嘉手納『シーサイド』アメリカンな雰囲気満点の米軍レストラン

ヒコ太郎
日本にいながらアメリカ気分を味わえる米軍向けレストラン

嘉手納にある米軍向けレストラン、「シーサイド(SEASIDE RESTAURANT)」に行ってきました。

シーサイドは米軍専用施設の嘉手納マリーナ内にあるレストランですが、レストランのみ日本人も利用可能。パスポートや身分証も要らずで気軽に入れる日本の中のアメリカンなお店でした。

嘉手納にある米軍レストラン「シーサイド」

レストラン情報

住所 沖縄県中頭郡嘉手納町字野国 嘉手納マリーナ
アクセス 那覇市内から車で約30分
営業時間 月〜木 11:00-21:00、金 11:00-22:00、土 9:00-22:00、日 9:00-2-:00
ドレスコード なし
予約・問い合わせ ☎︎036-868-2213
webサイト SEASIDE RESTAURANT

アクセス方法(地図・ルート)

〒904-0200 沖縄県中頭郡嘉手納町字野国 嘉手納マリーナ 那覇市内から車で約30分。

シーサイドレストランは那覇市内から車で約30分ほど。那覇市内から国道58号線を北上し、嘉手納方面へ。

砂辺交差点を過ぎ、右側に嘉手納基地のフェンスが見えてきたらもうすぐです。シーサイドレストランは嘉手納マリーナ内にありますが、入り口が少しわかりづらく、通り過ぎるとなかなかUターンもできないのでちょっと注意。

右手に嘉手納基地のフェンスを見ながら国道58号線を北へ進んでいくと、左側に「KADENA MARINA SEASIDE いらっしゃいませ」の看板が見えてくるのでここで左折。

シーサイド外観

奥に進むと嘉手納マリーナに到着。嘉手納マリーナは米軍専用施設で、マリーナやビーチなどが整備されています。

その一角にあるのが「シーサイド」レストラン。嘉手納マリーナで唯一日本人も利用可能な施設です。

海に面したロケーションで、アメリカの西海岸みたいな雰囲気。

イルカと熱帯魚のモニュメントがゲストを迎えてくれます。

モニュメントの奥にあるテラス席は海に面しており眺めが良さそう。期待が高まりますね。

こちらがシーサイドの入り口。日本語の案内は一切なく、アメリカに来たような感覚になりますね。

シーサイド店内

入店すると、スタッフの方が英語で声を掛けてきます。英語が話せないと一瞬焦りますが、こちらが日本人だとわかると日本語で対応してくれるので安心してください。

人数や希望の席を伝えると、スタッフの方が席まで案内してくれます。席は屋内席とテラス席がありますが、新型コロナウイルスが流行している間は店内席は利用不可となっていました。

入り口には大きな水槽があり、沖縄近海で見られる熱帯魚が泳いでいました。

Luna lionfish

Luna lionfish

おすすめはテラス席

シーサイドは海沿いにある最高のロケーション。店内席もありますが、おすすめは断然海を眺めながら食事ができるテラス席です。

テラス席は2人用から4人用まで色々とあるので、1人でもカップルでもファミリーでも。

テラス席はマリーナビューで、美しい海を眺めながらゆったりと食事が楽しめます。この景色を眺めながら食事ができると思うと最高の気分ですね。

またタイミングが合えば、嘉手納基地に着陸する飛行機も間近に眺められます。

シーサイドの利用者は3割くらいが日本人といった感じなので、日本の方でもアウェー感はあまり感じません。

シーサイドを訪れるなら、おすすめはサンセットタイム。沖縄の海に沈む美しい夕陽をぜび楽しんでください。

メニュー(食事・ドリンク)一覧

テーブルに着くとスタッフの方がメニューを持ってきてくれます。料理は簡単なハンバーガーからステーキまで色々と楽しめます。お酒の種類も豊富で、カクテルからビール、ワインなど色々とあります。特にカクテルの種類はトロピカルなものも含めて豊富。

ドレスコードのないカジュアルなレストランなので、このロケーションでありながら料金は非常に良心的。メニューには日本語も書いてあるのが嬉しいですね。

ちなみに料金は全てドル表記。

クラシックチーズバーガー

今回は1人利用だったので、サクッとチーズバーガーとドクターペッパーを注文。お酒の種類も豊富なので、車利用でなければ本当はお酒を注文したかったところですが…。

こちらがクラシックチーズバーガー。マッ◯のチーズバーガーの5倍はあろうかというアメリカンなサイズでボリューム満点。

肉汁たっぷりジューシーな肉厚のパテと濃厚なチーズが相性抜群でした。手で掴んで食べるには大きすぎるのでナイフとフォークが必須。付け合わせのポテトもたっぷりで充分なボリュームでした。

席に座った目線だと、こんな感じで海を眺めながら食事ができます。

今回はお酒を飲めなかったのでドリンクはドクターペッパーを注文しました。おかわりも無料で、しかもデキャンタ。これで1.75ドル(約200円)!

食後には温かいコーヒーをいただき、西に沈む太陽を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができました。

お会計方法(要チップ)

シーサイドはテーブル会計です。食事が済んだらスタッフに伝えると伝票を持ってきてくれます。お会計ももちろんドル表記。

支払い方法は現金かクレジットカードです。

支払いには一応日本円も使えますが、お釣りはドルで返ってくるので、クレジットカードで支払うのがおすすめ。

伝票にはチップの記入欄があるので、料金の15〜20%ほどをチップとして記入しましょう。

例えばお会計が25.25ドルであれば、チップ欄に4.75と記入し、合計欄に30ドルと書くような感じですね!

シーサイドを利用する際の注意点

最後にシーサイドを利用する際、

「これだけ押さえておけば大丈夫!」という注意点をまとめると、

シーサイドを利用する時の注意点
  • ドレスコードは無し
  • お会計はテーブル会計
  • 支払いは現金またはクレジットカード(クレカがおすすめ)
  • 日本円も使えるけどお釣りはドル
  • チップが必要(15〜20%程度)

これだけ覚えておけば、初めてでも安心して利用できると思います。

シーサイドレストランまとめ

シーサイドは気軽にアメリカ気分が味わえるだけでなく、ロケーションも料理も最高のレストランでした。

特にサンセットタイムは本当に素敵な景色なので、沖縄旅行に行った際はぜひ一度利用してみてください。

【沖縄】嘉手納基地飛行機撮影スポット

2021年2月4日

『道の駅かでな』は嘉手納基地を一望できるNo1ビュースポット

2021年1月22日

この記事を気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです⬇︎