チャンギ国際空港第1ターミナル【satsプレミアラウンジ】を紹介!

satsプレミアラウンジはチャンギ国際空港の各ターミナルにあるメジャーなラウンジ。

名前は同じですが、ターミナルによって若干の違いはあります。

という事で今回は第1ターミナルにあるsatsプレミアラウンジを紹介します。

◆第1ターミナルで、プライオリティパスで入れるその他のラウンジはこちら⬇︎

チャンギ空港第1ターミナル【プラザプレミアムラウンジ】を紹介!

2019年5月20日

チャンギ国際空港第1ターミナル【dnataラウンジ】レビュー

2019年5月23日

チャンギ国際空港第1ターミナル【satsプレミアラウンジ】の基本情報

まずは第1ターミナルにあるsatsプレミアラウンジの特徴から紹介します。

satsプレミアラウンジの基本情報

  • 第1ターミナルエアサイド側
  • プライオリティパスラウンジ
  • 24時間営業
  • 到着時利用OK
  • シャワー・トイレあり
  • アルコールあり
  • マルチプラグ電源(変換プラグなくてOK)

第1ターミナルにあるsatsプレミアラウンジは、基本的には他のsatsプレミアラウンジと同じようなサービス。ただし過去にJALの指定ラウンジだっただけあって他のターミナルのsatsよりも少し広めです。

satsプレミアラウンジを紹介

satsプレミアラウンジがあるのは第1ターミナルの制限エリア内。

ターミナル中央付近、ブリティッシュやカンタスラウンジと同じエリアにあります。

こちらのエスカレーターを上り、左へ曲がるとすぐにあります。

satsプレミアラウンジの外観は白い大理石風で高級感がありますね。

satsプレミアラウンジの内部

ラウンジ内に入ったらまずはレセプションで受付。

到着時にも使え、プライオリティパスで3時間の利用が可能です。

ラウンジ中央付近にフードコーナーがあり、ラウンジ右側、左側、奥側にラウンジエリアが広がっています。

こちらは右側にあるラウンジエリア。こちらのエリアの奥には、半個室タイプのビジネスコーナーもあります。

こちらはラウンジ左側にあるラウンジエリアですね。奥にはマッサージチェアも用意されています。

座席同士の感覚は広すぎず、狭すぎずといったところ。

背もたれが高いタイプのソファーもありますね。

ダイニングを抜けた先にもラウンジエリアがあります。

こちらのエリアはJALの指定ラウンジだった頃、ワンワールドのエメラルド会員専用エリアでした。

現在はJAL指定のラウンジから外れているため、普通に利用可能。ちょっと得した気分ですね。

元エメラルドエリアという事で、先ほどのフロアよりも落ち着いた感じ。

ソファーもファーストクラスラウンジにありそうな感じの高級感溢れる物が、窓側に設置されています。

壁に囲まれた個室のような座席もあります。プライバシー性も高く、作業をやるにはもってこいの席ですね。

こちらはオープンスタイル。本を読むのとかによさそうです。

ダイニングと食事・ドリンクメニュー

第1ターミナルにあるsatsプレミアラウンジでは、ダイニングエリアとラウンジエリアが明確に区切られていない珍しいタイプ。

各エリアにはテーブル席やカウンター席があるので、食事の際はそれらを利用しましょう。

ラウンジ右側に用意されたテーブル席。

フードコーナー近くにある柱に設けられたカウンター席。

こちらは柱が邪魔になって、ちょっと利用しにくかったですね。

カウンター席を利用するならこちらの方がいいですね。

カウンター席やテーブル席もありますが、明確にダイニングエリアが区切られているわけではないので、ソファー席で食事をしている人も結構いましたね。

食事類は中々充実しています。さすが元JAL指定ラウンジ。

深夜時間帯にも関わらず、ホットミールだけでもこの品揃え。深夜だとラウンジによっては全く食事が無いところもありますからね。しっかり補充されているのも嬉しいポイント。

メニューの量は第1ターミナルにあるプライオリティパスラウンジの中で1番豊富ですね。質で言うならプラザプレミアムラウンジの方が好みでした。

パンにしてもクロワッサンやデニッシュなど、豊富なラインナップ。

マフィンやシリアルなんかもあります。

サラダやフルーツなどもありました。

その他、サンドイッチやスナックなども。

そしてsatsプレミアラウンジといえばこれです。ヌードルカウンター。

シンガポールラクサの日が多いんですが、この日はクイティオでした。日によってメニューが違うのも楽しいですね。

ここではクイティオスープをセルフで、もしくはスタッフがいる時はスタッフに作ってもらうことができます。

セルフの場合も作り方はとっても簡単で、左の棚にある麺を軽く茹でたら右にあるスープを注ぐだけ。簡単にクイティオスープを作って食べられるので、satsに来たらぜひ食べてみてくださいね。

トッピングにネギやトウガラシもあるので、お好みで。

ドリンクは、サラダコーナーの右側にアップルジュース・牛乳・オレンジジュース。

エスプレッソマシーン。2台とも同じものですね。

冷蔵庫には缶ジュースがたくさん。

satsプレミアラウンジではお酒も用意されており、ビールはタイガービールが冷蔵庫の中にあります。

その他には、

  • ウイスキー(ジョニーウォーカー12年)
  • ウオッカ(スミノフ)
  • ジン(ゴードン)

この辺は他のターミナルにあるsatsと同じ品揃えです。スライスレモンがあるのも同様ですね。

後は白ワイン。

そして赤ワインがあります。

ビールから何から一通りは揃っているので、お酒が飲みたい人も納得かと。

プラザプレミアムラウンジやアンバサダートランジットラウンジなど、お酒の提供に時間制限があるラウンジもありますが、satsなら24時間飲むことができます。

クイティオスープはラクサと違ってあっさり系のスープ。柔らか麺と魚のすり身が美味しいですね。

途中で試しにトウガラシを入れてみましたが、これめちゃくちゃ辛いので、入れすぎに気を付けてください。

この量でかなり辛いというか、痛いレベルでした。

タイガービールといただきます。

ラウンジ内の設備・サービス

ラウンジ左側の奥にはマッサージチェアがあります。

マッサージチェアは本当に人気がありますね。

ラウンジ右側の奥にはビジネスコーナーがあります。

周りが仕切られているので、集中して作業するのにおすすめの席です。

毎度恒例の故障チェック。ここのラウンジは故障が少なかったですね。

コンセントはマルチタイプなので、日本のコンセントがそのまま使えます。

こちらは雑誌コーナーですね。

satsプレミアラウンジにはシャワールームもあります。

シャワールームはセルフで利用できます。

タオルは廊下に置かれていて、自分で取っていくスタイル。

シャワールームはトイレや洗面台も設置されていて、比較的広い方です。

めちゃくちゃ綺麗というわけではありませんが、このくらいなら全然OKだと思います。

シャワールーム内の様子はこんな感じ。

シャワーは手持ちのものとレインシャワーの2種類。

洗面台の横には着替えや荷物を置くスペースがあるのは地味にありがたいですね。

洗面台の下にタオルの返却BOXがあるので、使用済みのタオルはこちらへどうぞ。

シャワールームはセルフで利用できますが、レセプションに申し出れば歯ブラシセットをもらうことができます。

しかし海外の歯ブラシセットって、ラウンジにしろ、ホテルにしろ、本当にこの歯磨き粉多いな。

ラウンジ入室条件

satsプレミアラウンジの利用条件は以下の通りです。

satsプレミアラウンジ利用条件

  • プライオリティパス所有者
  • ダイナースクラブカード所有者
  • ラウンジキー所有者
  • 最大3時間まで
  • 到着時利用OK

 

satsプレミアラウンジの場所・営業時間

場所

第1ターミナル制限エリア内、中央付近にあるエスカレーターを上がって左。

営業時間

  • 24時間

ヒコ太郎のラウンジ採点!チャンギ第1ターミナルsatsプレミアラウンジは【42点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 広さ ★★★★★☆☆☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★★☆☆☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 混雑度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

チャンギ国際空港satsプレミアラウンジは、38スター獲得で【42点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

satsプレミアラウンジは一通りのものが揃っており、特に大きな不満もなく利用できる中々使い勝手のいいラウンジですね。深夜に食事をするならここが一番いいと思います。

おわりに

satsはやはり使い勝手の良さでは安定感がありますね。第1ターミナルにはdnataラウンジやプラザプレミアムラウンジがありますが、それらのラウンジも素敵なラウンジなので好みで選んでいいと思います。

他のターミナルにあるsatsプレミアラウンジと比べると、一番いいのは第3ターミナルにあるsatsプレミアラウンジで、ここは2番目ですね。第2ターミナルのsatsプレミアラウンジが一番微妙です。内観はあまり変わらないんですが、特にシャワールームを見ていただければわかると思います。

プライオリティパスがあればラウンジホッピングもできるので、見比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

まだプライオリティパスをお持ちでない方は、年会費10,800円の楽天プレミアムカードを作れば、通常4万円以上するプライオリティパスが無料で付いてきます。

◆プライオリティパスとは?

プライオリティパスとは、世界中(140カ国以上)にある1200カ所以上のビジネスクラスラウンジが無料で利用できるカードです。

プライオリティパスがあれば、エコノミーやLCCでも提携のラウンジが使えるようになります。

楽天プレミアムカードでは、今なら最大10,000円分のポイントがもらえる超お得なキャンペーンを期間限定でやっていて、実質無料でプライオリティーパスが手に入るので、旅行好きの人は入っておくといいですよ。

空港での待ち時間が快適に過ごせます。

◆楽天プレミアムカードの入会はこちらから⬇︎

◆チャンギ空港でプライオリティパスが使える全ラウンジはこちら⬇︎

チャンギ空港でプライオリティパスが使える全11ラウンジまとめ!

2019年5月24日