カメラバッグ?リュック?ポーチ?失敗しないための選び方を徹底解説

どうもこんにちは!ヒコ太郎です。

突然ですがカメラバッグ持っていますか?

一口にカメラバッグといってもリュックや、ショルダー、ウエストポーチと色々あって悩んでしまいますよね。

今日はカメラを買ったら多くの人が悩む、カメラバッグの選び方について紹介したいと思います。

カメラバッグの正解はこれ!

カメラバッグには色々と種類がありますが、結論を書いてしまうとカメラリュック一択です。

本当に便利で使い勝手のよいカメラバッグはリュックタイプ以外にはありません。

なぜかというのを私の実体験を含めて説明しますね。

使用してわかる他のバッグの弱点

カメラバッグには大きく分けて、次の3タイプの種類があります。

カメラバッグの種類
  • リュックタイプ
  • ショルダータイプ
  • ウエストポーチタイプ
この中でおすすめはリュックタイプです。ショルダータイプウエストポーチタイプはあまりオススメしません。

なぜかというと、私はリュックタイプを買う前、ショルダータイプのカメラバッグをずっと使っていましたが、気になる点がいくつかあったからです。

肩が痛い

カメラとレンズって重たいですよね。交換用レンズがあると尚更です。

ショルダータイプのカメラバッグは肩にかけて持つため、片方の肩にカメラの重さがずっしりとかかります。

最初はそこまで気にならないんですが、1日ショルダータイプのバッグでカメラを持って出かけると、致命的に肩が痛くなります

痛みを和らげようと反対側の肩にかけ直しても、今度はそちらの肩がとても痛くなります。

そーすると痛みのあまり段々とイライラしてしまい、肩の痛みが気になってとても撮影どころでは無くなります。

カメラは外に持ち出してなんぼだと思うんですが、持ち出す事自体が億劫になってしまうショルダータイプのカメラバッグは私にとっては致命的でした。

男の私でさえ、肩の痛みに持ち出すことが億劫になってしまうので、女性ならなおのことではないでしょうか。

荷物が入らない

ショルダータイプのカメラバッグの悩みで、この点も非常に気になりました。

サイズが小さいため、カメラと交換用レンズを一本入れるとほぼ他の荷物が入る隙はありません。

男は荷物が少ないと言っても、さすがに財布や手帳、ハンドタオルくらいは持ち歩きますよね。そーいった物が入る隙もほとんどありません。

そうすると結局もう一つバッグを持つ羽目になるので、バッグの2つ持ちというとても面倒くさい状況になりますし、見た目のバランスもよくありません。

財布すら持たないような近所で撮影するならいいですが、その場合そもそもカメラバッグが必要なのかという疑問もあります。

コンパクトなのはいいですが、荷物がほとんど入らないのはとても不便に感じました。

ウエストポーチタイプは持っていませんが、ショルダータイプよりも更に小さいので論外です。

三脚を別で持たなければならない

三脚を使う方はこの点も気になる点だと思います。

夜景撮影や花火撮影、星空撮影と三脚を持ち出す機会は多くありますが、リュックタイプ以外のカメラバッグは三脚をバッグに入れて持ち歩くことができません。

そうすると、三脚をカバーに入れてカメラバッグとは別に持ち歩く必要があります。

これまた非常に面倒くさく、長時間持ち歩いていると非常に不満が溜まります。

ただでさえショルダーバッグは肩が痛くなるのに、更に三脚を肩にはかけられません。

肩にかけずに手で持つ事もできますが、1日歩き回る中で三脚を持つために片手が塞がれるというのは非常に不便です。

ダサい

もしバリバリ使ってる方いたらすみません…。

これは私の主観ですが、ショルダータイプやウエストポーチタイプのカメラバッグはちょっとダサいです。

昔のカメラマンというか、ちょっと冴えない時代遅れ感のデザインがダサいと感じます。

ショルダータイプやウエストポーチタイプも探せばいくつか種類もあるにはあるんですが、あまりカッコいいデザインの物を見た事がありません。

旅先でカメラを持っている外国の方を見ても、リュックタイプのカメラバッグを使用してる方が非常に多い印象です。

私の考える理想的なカメラバッグ

カメラバッグを実際に使って感じたこれらの不満な点を解消できるバッグがあれば、それが理想的なカメラバッグという事になります。

カメラ歴10年の私が理想的なカメラバッグの条件をまとめてみました。

  • 1日使っても疲れない
  • カメラ・レンズ以外にも荷物が入り、カメラバッグ1つで出かけられる
  • 三脚も持ち歩ける
  • カッコいい!
  • 大切な機材をしっかり保護
これらの点を全てクリアしているのはリュックタイプのカメラバッグでした。

1日使っても疲れない

リュックタイプだと両肩、背中、腰に重さが分散されるのでとても楽です。1日使っても疲れないのでカメラを持って出かけるのが苦になりません。

私もリュックタイプのカメラバッグに変えてから、カメラを外に持ち出す機会が本当に増えました。

カメラ・レンズ以外にも荷物が入り、カメラバッグ1つで出かけられる

この条件もリュックタイプであれば大丈夫です。カメラ、レンズも多く入りますし、特に望遠レンズを収納できるのはリュックタイプだけです。

リュックタイプは下にカメラやレンズを収納し、上のスペースに荷物を入れられるので、カメラ、レンズ以外にもカメラアクセサリーやちょっとした小物、着替えまで入れる事ができるので、カメラリュック1つでどこでも出かけられます。

荷物が全部入ると両手が空くのでとても便利です。

これ本当に使ってみるとありがたみがわかるんですが、両手が空くというのは非常に助かります。

三脚も持ち歩ける

カメラリュックは三脚を固定するためのストラップ、ホルダーがあるので三脚をリュックと一緒に運ぶ事ができます。

そのため三脚を持ち歩かなくてはいけない時も、両手が空くのでフットワークが軽くなります。

試しに三脚をリュックと別で持ってみると、この快適さがわかりますね。

カッコいい

やはりリュックタイプはカッコいいです。

まずはデザイン的にリュックは見た目のバランスがいいです。

リュックだとカメラバッグって感じもしませんし、普段の服装に合わせやすいですね。

カメラバッグの中でもリュックタイプは人気があるので種類も豊富ですし、デザインもたくさんあります。ですので沢山の中から好みのデザインを選ぶ事ができます。

大切な機材をしっかり保護

カメラバッグの一番の目的はカメラの保護ですね。大切な機材を守ることができなければ意味がありません。

どのタイプのカメラバッグであっても、中はクッションで仕切られて機材が保護されるようにできていますが、カメラリュックにのみ備わった大きな機能があります。

それはレインカバーです。

ほとんどのカメラリュックにはレインカバーが備わっており、大切な機材、荷物を突然の雨から守ってくれます。

この機能はショルダータイプやウエストポーチタイプにはありません。

写真撮影は基本外なので、撮影中に雨が降ってくるなんて事はしょっちゅうあります。

リュックタイプでも、安物など稀にレインカバーが無い物もあるので、必ずレインカバーがあるものを選びましょう。

カメラリュックはこう選ぶ

ここまでカメラリュックを推してきたんですが、普通のリュックで事足りる事もあります。

みなさんの状況に合わせて選んでみてください。

カメラリュックが向いている人

  • 一眼レフ、交換レンズあり
  • 一眼レフと望遠レンズ
  • 形にこだわりたい人
  • 三脚使う人
望遠レンズや交換レンズを使う人はカメラリュック必須です。

普通のリュックだと中で機材がぶつかってしまいますし、望遠レンズも仕切りでちゃんと収納したいところです。

形から入る方や、カメラリュックを使ってる自分が好きという方もカメラリュックを買いましょう。

カメラリュックを使っているあなた素敵ですよ!

三脚を使う方も普通のリュックでは三脚ホルダーがないのでカメラリュックを買いましょう。

普通のリュックでいい人

  • 一眼レフにレンズ一本
  • ミラーレス
  • 三脚使わない
一眼であれ、ミラーレスであれ、レンズ一本であれば小型なので普通のリュックでも問題なかったりします。

リュックの中にカメラ以外に硬い物を入れなければぶつかる心配もないので、ペラペラのリュックでなければ大丈夫です。

普通のリュックの方が中で仕切られていない分、収納も沢山入りますしね。

私の愛用カメラリュック

私はzkinのカメラリュックを愛用しています。

デザインがあまりカメラリュックっぽくなく、普段の服装にも合わせやすいのでとても気に入ってます。

荷物も沢山入りますし、レインカバーや三脚ホルダーもあるので、このリュック1つでどこにでもいけます。

香港発祥のブランドで、持っている人が少ないのも好きなところです。

おわりに

使っていて苦痛になるバッグだとカメラを持って出かける機会が減ってしまいますが、好きなカメラバッグが見つかったらカメラを持って外に出るのが楽しくなりました。

ちょっと主観が強くなってしまいましたが、ひとつの体験談として参考になれば幸いです。

是非自分だけのお気に入りのカメラバッグを見つけて、カメラライフを楽しんでくださいね。