成田ファーストクラスラウンジ(サテライト)は本館顔負けのお洒落ラウンジ

航空会社の顔とも言えるファーストクラスラウンジ。

成田空港にはJALのファーストクラスラウンジ本館側サテライト側の2つがあります。

お寿司やシューポリッシュなどのサービスで有名な本館側と比べて、サテライト側はあまり注目されませんよね。

しかしサテライト側にあるファーストクラスラウンジが最高によかったので、レポートしたいと思います。

サテライト側ファーストクラスラウンジ内部の様子の他、本館側との違いについても紹介していきます。

◆本館側ファーストクラスラウンジの記事についてはこちら⬇︎

JAL最高峰!成田空港【ファーストクラスラウンジ本館3・4階】3つの魅力

2018年11月4日

成田空港【ファーストクラスラウンジ(サテライト側)】基本情報

まず初めに、ファーストクラスラウンジ(サテライト側)の基本情報からお伝えします。

ラウンジ基本情報

  • 第2ターミナル制限エリア内
  • 営業時間 07:30〜11:00・15:00〜20:00
  • ファーストクラスラウンジ
  • アルコール(シャンパンあり)
  • シャワールーム
  • ビジネスコーナー
  • マッサージチェア
  • 電源

サテライト側にあるファーストクラスラウンジの特徴をまとめると、上記のようなラウンジ。

雰囲気抜群で、ラウンジ内の居心地も快適。

ラウンジサービスは本館側には劣りますが、居心地の良さは本館側にも負けません。

シャワールームもありますし、本館側で独自のサービスを楽しんだら、時間までサテライト側に移動するのがスマートかなと思います。

営業時間・利用資格

ラウンジ営業時間は以下の通りです。

ラウンジ営業時間

  • 07:30~11:00・15:00~20:00

サテライト側のファーストクラスラウンジ営業時間は2部制となっているので注意が必要です。

11:00〜15:00の間は入れなくなったのでご注意下さい。

サテライト側サクララウンジと同じですね。

ファーストクラスラウンジの入室条件

  1. JALのファーストクラス搭乗者とその同行者1名
  2. JALダイヤモンド・プレミア会員とその同行者1名
  3. ワンワールド便ファーストクラス搭乗者
  4. ワンワールドエメラルド会員とその同行者1名

ラウンジ利用対象者は、上記のとおり。

ラウンジの場所

サテライト側ファーストクラスラウンジへは、イミグレーションを抜けたら正面にあるサテライト側への連絡通路に向かいます。

連絡通路を通りサテライト側に到着後、右へ曲がると目の前です。

本館からラウンジのあるサテライト側までは歩く事約10分。

見えてきた入り口はサクララウンジ(サテライト)と共有です。

サテライト側ファーストクラスラウンジレビュー

ラウンジ内の様子

レセプションはサクララウンジと同じカウンター。

ファーストクラス用の絨毯が敷かれているので、若干区別されています。まぁ絨毯関係無しにみなさん動いちゃってますけどね。

航空券を提示して受付したら、中に入りましょう。

レセプション右手にあるこちらがファーストクラスラウンジの入り口。

入り口横に照らされたFirst Class Loungeの文字が誇らしげ。

ラウンジに入室してまず目を引くのが、赤のモダンなソファー。

JALラウンジっぽくない攻めたインテリア。

JALのラウンジってちょっと守りのイメージが強かったんですが、これは非常にお洒落でかっこいいですね。

全体的に少し照度を落とした暖色系の間接照明が使われているので、サクララウンジよりも落ち着きます。

雰囲気的には、本館3階にあるJAL’s SALONのような雰囲気。

窓側には飛行機を眺めながら脚を伸ばして座れる、ゆったりとした贅沢なソファー。

左右が仕切られてるから、プライバシー性も高そうです。

ラウンジ内は本館側と比べても充分な広さ。

柔らかく座り心地の良さそうなソファーが並んでいます。様々なソファータイプがあるのも嬉しいポイントですね。

静かな雰囲気が伝わりますかね?

サクララウンジのようなガヤガヤ感がないんですよね。

落ち着いた雰囲気なのでリラックスできますし、ブログ書くのにも集中できます。

ここの空間が1番落ち着きますね。

夕方になると外の光が落ちて、ラウンジ内はさらにいい感じの雰囲気になります。

窓側のこのソファーも素敵ですよね。

ウイスキー飲みながら、飛行機をずっと眺めてられますよ。超幸せです。

他にも様々なタイプのソファーがあり、どれもゆったりと座れるのが多いところが流石ですね。

ダイニングとメニュー

食事は、THE DININGという専用のフロアで食べることができます。

THE DININGの中はホテルのレストランのような雰囲気。

落ち着いてゆっくり食事ができそうなテーブル席が用意されています。

一部の座席にはクッションまで。

フード&ドリンクエリア。

食事やドリンクはここのカウンターで提供されています。

本館の特徴であるお寿司やラーメンなどのアラカルトサービスはありませんが、ブッフェスタイルの食事は充実しています。

種類豊富なサラダ類やカットフルーツ。

サクララウンジでも提供されているサラダラップは、タンドリーチキンカレーとケールシーザーチキンの2種類。

お酒が自慢のファーストクラスラウンジでは、お酒に合いそうなオードブルも豊富です。

出来立てで美味しそうなグラタン。

ホットミールも中々クオリティーが高いですね。

焼売やミニ肉まんなどの天津系。

パンやマフィン、たい焼きなど。

この辺はサクララウンジとあまり変わらないですね。

サクララウンジに無いもので嬉しいのがケーキ。

小さいサイズなのでお腹いっぱいでも食べれますし、味も中々美味しいです。

ドリンクはダイニングフロアとラウンジフロアに用意されています。

置いてあるお酒の種類はどちらも同じ。

充実具合は素晴らしいの一言です!

JALのファーストクラスラウンジは、お酒が本当にこだわってますね。

日本酒は大吟醸クラスのお酒が並んでいます。

時期によって置いてあるお酒が変わるのが嬉しいですね。

スピリッツ、リキュールコーナー。

カットレモンとかまで置いてあるので、本格的なカクテルも作り放題です。

ウイスキーなんかだと、響やボウモア18年などの8000円クラスのウイスキーなどの他、バルヴェニー12年なんかもありました。

そして絶対に飲みたいお酒がこれ、ローランペリエ。イギリス王室御用達の有名なシャンパンですね。

JALファーストクラスラウンジ自慢のお酒です。

あと外せないのがこちらのG.H.マム。

ローランペリエと比べると知名度はないかもしれませんが、こちらもイギリス王室御用達のシャンパンです。

私的にはローランペリエよりも、こちらの方が好きな味。

香港のキャセイファーストクラスラウンジで提供されているAYALAなんかもそうですが、イギリス王室御用達のシャンパンは外さないですね。

JALのファーストクラスラウンジには本当にいいお酒が豊富にあるので、ぜひ飲んでみてください。

ラウンジ内のサービス・設備

ラウンジ内の設備についても紹介していきます。

入り口近くにはクロークがあります。

鍵がかけられるロッカーだけでなく、スーツケースまで置く場所があるのが素晴らしいですね。

ビジネスコーナーもありますが、席数は少なめ。

作業をするならラウンジ内の空いてる席でやる方がよさそうです。

無料で印刷できるプリンターも用意されてます。

飛行機を見ながら使える贅沢なマッサージチェアー。

半個室なのでプライバシー性も高いですし、最高の空間ですね。

サテライト側のファーストクラスラウンジにはシャワーも用意されています。

サテライト側のサクララウンジにはなかったので、これは非常に嬉しいですね。

利用する時はこちらのシャワー用のレセプションで受付を行います。

シャワールームの中もいい感じの雰囲気ですね。

綺麗で使い心地のよいシャワールームです。

シャワーヘッドは3種類。

ハンドタイプもちゃんとあります。

シャワールームの隣には個室タイプのマッサージチェアーもあります。

ラウンジフロアの半個室にあったマッサージチェアーと同じですが、こちらは完全個室なので非常に快適!

ラウンジフロア内のマッサージチェアーは自由に利用できますが、こちらの個室タイプは受付が必要。

利用したい場合はシャワーのレセプションで受付すれば利用できます。

サテライト側と本館側ファーストクラスラウンジの比較

サテライト側ファーストクラスラウンジについて見てきましたが、本館側との違いについて比較してみたいと思います。

ざっと比べてみるとこんな感じですね。

本館側との比較

  • 営業時間が2部制
  • 鮨 鶴亭・JAL’s Table・JAL’s SALONなどで提供されているアラカルトメニューや靴磨きなどの有人サービスがない
  • 本館よりも空いてる

ということで、有人サービスがないのが最大の違いですね。

JALファーストクラスラウンジの中でも、鮨 鶴亭・JAL’s Table・JAL’s SALONなどのアラカルトメニューや有人サービスはJALファーストクラスラウンジ最大の特徴ですよね。

これを利用したいがために、ダイヤモンド修行をする人もいると思います。

サテライト側ではこれらの提供がないので、利用したい場合は本館側を利用するしかありません。

しかし雰囲気はサテライト側の方も全然負けていません。特別なサービスがない以外は完璧!

もう超お洒落ですし、高級感というか、インテリアのセンスもいい感じ。

本館側よりも人の出入りも少なく落ち着いた雰囲気なので、とてもリラックスできます。

ローランペリエについては、以前はサテライト側にしかなかったので、わざわざこれを飲むためだけにこちらに来る人もいましたが、リニューアル後は本館側でも提供が始まっています。

ローランペリエのアドバンテージはなくなりましたが、雰囲気抜群でファーストクラスラウンジの格が感じられる最高のラウンジです。

まとめ

  • 鮨 鶴亭・JAL’s Table・JAL’s SALONなどのサービスを利用するなら本館
  • 出発がサテライト側なら本館でサービスを堪能したらこちらに来るのがベスト(ただし営業時間に注意)

ヒコ太郎のラウンジ採点!成田ファーストクラスラウンジ(サテライト)は【70点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★★★★★★
  • 広さ ★★★★★★★★☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★★★★★☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★★★★
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★★★★★★
  • 混雑度 ★★★★★★★★☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★★★☆☆☆☆☆☆

成田空港サテライト側JALファーストクラスラウンジは、63スター獲得で【70点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

成田空港サテライト側ファーストクラスラウンジは、有人サービスがない以外は完璧ですね。JALのラウンジの中でもここは別格に雰囲気と高級感が感じられます。羽田のファーストクラスラウンジは広さはありますが、ほとんど使われていない場所や、洗練されていない感じもあったんですが、ここは本当にセンスがいいですね。ファーストクラスラウンジというと、どうしても有人サービスに目が行きがちなんですが、ラウンジ自体から感じられる雰囲気というのはやはり大事だと思います。本館側もリニューアルして素敵なラウンジになりましたが、サテライト側も最高のラウンジです。

おわりに

サテライト側ファーストクラスラウンジは本当に最高でした。

本館側ファーストクラスラウンジのリニューアルオープンに伴い、サテライト側の注目度は下がりそうな感じですが、ここは本当に雰囲気抜群でおすすめなので、サテライト側から出発するならぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ヒコ太郎

本館よりもくつろげる!

◆成田空港にあるワンワールドラウンジについてまとめた記事はこちら⬇︎

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

2019年11月3日