成田空港サクララウンジ(サテライト)を紹介!本館側との違いはある?

JALのビジネスクラスに乗る時の楽しみのひとつがラウンジ利用。

成田空港にあるJALサクララウンジは、本館側サテライト側にあります。

2つあると嬉しい反面、どちらを利用しようか迷っちゃったりしませんか?

そこで今回は、サテライト側にあるサクララウンジの気になる内部を詳しく紹介するとともに、『どちらも同じサクララウンジだけど、違いはあるの?』など気になる本館側との違いについても見ていきたいと思います。

◆本館側サクララウンジの記事についてはこちら⬇︎

成田空港【サクララウンジ(本館)】はJALを代表する旗艦ラウンジ

2018年11月2日

成田空港【サクララウンジ(サテライト側)】基本情報

まず初めに、サクララウンジ(サテライト側)の基本情報からお伝えします。

サクララウンジサテライト基本情報

  • 第2ターミナル制限エリア内
  • 営業時間 07:30〜11:00・15:00〜20:00
  • ビジネスクラスラウンジ
  • アルコール
  • ビジネスコーナー
  • マッサージチェア
  • 電源

サクララウンジサテライトの食事やお酒などは基本的は、本館側のサクララウンジと変わりません。

本館側との大きな違いは3つ。

本館側との違い

  • 営業時間
  • シャワールーム無し
  • 仮眠室無し

上記の3つが本館側との大きな違いです。

まず注意したいのが、営業時間。

本館側ラウンジリニューアル完了に伴い、営業時間が二部制となっています。

本館側にはあるシャワールームや仮眠室もありませんが、サテライト側は狭い分サービスがコンパクトになってしまうのは仕方ないところ。

サテライト側から出発する便に搭乗する場合に、時間までゆっくりするというような使い方がメインになるかと。

ここのラウンジにしかないサービスというのはないので、本館側からの出発の場合はわざわざ行くほどではありません。

営業時間・利用資格

サクララウンジサテライト営業時間

  • 07:30〜11:00・15:00〜20:00

営業時間は午前中と夕方から夜にかけての二部制。

サテライト側出発便に合わせて営業しています。

サクララウンジ(サテライト)の入室資格

  • JALファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • JALプレミアムエコノミー利用者(空港当日アップグレードでは利用不可)
  • エコノミークラスFlex Y運賃での利用者(韓国・グアム行は除く)
  • JALダイヤモンド、JGCプレミア、サファイア、JGC会員(同行者1名入室可)
  • ワンワールド便ファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • ワンワールドエメラルド・サファイア会員

上記いずれかの条件で利用可能となっています。

ラウンジの場所

成田空港サクララウンジ(サテライト)があるのは、第2ターミナル。

サテライト側サクララウンジへは、出国審査を通過後、正面の成田5番街を抜けてサテライト側への連絡通路へ。

連絡通路を通りサテライト側に到着したら、右へ曲がった目の前にあります。

イミグレーションを通過し、サテライト側サクララウンジまでは移動すること約10分の道のり。

動く歩道があるとはいえ、本館からここまで来るのはやっぱり遠い。

サテライト側からの出発便でなければ、ラウンジ利用するのを考えてしまう距離。

本館側と違うサービスはないので、サテライト側からの出発でなければ大人しく本館側でいいと思います。

ラウンジの受付はファーストクラスラウンジとサクララウンジ共用。

入り口横には入室条件が表示されているお馴染みの看板。

成田空港サテライト側サクララウンジレビュー

ラウンジ内の雰囲気

こちらがラウンジのレセプション。

レセプションの右側にはファーストクラスの絨毯が敷かれていますが、左側には絨毯無しと格差社会を感じます。

どこのエアラインもそうですけど、航空会社はめっちゃ格差社会です。ラウンジ、座席、カウンター、優先搭乗、優先保安検査などなど、全てにおいて差を付けていますよね。

世界にはエコノミーは詰め込み過ぎて奴隷船と呼ばれている青い航空会社もありますが、JALはエコノミーでもあまり格差を感じません。

受付を済ませて中に入ってみると、意外と広いですね。

サテライト側だと勝手に狭そうなイメージがあったんですが、全然広い。

奥までフロアが続いていて、このラウンジだけで成り立つくらい立派なビジネスラウンジですね。

ラウンジ内は、手前のラウンジフロア中央のダイニングフロア奥のラウンジフロアと、大きく分けて3つのフロアで構成されています。

この入り口近くのラウンジフロアは、滞在時間が短い時によさそうですね。

照明もいい感じの明るさで、暖色系の照明によって照らされたラウンジ内部は落ち着いた雰囲気で居心地がいいです。

各シート同士もゆとりを持って配置されているので、圧迫感もありません。

座席も様々なタイプのものがあるので、人数や用途に合わせて選べます。

奥へ進みラウンジ中央へ来ると、ダイニングフロアになっています。

ダイニングはこの後詳しく紹介するので、奥に進みましょう。

ダイニングの奥へ進むと、入り口近くと同じようなラウンジフロアとなっています。

入り口から遠い分、人の出入りが少ないので、搭乗時間までゆっくりできそう。

浅めのソファー席が多めなので、ふかふかなソファーに座るなら入り口近くの方がいいかもしれないですね。

窓側には明るいカウンター席もあります。滑走路は見えないので、景色はあんまりですが。

ダイニングフロアと食事

ではダイニングフロアも見てみましょう。

ダイニングフロアはラウンジ中央に位置しています。

席はカウンターが中心で、窓側と中央にカウンター席があります。

カウンター席横に飾ってあるお花が食事に華を添えますね。

いい感じの白いカウンターテーブル。

コンセントも付いているので、食事の間にスマホなどを充電できますね。

数は少ないですが、向かい合わせで座れるテーブル席もあります。

2人で食事するにはテーブルが少し小さく、位置も微妙な場所にあるので、個人的にはカウンター席の方がおすすめですね。

こちらがフード&ドリンクコーナー。

サラダ類は品揃え豊富ですね。ドレッシングも4種類から選べます。

普段肉ばかりの私なので、野菜が充実しているのはありがたいですね。

嬉しいことにサラダラップまでありましたよ!

焼売などのホットミールも用意されています。

個人的にオススメなのがこれ、生春巻きです。

こういったメニューってラウンジによってはパサパサしちゃったりするんですけど、サクララウンジのは結構本格的で美味しいです。

パン類はクロワッサンやマフィンなど何種類か置いてありますね。

他にはチーズやクラッカー、クッキーなどのおつまみ系も。

次はドリンクコーナーを紹介します。

コーヒーや紅茶、ジュースなどのソフトドリンクやアルコール類は一通り揃ってますね。

冷蔵庫の中には牛乳やスカイタイムの他に、トマトジュースや、オレンジ、りんご、グレープフルーツジュースなどが用意されていました。

アルコールも一通りあるので、好みで選べますね。

こちらはサッポロのビールサーバー。

ワインもスパークリングワイン、赤、白とあり、その日のオススメが紹介されています。

日本酒とともにしっかりと冷やされていて、美味しそう。

スピリッツやリキュールもこれだけ用意されていて種類も豊富なので、何飲もうか迷っちゃいますね。

ウイスキーも何種類か用意されている中から選べますし、泡盛とかまでありますからね。

サクララウンジといったら、やっぱりJALカレーですよね。

サテライトにも嬉しい事にありましたよ。

柔らかほろほろお肉が入ったビーフカレーはやっぱりめちゃウマです。全然辛くないから、誰でも食べれちゃいますね。

サラダ、生春巻き、焼売、たい焼きと、自分の好きなものだけ取ったらカオス状態。

でも全部美味い!

個人的にサクララウンジの食事で唯一残念なのが、スイーツが貧弱なところ。

ちょっとしたフルーツとたい焼き、クッキーくらいしかありません。これは甘党の私としては全然物足りません!やっぱりチョコレートとかケーキとかアイスクリームとかあると嬉しいんですけどね。

ラウンジ内の設備・サービス

続いてサクララウンジ内の設備関係を見ていきましょう。

まず入り口近くにあるのが、クローク。

出発まで手荷物をぶち込んでおけるので、これがあると荷物管理の煩わしさから開放されますね。

私は吸わないですけど、愛煙家の皆さまのためにスモーキングルームもあります。

あとはビジネスコーナーも。

独立したテーブルも用意されているので、PC作業に集中できそう。

仕切りが浅いので、視線はちょっと気になりそうですね。

一部パソコンが用意されている席もあります。

プリンターも用意されていて、印刷も無料でできます。

プリンターがあると、ホテルのバウチャーとかお店の地図とか印刷するのにとても便利。

続いて雑誌コーナー。

雑誌や新聞が綺麗に並べられていますね。

全ての席では無いですが、各座席にはコンセントやUSBポートが用意されているので、充電にも困りません。

海外に行く前にはフル充電しておきたいので、助かります。

ラウンジ奥にはマッサージ機も置いてあります。

カーテンで仕切られていて、照明も落とされているので、旅行前に疲れを癒せそう。

お手洗いもいい感じの雰囲気ですね。

サテライト側と本館側のサクララウンジとの違い

こんな感じのサテライト側サクララウンジですが、本館側との違いはあるのでしょうか?

ざっとまとめてみるとこんな感じですね。

本館側との違い

  • 営業時間が2部制
  • シャワーが無い
  • 仮眠室がない

なりよりも大きな違いとしては、サテライト側のサクララウンジにはシャワーが無いことです。

これは結構重要な点ですね。

もしサテライト側でシャワーを浴びたい場合は、ファーストクラスラウンジかカンタスラウンジにあります。

ファーストクラスラウンジの入室資格がある人はここを利用しないと思うので、現実的にはカンタスラウンジですね。

幸いカンタスラウンジはすぐ近くにあるので、十分利用可能。

成田カンタスラウンジレビュー!特徴やリニューアルの噂などもまとめて紹介

本館側と比べるとサテライトのサクララウンジはやや狭いですが、本館側が広すぎるだけなので全然充分な広さですし、場所的な影響もあって本館側よりも空いています。

まとめ

  • シャワーを浴びるなら本館
  • 出発がサテライト側ならおすすめ

出発がサテライト側の場合は本館側でシャワーだけ浴びちゃって、サテライト側でゆっくりするのがおススメです。

本館よりも空いてていいですよ。

ヒコ太郎のラウンジ採点!成田サクララウンジ(サテライト)は【52点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★★★★☆☆
  • 広さ ★★★★★★★★☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★★★★
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★★★☆☆☆
  • 混雑度 ★★★★★★★☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

成田空港JALサクララウンジは、47スター獲得で【52点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

成田空港サテライト側サクララウンジは本館側に負けず劣らずのラウンジです。本館側と比べてシャワーがない点で採点は下がってしまっていますが、サクララウンジという事でそのクオリティの高さは申し分ないですね。本館側は人の出入りが激しく混雑気味なのに対して、こちらのサテライト側の方は静かで落ち着きます。本館側から出発する場合はわざわざ利用するほどではありませんが、サテライト側から出発するならおすすめのラウンジです。

おわりに

シャワーがないこと以外、本館側のサクララウンジと同じクオリティーでしたね。

サテライト側から出発するなら、別のラウンジでシャワーを浴びて、こちらのラウンジでゆっくりしましょう。

ヒコ太郎
シャワー以外は文句なし!
◆成田空港にあるワンワールドラウンジについてまとめた記事はこちら⬇︎

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

2019年11月3日