及ぶため、トイレがあるのは非常に助かりますよね。

自動販売機やコンビニなどは公園内はおろか、近くにもありません。

ポルダーバーンスポッターズスポットの場所

ポルダーバーンスポッターズスポットは、地図のこちらの場所。

公共交通機関でのアクセスは難しい場所にあるので、レンタサイクルなどで行きましょう。

ポルダーバーンスポッターズスポットから撮影できる飛行機写真

ではポルダーバーンスポッターズスポットで撮れる写真を紹介していきます。

ポルダーバーンスポッターズスポットで撮れる写真

  • スポッティングカット
  • 風車との絡み
  • タッチダウン

ポルダーバーンスポッターズスポットから撮れる写真は、このような感じです。

まずは1番撮りたいスポッティング写真。

飛行機撮影の中でも基本の写真ですし、記録としても向いています。

18R運用の場合は着陸なので、逆噴射中の写真になる事がほとんど。

ガチガチのスポッターで、逆噴射中の写真は許せない!という場合には、この先の誘導路にある撮影スポットの、ホーフド通りの畑や、水路ポイントで撮る方がいいかもしれません。

このように風車と絡めた写真も撮影する事ができます。

オランダといえばやっぱり風車ですよね。風車と絡めて撮影すれは、オランダらしい景色になるんじゃないでしょうか。

遮るものが何もないので、滑走路の端から端まで撮影可能。

タッチダウンの瞬間を狙いたい場合は、滑走路沿いに北へ進みましょう。

ポルダーバーンスポッターズスポットは、滑走路と並行に細い道路が続いているので、滑走路のどの位置からでも撮影することができるんですね。

建物や木など、周囲に視界を遮るものが何もないので、邪魔をされずに撮影ができます。

しかし周りには何にもありませんね。コンビニどころか、自販機すらありません。

さっきは転がりと風車の絡みでしたが、北の方へ進んでいくと、飛んでいる飛行機と風車を絡めて撮影することができます。

ポルダーバーンは、4発機も余裕で降りられる滑走路。

ポルダーバーンスポッターズスポットから北へ進んでいくと、このように目の前でタッチダウンの瞬間を撮影することができます。

時折トラクターも通る道。草むらに寝転がっている人もいたり、のんびりとした景色。

ここをもう少しだけ北に進んでみましょう。

さらに北へ進んでいくと、タッチダウンの瞬間の真横や、タッチダウン直前の写真が狙えます。

スポッターズスポットで撮れる転がりの写真もいいですが、タッチダウンすれすれの写真もいいですね。

この辺りにいると、飛行機によってタッチダウンの場所が微妙に違うのがおもしろいです。

目の前が滑走路なのに、一切フェンスがありません。

スキポールはこのようにフェンスが全くない場所が結構あるんです。ここ、成田よりも利用者数の多い国際空港ですからね。

治安面とか大丈夫なのか、ちょっと心配にはなりますが、飛行機を撮影するには非常に恵まれた環境です。

撮影お役立ち情報

ポルダーバーンスポッターズスポットから撮影する上で必要な情報をまとめました。

撮影お役立ち情報

  • スポッティング写真
  • 風車との絡み
  • タッチダウン
  • ポルダーバーン使用時に撮れる
  • 午後順光
  • 必要レンズは100ミリ〜
  • トイレあり

ここの特徴としては、上記のような感じです。

トイレがあるのが非常に嬉しいですね。

人気の場所だけあって撮れる写真もおもしろい。滑走路沿いに道路が続いているので、撮りたいシーンに合わせて場所を変える事ができるのもいいですね。

フェンスなどの障害物も一切ないので、地元スポッターに人気があるのもわかります。

おわりに

ポルダーバーンスポッターズスポットは、撮影環境が最高の撮影スポットですね。

こんなに気持ちよく撮影できる環境、日本じゃほとんどないんじゃないでしょうか。

ポルダーバーンを使用してある時は、ぜひ地元スポッターに混ざって撮影してみてください。

◆スキポールにある撮影スポットをまとめた記事はこちら⬇︎

アムステルダム・スキポール空港にある飛行機撮影スポットまとめ!

2019年7月17日