伊丹スカイパークで飛行機撮影しよう!アクセス方法や撮れる写真まとめ

ヒコ太郎
伊丹スカイパークを紹介するよ!

伊丹空港で飛行機撮影するなら絶対外せないのが、この『伊丹スカイパーク』。

公園から滑走路を一望できる最高のロケーションでした。

伊丹スカイパークの基本情報

営業時間 9:00~21:00(4月~9月の土日・祝日は7:00~21:00)
営業日 年中無休
利用料金 無料
駐車場 北駐車場(114台)/中央駐車場(75台)/南駐車場(152台)
駐車料金 20分100円(最大料金なし)

伊丹スカイパークは、伊丹空港の滑走路沿いに隣接する全長1.2kmの大きな公園です。飛行機が大迫力で見学できる日本でも屈指の公園で、目の前で離着陸する飛行機は圧巻でした!

園内にはカフェもあり、子供と遊べる遊具や乳児用エリアもあるので、家族連れで楽しめる公園です。

伊丹スカイパークの園内

飛行機を間近で見学できる公園

伊丹スカイパークの魅力は、なんといっても飛行機を間近で見学できること。

公園は高台になっているので、公園内のどこにいてもいても飛行機見学を楽しめます。伊丹スカイパークは滑走路に沿って南北1.2kmもある広い公園なので、公園内を南北に移動することで離陸から着陸まで楽しめます。

子供と遊べる遊具

公園内には乳幼児が遊べるエリアや巨大立体迷路、ローラー滑り台、地面から湧き出る噴水などもあるので、大人から子どもまで家族みんなで楽しめます。

園内には売店やカフェのほか、おむつ替えルームやエレベーターなどもあるので、赤ちゃん連れやベビーカー利用でも安心ですね。

カフェでゆったり

中央エントランスにあるスカイテラスでは、カフェや売店が併設されているので、飛行機を眺めながらゆったりとカフェタイム。

軽食なども提供されているので、お昼のひと休みにもぴったりですね。併設されたモニターにはフライトスケジュールが表示されてるのも楽しいです!

管制卓を展示

飛行機ファンにたまらないのが管制卓の展示。北エントランスの建物内(パークセンター)では、なんと実際に使われていた管制卓が展示されてます。現在使われているものと比べると古いデザインですが、無料で実物に触れるなんて貴重な経験。

同じ部屋には飛行機図鑑コーナーや飛行機写真も展示されているので、子連れで見学するのも楽しそうですね。

撮影できる飛行機写真

伊丹スカイパークは、飛行機撮影ファンにも大人気の公園。

伊丹空港では、南から北に向かって飛行機が離着陸する北風運用と呼ばれる運用が基本です。

公園の南側では着陸機のタッチダウン、公園の北側では力強く離陸する離陸機を大迫力で撮影することができます。また遮るものがないので、飛行機の真横を撮影するスポッティングにも最高の場所。目の前のB滑走路だけでなく、奥側に見えるA滑走路の離着陸機も撮影可能です。タワーと絡めたり、色々な構図で楽しめますね。

光線は午後順光なので、午後からの撮影がおすすめですよ。

駐車料金と安く停める裏ワザ

伊丹スカイパーク駐車場(最大料金なし)

伊丹スカイパーク駐車料金
  • 駐車台数 : 北114台/中央75台/南152台
  • 駐車料金 : 20分100円(最大料金なし)
駐車場は北・中央・南とあり、それぞれ料金も変わらないので、利用する設備に近い場所に停めると移動が楽。

ただしスカイパークの駐車場は20分100円とちょっと高め。最大料金が無いのも痛いです。3時間利用すると900円、5時間で1500円ですからね。

スカイランド原田駐車場(最大料金あり)

裏技としてはスカイパーク南側に隣接するスカイランド原田の駐車場を利用するのがおすすめ。スカイランド原田は30分100円最大料金500円(土日・祝日800円)なので、安く駐車することができますよ。

スカイランド原田駐車料金
  • 駐車台数 : 第1駐車場49台/第2駐車場110台
  • 駐車料金 : 30分100円最大料金500円(土日祝800円)

伊丹スカイパークまとめ

伊丹スカイパークは、伊丹空港で飛行機を撮影するなら必ず訪れたい公園です。飛行機撮影ファンだけでなく、飛行機好きや家族連れでも楽しめるので、伊丹空港に来た際はぜひ訪れてみてくださいね。

◆【伊丹空港】の撮影スポットはこちら⬇︎

【大阪国際空港(伊丹)】飛行機撮影スポット

【伊丹空港(大阪国際空港)】飛行機撮影スポット

2020年11月6日

この記事を気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです⬇︎