【嘉数高台公園】普天間基地を一望できる激戦の爪痕が残る公園

テレビなどで普天間基地を取り上げられる際に必ず見るのが、高台から普天間基地を見下ろす映像じゃないでしょうか。

それが見られるのが、「嘉数高台(かかずたかだい)公園」。

かつては第70高地として沖縄戦において激戦が繰り広げられた地で、園内には今なお激戦の爪痕が残っています。

長い階段を上った先にある世界平和を願う地球の形をした展望台からは、美しい宜野湾の街並みと普天間基地が一望できました。

嘉数高台公園の基本情報

駐車場 あり
駐車料金 無料
公園施設 トイレ、自動販売機、ベンチ、遊具、展望台、戦跡
住所 〒901-2226 沖縄県宜野湾市嘉数1-6-15

嘉数高台公園は沖縄県本島中部の宜野湾市にある公園。沖縄戦において激戦が繰り広げられた場所で、園内にはトーチカ、陣地壕、弾痕などが残っています。長い階段の先にある地球儀形の展望台は普天間基地を見渡せる場所として有名で、基地を離発着するオスプレイなどの米軍機を見学できる場所としても人気があります。

アクセス

〒901-2226 沖縄県宜野湾市嘉数1-6-15

公園内の紹介

嘉数高台公園は宜野湾市の住宅街の一角にあります。大きな通りから離れた場所にあり、行き方が少し難しいので、先ほど紹介したgooglemapのナビを活用してください。

大きな公園ですが、駐車場は少し狭め。車を停めると目の前に公園の入り口があります。ちょっとした遊具などもありますが、人も少なくのんびりとした雰囲気。

正面の階段にある階段は陣地壕や展望台へと続いています。

公園内にはハブに注意の立て看板も。

トイレと自動販売機は入り口横と展望台下にあります。

公園内に残る激戦の跡

こちらは階段正面にあった弾痕の残る壁。

今でこそ綺麗に整備された嘉数高台公園ですが、実はここは沖縄戦において、嘉数高地として前田高地とともに激しい戦いが繰り広げられました。

公園内には至る所に戦いの跡が残っています。

展望台へ続く階段の途中には陣地壕やトーチカが点在しています。

草に覆われた一角に陣地壕のひとつがひっそりとありました。

階段を登っていくとトーチカの跡も残っています。

こちらがトーチカの跡。一部破損していますが、コンクリートで作られた強固な防御陣地なので、陣地壕と比べると今もその形がしっかりと残っています。

銃眼付近のコンクリートに残る弾痕が戦いの激しさを物語っていました。

展望台からの景色

長い階段を登り切ると、目の前に見えてくるのが展望台。地球の型をした展望台は平和への願いが込められています。

地球儀の足元にある階段から展望台に登っていきます。

長い階段を登ったあとなのでちょっときついですが、あともう少し!

こちらが3階(最上階)の展望台の様子。2階と3階がありますが、眺望はそんなに変わりません。

展望台からは360度一望できるので開放感は抜群。フロアには石造りのベンチや普天間基地の解説などが設置されています。展望台の下にはトイレと自販機もあり。

解説ボードでは普天間基地の概要や常駐機、過去の事故や基地の歴史、今後の活用方法などが解説されています。これが結構詳しく解説されているので、読んでて勉強になりました。

展望台からの眺望は抜群で、西の方を眺めると海まで見渡せます。海の上を通る西海岸道路もよく見えますね。

北側は普天間基地はもちろんのこと、視程のいい日は遥か遠くの嘉手納基地まで見ることができました。

展望台からは普天間基地を一望

北側を向くとどかんとあるのが普天間基地。

広大な普天間基地ですが、基地周辺からは木や盛土に邪魔をされて基地の中を見渡せる場所は意外と無いんですよね。そんな普天間基地の中の様子が見れるのがここの展望台。

ここであればエプロンに並んだ航空機や滑走路もよく見えるので、離発着する航空機など基地全体の様子が確認できます。

離発着する航空機が見学できる

普天間基地の中の様子を見るならここが一番。離発着する航空機を上から見学できるとあって、嘉数高台公園は航空ファンにも人気の場所となっています。

南からの風の場合、離陸した航空機はこちらに向かって飛んできます。

普天間基地で見学できるのはヘリコプターなどの回転翼機がメイン。

基地までは結構距離がありますが、離陸した航空機が展望台の近くを飛んでいくと迫力があります。

撮影の目安として基地内を撮るには1000ミリ程度、展望台近くを飛行する航空機を狙うには500ミリ程度の焦点距離が必要です。

エプロンから滑走路へ向かうオスプレイ

何かと話題のオスプレイですが、その理由のひとつはその独特な飛行方法ですよね。ヘリコプターのように垂直離陸を行い、上空では飛行機モードへ転換して飛行機のように飛んでいく珍しい航空機。ここの展望台に登れば、オスプレイがエプロンから滑走路へタキシングする様子だけでなく、離陸してから飛行モードが変わるまでの一連の流れを見学することができます。

嘉数高台公園まとめ

普天間基地を見学するなら、嘉数高台公園が一番のスポット。

那覇市内からも車で30分ほどで行けるので、ぜひ一度足を運んでみてください。

【沖縄】普天間飛行場(MCAS FUTENMA)飛行機撮影スポット

2021年2月15日

この記事を気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです⬇︎