成田カンタスラウンジレビュー!特徴やリニューアルの噂などもまとめて紹介

もともと2019~2020年ごろにリニューアル予定だった成田空港のカンタスラウンジ。

JALラウンジの大規模リニューアルにより、ワンワールド便利用者はJALラウンジ以外に回されたため、JAL以外のラウンジ需要が高まりカンタスラウンジの改修は延期となってしまいました。

結局そのままカンタスラウンジのリニューアルの話は立ち消えになってしまったので、成田のカンタスラウンジは古いまま。

ヒースローのカンタスラウンジが非常に良かったので、リニューアルを楽しみにしていたんですが、

ヒースロー空港カンタスラウンジはスイーツ男子(女子)におすすめ!

サテライト側から出発する人にとっては、たとえ古くても重要度が高いのがカンタスラウンジ。

ということで今回は、成田空港第2ターミナルにある『カンタス航空ラウンジ』を紹介したいと思います。

カンタス航空のラウンジ内部や設備、食事・ドリンクやシャワーなど、ラウンジ内の様子をお伝えしていきますので、カンタスラウンジを利用する際の参考にしてみてくださいね。

成田空港【カンタスラウンジ】基本情報

まず初めに、成田空港カンタスラウンジの基本情報からお伝えします。

カンタスラウンジ基本情報

  • 第2ターミナル制限エリア内
  • 営業時間 8:30~21:00
  • ビジネスクラスラウンジ
  • アルコール(オージーワイン豊富)
  • シャワールーム
  • ビジネスコーナー
  • 電源

カンタスラウンジの魅力は、なんといってもシャワーとオージーワイン。

サテライト側にあるビジネスクラスラウンジでシャワーを使えるのはこのカンタスラウンジのみなので、サテライト側から出発する便利用者にとっては使い勝手抜群。

サテライト側からの出発って意外と多いですからね。

食事は軽食中心なので、オージーワイン目当ての人にもおすすめのラウンジです。

営業時間・利用資格

カンタスラウンジ営業時間

  • 8:30〜21:30

朝早くから夜まで営業しているので、使い勝手はよさそうです。

カンタスラウンジ利用対象者

  • カンタス航空のファーストクラス・ビジネスクラスの搭乗客
  • ワンワールド加盟航空会社のファーストクラス・ビジネスクラス搭乗客
  • カンタス航空のマイレージプログラム・『カンタス・フリークエントフライヤー』の上級会員(ゴールド以上)
  • カンタスクラブ会員
  • ワンワールドエメラルド・サファイアメンバー

成田空港にあるカンタス航空ラウンジの利用対象者は上記の通りとなっています。

ラウンジの場所

カンタスラウンジがあるのは第2ターミナル制限エリア内です。サテライト側にあるのがポイント。

出国審査後、本館から中央の連絡通路を通ってサテライト側に向かい、サテライト到着後すぐ左にあるエスカレーターを2階に降りるとカンタスラウンジがあります。

カンタスラウンジに続くエスカレーターを降りるとラウンジの入り口があります。

カンタスラウンジの入り口はいたってシンプル。

カンタスラウンジはカンタス航空のラウンジですが、成田空港に自社ラウンジを持たない海外のエアラインのビジネスクラス搭乗者や上級会員にも場所を提供しており、成田空港のカンタスラウンジではフィンエアー・マレーシア航空・エアタヒチヌイ・フィジーエアウェイズの指定ラウンジにもなっています。

指定エアライン利用でなくても、ワンワールド系エアラインのビジネスクラス利用者や、JGCなどワンワールド系ラウンジ対象者なら入室可能。

それではさっそく成田空港第2ターミナルにあるカンタスラウンジを見てみましょう。

成田空港カンタスラウンジレビュー

ラウンジ内の雰囲気

レセプションもシンプルながら上品な雰囲気です。花が置いてあると雰囲気が明るくなりますね。

レセプションでは入室受付のほか、シャワー利用の受付もこちらで行います。

カンタスラウンジ内は、このように全体的に奥に長い感じのレイアウト。

壁側にある大きな窓のおかげでラウンジ内に光が差し込み、明るく開放的な雰囲気に。

広いラウンジ内に広がる大きな窓からは、スポットに駐機する飛行機がよく見えます。

カンタスラウンジでは、1つのフロアをいくつかのブースで区切るようなレイアウトとなっていて、このような感じのスペースがいくつかあります。

床にはカーペットが敷かれているので、ラウンジというよりもちょっとした部屋みたいな感じですね。

これ、なんというか家にいるようなリラックス感があります。

オレンジのソファーに青いソファー、ブラウンのカーペットって色使いどうなの?って思ってしまいますが、結構合うんですね。

壁の模様は和を意識しているんですかね?なかなか特徴的な壁の仕上がりです。

こちらの椅子はというと、あまり長時間座るのには向かなそうな椅子ですね。

カンタス便自体が少なく、さらにラウンジがターミナル奥のサテライト側にあることもあって、カンタスラウンジはいつも比較的空いています。

いつも混雑しているサクララウンジとは雲泥の差ですね。

続いて食事、ドリンク関係を紹介していきます。

ダイニングの食事・ドリンク

成田空港・カンタスラウンジのミールコーナーはどちらかというと軽食中心

オーダー式のアラカルトメニューはなく、ブッフェスタイルのメニューのみです。

メインになりそうなのは、焼きおにぎりとパンくらい。

スモークチーズ、煮物、サラダやピクルス、ハムなど。

小腹を満たしたり、おつまみ中心のラインナップ。

パンは2種類ほど。

マフィンも3種類ほどあるので、お好みでどうぞ。

スープは1種類でこの日はコーンスープでした。しっかり温めてあるので、アツアツです。

あとはおかきと、ポテトチップス。バナナなどのフルーツも少しありました。

軽食中心というか、必要最低限といったほうがしっくりくるかもしれません。

ラウンジで食事を済ませようと考えている方は、同じワンワールド系のJALサクララウンジや、アメリカン航空アドミラルズクラブなどで食べるのがいいと思います。

アメリカン航空のアドミラルズクラブは、朝食時間はJALのサクララウンジのメニューを一部提供しており、本格的な和朝食(炊き立てご飯やたらこ、焼き鮭、玉子焼き、みそ汁など)を食べることができるのでおすすめですよ。

続いてドリンクの方も見てみましょう。

ラウンジでお馴染みのコーヒーマシン。1杯ごとに豆を挽いてくれるスタイルですね。

冷蔵庫の中にはトロピカーナやオランジーナ、トマトジュースなど。

缶ビールはプレモルとスーパードライですね。

ビールは缶ビールの他にサーバーもあるので、お好みでどうぞ。

ビールサーバーはキリンですね。ちなみに私は缶ビール派です。

日本にあるラウンジということもあって、日本酒も少し置いてあります。

ラウンジ中央付近の部屋にはお酒中心のドリンクコーナーもありますよ。

こちらのコーナーではビール、リキュール、各種スピリッツやワインなどが揃っています。

種類は多くはありませんが、一通りありますね。

続いてワインコーナー。

カンタスラウンジということで、オージーワインが揃っています。

トイスナーネペンスイエリングステーションジェイコブス・クリークなど、オーストラリアを代表するワインが色々と選び放題。2000円クラスのワインが中心ですが、私は高いワインでも違いがわからないので、これで充分です。

ラウンジ内の設備・サービス

成田のカンタスラウンジには、ありがたいことにシャワーがあります。

こちらのカンタスラウンジのシャワーは特に女性におすすめ

シャワールームを利用するときは、ラウンジ入口にあるレセプションで受付を行います。

シャワールームに続く廊下では、ウッド調の壁にシンプルな絵が間接照明に照らされて、まるでホテルのような雰囲気。

シャワールームに入ると中はそこそこ広いです。

中には洗面台にトイレ、シャワーがあり、一般的なラウンジと同じ作りですね。

若干古さが気になりますが、清掃は行き届いており清潔です。

シャワーヘッドはハンドタイプのものが一つだけと、シンプルなシャワールーム。

決して新しいとは言えず、シャワーもハンドタイプのみと、どこが女性におすすめなの?って感じですが、その理由はこれ。

シャンプーなどのアメニティーが『ジュリーク』なんです。

ジュリークはオーストラリアで産まれたブランドで、オーガニックにこだわったブランドということで、好きな人も多いですよね。

実際に使ってみると、ノーブランドのアメニティとは全然違いました。

香りがいいのはもちろんなんですが、流した後も肌がしっとりするんですよね。しっとり感、香りがしっかりと残るので、シャワーを出た後もサッパリ感が続きます。

シャワーの設備は若干古いですが、シャワーを出た後の満足感は高いですね。

ラウンジ内の窓側カウンター席には、ワークスペースも。

電源、パソコンがあるので、ちょっとした調べ物や作業もできます。

パソコンはなんとiMac!ガラガラのラウンジだけあって、誰も使っている人はいませんでした。

コピー機もあるので、無料で印刷も可能。

ちなみにラウンジのパソコンとコピー機は接続されていないため、何かを印刷するにはスマホなどからBluetoothで飛ばす必要があります。

ヒコ太郎のラウンジ採点 カンタスラウンジは【44点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点で申し訳ありません。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 広さ ★★★★★☆☆☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★★★★☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★☆☆☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★★☆☆☆☆
  • 混雑度 ★★★★★★★★★☆
  • ラウンジ独自のサービス ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カンタス航空ラウンジは、40スター獲得で【44点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

カンタスラウンジは雰囲気や広さは特に普通のラウンジ。しかしシャワーはジュリークのアメニティーを使用していたり、清潔感もあって高ポイント。ドリンクは比較的揃っていて、特にオージーワインが色々と飲めるのもいいところ。食事に関しては軽食中心なので、あまり期待はできません。

おわりに

成田にあるラウンジの中ではシンプルなカンタスラウンジですが、ジュリークのアメニティーがあるシャワーや、オージーワインが置いてあるのが嬉しいですね。

リニューアルがなくなってしまったのは残念ですが、サテライト側でシャワーが使えるビジネスクラスラウンジはカンタスラウンジだけなので、重要度は高いラウンジ。

カンタスラウンジは、サテライト側でシャワーを浴びたい時アルコールを飲みたい人混雑したラウンジが嫌いな人に特におすすめですね。

ヒコ太郎

存在感の薄い穴場ラウンジ!

◆成田空港にあるワンワールドラウンジについてまとめた記事はこちら⬇︎

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

2019年11月3日