成田キャセイラウンジが素敵!ここ限定でしか味わえない3つの魅力とは?

成田空港にあるワンワールド系ラウンジの中で、巷の評価がとても低いキャセイラウンジ。

キャセイラウンジといえば本拠地香港のラウンジが豪華で有名なので、求められている期待値が高いんですよね。

香港にある豪華なラウンジと比べられ評価の低かった成田のキャセイラウンジですが、2019年にプチリニューアルして、とても魅力的なラウンジとなりました。

特にここでしか味わう事のできない魅力。それが、『黒ビール・シャンパン・アイスクリーム』です。

ということで今回は、シャンパンやハーゲンダッツが楽しめる、生まれ変わった成田空港キャセイパシフィックラウンジの特徴や魅力についてお伝えします。

成田空港キャセイパシフィックラウンジ基本情報

まずはじめに、成田空港のキャセイパシフィックラウンジ基本情報をお伝えします。

キャセイパシフィックラウンジ基本情報

  • 第2ターミナル制限エリア内
  • 営業時間7:30〜18:00
  • ビジネスクラスラウンジ
  • アルコール(シャンパン・黒ビールあり)
  • アイスクリーム
  • コンセント&USB電源

成田にある他のラウンジと比べてあまり評価の高くなかったキャセイパシフィックラウンジ。

リニューアル前のキャセイパシフィックラウンジが低評価だった理由は、食事のしょぼさ。

しかし2019年にフードコーナーをプチリニューアルして、食事面が大分改善されました。

全体的には小さめのラウンジながら、成田空港ではビジネスクラスラウンジで唯一シャンパンや、アイスクリーム(ハーゲンダッツ)が楽しめたり、全ラウンジの中でここだけしかない黒ビールが飲めたりと、どこのラウンジにもない独自のサービスで、キャセイパシフィックラウンジは成田では絶対に外せないラウンジとなりました。

ラウンジの営業時間・入室資格

営業時間

  • 7:30~18:00

キャセイラウンジは羽田と同様夕方には閉まるため、営業時間は短め。

キャセイパシフィックラウンジの利用資格

  • キャセイパシフィック航空ファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • キャセイパシフィック航空マイレージプログラム『マルコポーロクラブ』のダイヤモンド・ゴールド・シルバー会員
  • ワンワールド加盟航空会社のファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • カーゴ・クラン・エリートメンバー
  • ワンワールドのエメラルド・サファイア会員

成田のキャセイパシフィックラウンジは上記の条件で利用が可能です。

ラウンジの場所

成田空港キャセイパシフィックラウンジの場所を示した地図

成田空港のキャセイパシフィックラウンジは、地図のこの場所にあります。

北側にある出国審査を通過すると、目の前にエレベーターがあるので上に上がりましょう。

成田空港制限エリア1階からキャセイパシフィックラウンジへ向かうためのエレベーター

こちらがそのエレベーター。

エレベーターの入り口にも書いてありますが、プライオリティーパスでは利用できません。

成田空港にあるキャセイパシフィックラウンジの入り口の様子

エレベーターを降りると正面にキャセイパシフィックラウンジがあります。エミレーツラウンジと同じフロアですね。

ラウンジの入り口は派手な感じではなく、シンプルな外観。

それではキャセイパシフィックラウンジの中に早速入ってみましょう。

成田空港キャセイパシフィックラウンジ紹介

ラウンジ内の雰囲気

キャセイパシフィックラウンジに入って左側のリニューアルされたラウンジエリア

ラウンジ内のフロアはフード・ドリンクのカウンターを挟んで左右2つのフロアに分かれています。

まずは左側のフロアから。

こちらのフロアもリニューアルして、快適になりました。

雰囲気的には学食とか社員食堂、ゲストハウスの共有スペースのようなインテリアなんですが、アットホームな雰囲気に。

キャセイパシフィックラウンジ右側にあるソファー席が並ぶラウンジエリア

続いてフードカウンターを挟んで右側のフロア。

こちらはソファーが並び、落ち着いた間接照明のある空間に。赤いソファーが映えますね。

あまり広くないので椅子同士がちょっと詰まっていますが、キャセイパシフィックラウンジ自体があまり混雑していないので気にはならないと思います。

食事・ドリンクメニュー

成田空港キャセイパシフィックラウンジにあるダイニングエリアのフード・ドリンクコーナー

それではリニューアルしたドリンク・フードカウンターを見てみましょう。

こちらがフードドリンクカウンターですが、壁がすっきりしました。

キャセイパシフィックラウンジで提供されているホットミールの食事メニュー(麻婆豆腐・フライドポテト・カレー・温野菜)

まずはホットミールから。

以前は無かったホットミールがリニューアルにより用意されました。これはありがたいですね。

ラウンジで提供されている巻き寿司

メインには巻き寿司が。これは以前にもありましたね。

ラウンジで提供されている3種類のサラダ

サラダも3種類ほどあり、充実しています。

ラウンジで提供されている2種類のパンとチョコレートケーキ

軽食には、パンが2種類にチョコレートケーキが。

以前あったチョコレートは無くなってしまいましたが、チョコレートケーキになってグレードアップしました。

ラウンジで提供されているチーズ、ドライフルーツ、サラミ

チーズやドライフルーツ、サラミなど。

ラウンジで提供されているソフトドリンク

続いてドリンクを見ていきます。

ソフトドリンクは、冷蔵庫の中にウーロン茶や緑茶、牛乳、豆乳、トマトジュースやグレープフルーツジュースなど。

あとはキャセイパシフィックラウンジらしく、ミルクティーも用意されていました。

ラウンジで提供されている紅茶。銘柄はTWINING

続いてコーヒー紅茶関係。コーヒーにはエスプレッソマシンが用意されています。抹茶ラテがあるのも珍しい。

紅茶には、イギリスの歴史ある紅茶ブランドTWININGSのものが。

ラウンジで提供されているアルコール類

こちらはスピリッツ系。

左からウォッカ(アブソート)、ジン(ゴードン)、ラム(バカルディー)、ウイスキー(ジョニーウォーカー)、ブランデー(VSOP)などのラインナップです。

各スピリッツはなかなか王道のラインナップ。スピリッツのほか、下段にはワインや日本酒も。

冷蔵庫の中にもお酒が冷やされています。

そして珍しいのが黒ビール。

銘柄はキリン一番搾り黒生。

成田空港のラウンジの中でも黒ビールが飲めるのは、キャセイラウンジだけ。

ラウンジで提供されているシャンパン。銘柄はヴーヴクリコ

そしてお酒の極めつけは、泡!

ビジネスクラスラウンジなのにシャンパンが提供されているんですね。銘柄はヴーヴクリコ(veuve clicquot)。

成田のビジネスクラスラウンジでシャンパンが飲めるのは、キャセイパシフィックラウンジのみ。

リニューアル前はシャンパンがなかったので、かなりグレードアップしました。ラウンジに対するキャセイの本気が伺えます。

シンガポールのキャセイパシフィックラウンジでもシャンパンが提供されていますが、キャセイはビジネスクラスラウンジにも力を入れてるのがよくわかりますね。

ラウンジのスタッフにいうと食べられるハーゲンダッツ。バニラ、ラムレーズン、抹茶の3種類から選べる

キャセイ名物、アイスクリーム(ハーゲンダッツ)が食べられるのも健在。

ハーゲンダッツは、ラウンジのスタッフに伝えると持ってきてもらえます。お皿に乗せて持ってきてくれるのが嬉しい!

種類は、バニラ、ラムレーズン、抹茶の3種類。

アイスクリームが食べられるのも、成田ではキャセイパシフィックラウンジのみです。

他のビジネスクラスラウンジはもちろんですが、JALのファーストクラスラウンジでさえ、アイスクリームはありません。

もうこれだけのために来る価値があるといっても過言ではない、と言えるんではないでしょうか。

続いてラウンジ内の設備、サービス関係について紹介します。

ラウンジ内の設備・サービス

ラウンジ内の新聞、雑誌

まずは雑誌、新聞コーナー。日本の新聞もあります。

キャセイパシフィックラウンジにある電源。コンセントとUSBポートが利用できる

ラウンジ内にある電源は、コンセントのほかにUSBポートも設置されています。

同時に2つのデバイスが充電できるので、これは嬉しい。

ただリニューアル前にはあったワークスペースはなくなりました。その代わり印刷したいものがあるときなどは、レセプションに申し出れば印刷してもらう事は可能です。

キャセイパシフィックラウンジの内観

気になるシャワーですが、キャセイパシフィックラウンジには残念ながらシャワーはありません。

成田第2ターミナルでシャワーを浴びたい場合は、JALのサクララウンジファーストクラスラウンジアドミラルズクラブカンタスラウンジのいずれかを利用しましょう。

サテライト側のJALサクララウンジにはシャワーがないので注意です。

ヒコ太郎のラウンジ採点 成田空港キャセイパシフィックラウンジは【43点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点で申し訳ありません。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 広さ ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★☆☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★★★★☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★★★★☆☆
  • 混雑度 ★★★★★★☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★★★☆☆☆☆☆☆

成田空港キャセイパシフィックラウンジは、39スター獲得で【43点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

成田空港キャセイパシフィックラウンジは、リニューアルしてかなり良くなりました。特に食事、ドリンク関係の力の入れ具合は本気度を感じます。スペースの関係上、本拠地にあるようなヌードルバーが作れない分、ドリンクやアイスクリームなどで他のラウンジと差別化を図っているのがよくわかります。キャセイパシフィックラウンジは、成田にあるビジネスクラスラウンジの中でも、かなり良いラウンジですね。

おわりに

キャセイパシフィックラウンジ左側のカウンター席の並ぶラウンジエリア

本拠地香港のキャセイパシフィックラウンジや、羽田にあるキャセイパシフィックラウンジが素晴らしすぎるため、それと比べると成田のキャセイパシフィックラウンジはちょっとかわいそうですね。

キャセイパシフィックラウンジというと、どうしても出きたての麺料理や点心が食べられるヌードルバーや、バーテンダーがカクテルを作ってくれるバーカウンターを思い出してしまうんですが、それらは無いにしても、成田のキャセイはハコモノに頼らないソフトなサービスを感じます。

私の中でキャセイパシフィックラウンジは、成田に来たら必ず利用したいラウンジとなりました。

ハーゲンダッツや、ビジネスクラスラウンジでシャンパンが飲めるラウンジは成田でここだけなので、ぜひ訪れてみてくださいね。

ヒコ太郎
箱物よりも中身で勝負!

◆成田空港にあるワンワールドラウンジについてまとめた記事はこちら⬇︎

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

2019年11月3日

この記事をシェア⬇︎