ヒースロー空港第3ターミナル【ブリティッシュクラブラウンジ】紹介

ヒースロー国際空港はブリティッシュエアウェイズの本拠地ということもあって、BAラウンジだけでもなんと5ヶ所ものラウンジが。

ブリティッシュラウンジは第3・5ターミナルにあり、第3ターミナルにはBA ClubラウンジとBaファーストラウンジが、第5ターミナルにはコンコルドルーム、BAファーストラウンジ、BA Clubラウンジがあります。

その中で今回は、ビジネスクラスラウンジに相当するラウンジである、第3ターミナルの『ブリティッシュエアウェイズClubラウンジ』を紹介します。

ヒースロー空港第3ターミナル【ブリティッシュエアウェイズGalleries Clubラウンジ】基本情報

最初にヒースロー空港第3ターミナルのブリティッシュエアウェイズGalleries Clubラウンジ基本情報から。

ブリティッシュラウンジ基本情報

  • 第3ターミナル制限エリア内
  • 営業時間 5:00〜22:30
  • ビジネスクラスラウンジ
  • アルコール(シャンパンあり)
  • ビジネスコーナー
  • キッズルーム
  • シャワールーム
  • エレミス・スパ(マッサージ)
  • BF & Aタイプ電源

BAラウンジには3つのクラスのラウンジがあり、コンコルドルームはBA最上級会員かBAファーストクラス搭乗者しか利用できないBA最上級のラウンジ。BAファーストラウンジは他社のファーストクラス搭乗者や最上級会員が利用できるいわゆる外様ファーストクラス資格者が利用するラウンジ。

今回紹介するBAクラブラウンジの正式名称は、『ブリティッシュエアウェイズGalleries Clubラウンジ』と、ちょっと名前が長いですね。

略してBAクラブラウンジは、ビジネスクラス相当のラウンジです。

ビジネスクラスラウンジながら、シャンパンやシャワールーム、キッズルームなどがあり、ラウンジサービス的にはなかなか充実したラウンジでした。

営業時間・利用資格

営業時間

  •  5:00〜22:30

利用条件

  • BAファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • ワンワールド加盟航空会社のファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • BAのマイレージプログラム『Executive Club』上級会員(シルバー・ゴールド)
  • oneworldエメラルド・サファイアメンバー

 

場所

BA Clubラウンジがあるのは、第3ターミナル制限エリア内。

第3ターミナル制限エリアにあるラウンジは、各ゾーンにまとめられています。

BA Clubラウンジがあるのは、ラウンジFのゾーン。

制限エリアを右手に進んでいくと、ラウンジFのゾーンが見えてきます。

ラウンジFのゾーンには、BAラウンジのほかに、プライオリティパスラウンジのNo1ラウンジがあります。

No1ラウンジは上の階でしたが、ブリティッシュラウンジはまっすぐ進んだ先。

通路を抜けるとBAのラウンジエリアに到着します。

正面はエレメス・スパ、左側はBAファーストクラスラウンジ、右側がBA Clubラウンジとなっています。

今回はBA Clubラウンジを利用するので、右側ですね。

ブリティッシュClubラウンジを紹介

ラウンジ内の様子

ブリティッシュClubラウンジは、さすがBAのホームベースだけあって大規模なラウンジ。

ラウンジは奥に長い作りとなっていて、大きく3つのエリアに分かれています。

ラウンジ入って最初はダイニングエリア。

ブッフェスタイルの食事や、ダイニング用のテーブルが並んでいます。

入り口すぐのエリアなので、ラウンジ滞在時間が短い人もこちらの席で過ごしてますね。

ダイニングエリアの奥に進むとあるのが、こちらのエリア。ワインバー、コーヒーハウス、ビジネスコーナー、キッズルームなどがあるエリアです。

こちらではコーヒー、紅茶などのソフトドリンクや、ワインなどが提供されていて、窓からは空港内を見渡すことができ、開放感がありますね。

キッズルームやビジネスコーナーもこのエリアにあります。

そしてラウンジの一番奥にあるのが、こちらのシャンパンバーエリア。

こちらのエリアではソファー席が並び、ワインやソフトドリンクを飲みながら寛ぐことができます。

BA Clubラウンジで多くの人が利用することになるのが、おそらくこのエリアになるかと思います。

BAクラブラウンジはこのように広さはあるんですが、全体的に見るとインテリアがやや古臭い感じ。

ダイニングと食事・ドリンクメニュー

続いて食事関係を見ていきましょう。

入室して目の前にあるのがダイニングエリア。

食事は左側の壁側にブッフェカウンターがあります。提供されているのはブッフェスタイルの食事のみで、オーダー式のアラカルトメニューはありません。

ホットミールに温野菜。横には揚げ物もありました。

サラダ関係はこちら。

サンドイッチやチーズ、ハムなど。

パンが何種類かと、スープもあります。

デザートのフルーツはそのまま提供の市場スタイル。オレンジ、洋梨、りんご、バナナなど。

その横にはケーキもありました。

あとはクッキーが3種類。

ポテトチップスやスナック、オリーブなどのおつまみ系もあります。

食事だけでなく、ドリンクもラウンジの楽しみのひとつですよね。

ドリンク類はすぐに取りやすいように、各エリアにあります。

りんご、オレンジ、クランベリー、トマトなどのフレッシュジュース。

エスプレッソマシンは3台並び。

コーヒーは淹れるのにちょっと時間がかかりますが、3台もあればラウンジ内が混雑してても安心ですね。

紅茶はBAのラウンジらしく、イギリスを代表する紅茶ブランドのTWINING。

冷蔵庫の中には缶ジュースやビール類。

チャンギ空港のブリティッシュラウンジもお酒が豊富でしたが、ヒースロー空港のBA Clubラウンジもお酒にはかなり力を入れています。

特に種類が豊富なのがビール。

ビールの種類

  • タイガー
  • ハイネケン
  • アムステル
  • トリビュート
  • パンクIPA
  • スピードバード100

定番のハイネケンやタイガービール、アムステルに加え、イギリスビールが沢山。

中でもスピードバード100は世界初!高度4万フィート、飛行中のボーイング787の機内で醸造した超レアなクラフトビール!BA100周年を記念して作られた貴重なビールです。

肝心の飲み心地は、フルーティーな香りにしっかりとした苦味も楽しめるビールでした。BAラウンジに来たら、スピードバード100はぜひ飲んでみてください。

スピリッツ類も豊富なラインナップで、カウンターにずらりと並んでいます。

ビジネスクラスラウンジですが、ワインの種類もかなり豊富。

赤・白ワインは多くの銘柄がありますが、スパークリングワインが見当たらなかったためラウンジスタッフに確認したところ、シャンパンがありました。

ラウンジ内の設備・サービス

BA Clubラウンジ内にはキッズルームが併設されています。

キッズルーム内は、赤ちゃん用のおもちゃから大きい子用のPS4まで。年齢問わず楽しめるんじゃないでしょうかね。

ラウンジって静かなのでファミリーで利用するのに気が引けてしまう人もいると思うんですが、キッズルームがあると音を気にしなくていいので安心ですよね。

子供からしても普通はラウンジって退屈だと思うんですが、キッズルームがあればきっと楽しめると思います。

ガトウィック空港のブリティッシュClubラウンジにもキッズルームがありましたが、他社のラウンジにももっと増えるといいですね。

続いて新聞・雑誌コーナー。スマホで暇つぶしができる今では、読む人も少なめ。

BA Clubラウンジでは、ELEMIS SPAでのマッサージサービスを受けることができます。

ラウンジの外、BA ClubラウンジとBAファーストラウンジの間にELEMIS SPAがあり、好みのマッサージメニューの中から、15分間マッサージが受けられちゃうんですね。

なんとも嬉しいサービスなんですが、ELEMIS SPAは誰でも利用できる訳ではなく、利用できるのはBAファーストクラスかビジネスクラス搭乗者のみ。

BA以外の上級会員やBA以外のファースト・ビジネスクラス搭乗者も利用できないので注意。

JALのファーストクラスラウンジでも2018年までは素晴らしいマッサージサービスがあったんですが、マッサージ機に置き変わっちゃいましたからね。

マッサージサービスはキャセイのザ・ピアファーストクラスラウンジでもありますが、こういったラウンジサービスは特に嬉しいですよね。

ELEMIS SPAにはシャワールームも併設されており、こちらはラウンジ利用者でれば誰でも利用可能。

シャワールームはやや古臭い印象ですが、利用できるだけありがたいですね。

シャワールーム内は洗面台やトイレもあり、かなり広め。

シャワーはハンドタイプとボディシャワーの2つ。

オーバーヘッドはありません。

アメニティはボディウォッシュとシャンプーの2種類ですね。水圧はバッチリ。

ラウンジ内の電源はほとんどの座席にあり、BFタイプとAタイプがあります。

ヨーロッパのラウンジでAタイプがあるのはかなり珍しいですよね。Aタイプ電源があるので、変換プラグ無しで日本のコンセントをそのまま差し込めます。

ヒコ太郎のラウンジ採点!ヒースロー空港ブリティッシュClubラウンジは【47点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • 広さ ★★★★★★★☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★★★★★☆
  • 混雑度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★★★★☆☆☆☆☆

ヒースロー空港ブリティッシュClubラウンジは、42スター獲得で【47点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

BA Clubラウンジの第1印象はインテリアが古臭い。一昔前のようなインテリアなんですよね。ヒースローはBAの本拠地なのでどうしても期待値が上がってしまうんですが、ちょっと残念な内観でした。しかしながらキッズルームや限定ビール、シャンパン、マッサージ、シャワーがあったりと提供されているサービスや設備はさすがでした。

おわりに

BA本拠地ということで期待値が高かった分、ちょっと内観の古さが目立っていたのは残念でしたが、ラウンジで受けられるサービスは中々良さげ。

チャンギ空港のブリティッシュラウンジもお酒好きにおすすめのラウンジでしたが、ヒースロー空港BA Clubラウンジのお酒の充実度はさらに上。特にビジネスクラスラウンジで限定ビールやシャンパンが飲めるのは貴重ですし、お酒好きの人におすすめしたいラウンジですね。

ビジネスクラスラウンジでシャンパンが飲めるのは、BA以外だと成田空港キャセイパシフィックラウンジや、チャンギ空港キャセイパシフィックラウンジなども有名です。

◆ヒースロー空港にあるワンワールドラウンジをまとめた記事はこちら⬇︎

ヒースロー空港にあるワンワールドラウンンジ比較!各ラウンジの特徴まとめ

ヒースロー空港にあるワンワールドラウンンジ比較!各ラウンジの特徴まとめ

2019年10月16日
ヒコ太郎

古臭いだけとは言わせない!

◆ブリティッシュラウンジに入室可能なJAL上級会員を目指すための第一歩⬇︎

JAL CLUB-Aゴールドカード(JGC会員になるための必須カード)