羽田空港国内線サクララウンジレビュー。北側と南側の違いと特徴まとめ

羽田空港第1ターミナルにあるサクララウンジ。

全国にある国内線サクララウンジの中でも、今回紹介する羽田空港国内線サクララウンジは、シャワーも使えてかなり快適。

第1ターミナル内に2つある国内線サクララウンジですが、それぞれの違いも見えてきました。

国内線サクララウンジのある空港

JALを代表するラウンジといえばサクララウンジという事で、全国には14空港に国内線用のサクララウンジがあります。

中でも1つの空港に2つの国内線サクララウンジがあるのは、今回紹介する羽田空港と那覇空港だけ。

那覇空港JALラウンジまとめ。各ラウンジの特徴と違いについて紹介

那覇空港JALラウンジまとめ。各ラウンジの特徴と違いについて紹介

2020年1月12日

サクララウンジよりも上のダイヤモンドプレミアラウンジともなると、日本にわずか5か所しかありません。

ダイヤモンドプレミアラウンジのある空港は、

DPラウンジ設置空港
の5か所のみ。

国内線ファーストクラス便の設定がある基幹空港のみに設置されています。

国際線にもサクララウンジがありますが、同じ名前でも国内線と国際線では全く別のラウンジ。

国際線サクララウンジは、国内線と違って設置されている空港も少ないです。

国際線サクララウンジ設置空港

サクララウンジの基本情報

まず羽田空港第1ターミナルにある国内線サクララウンジの基本情報について。

ラウンジ基本情報

  • 第1ターミナル制限エリア内
  • 営業時間 5:30〜最終便出発まで(北側5:15〜最終便出発まで(南側
  • 3,000円で誰でも利用可能(HPで事前予約が必要)
  • ソフトドリンク
  • アルコール
  • おつまみ
  • シャワールーム6:30~
  • キッズルーム(こどもラウンジ)
  • 専用出口
  • マッサージ機
  • コピー機
  • コンセント & USB電源

羽田空港国内線のサクララウンジは、全国にある国内線サクララウンジの中でも最も充実したラウンジサービスが受けられます。

特に嬉しいのがシャワールーム。

シャワールームが無料で使えるので、仕事終わりや夏場などは助かります。

国内線でシャワールームが使えるのは、羽田空港と成田空港だけ

ANAの場合、シャワーがあるのはANAスイートラウンジだけなんですよね。

サクララウンジに相当するANAラウンジにはシャワールームがないので、サクララウンジでシャワールームが使えるのは大きなメリットです。

カードラウンジと違って、お酒が無料で飲み放題なのも嬉しい点。

成田空港の場合、カードラウンジでも1杯無料でお酒が楽しめますが、

成田空港第2ターミナルにあるカードラウンジ【IASS Executive Lounge】を紹介

成田空港第2ターミナルのカードラウンジ【IASSラウンジ】レビュー

2018年10月29日

基本的にカードラウンジは、お酒は有料。

羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジも、お酒は有料です。

羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジまとめ。各ラウンジの特徴と違い

羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジまとめ。各ラウンジの特徴と違い

2020年1月20日

ラウンジ営業時間

羽田空港第1ターミナルには、サクララウンジが2か所北ウイング南ウイング)あります。

北と南では、ラウンジオープンの時間が15分ほど違う点に注意。

サクララウンジ営業時間
  • 北ウイング 5:30〜最終便出発まで
  • 南ウイング 5:15〜最終便出発まで
北ウイングと南ウイングで営業開始時間が違うのは、保安検査場のオープン時間が北ウイングと南ウイングで異なるため。
保安検査場オープン時間
  • 北ウイング保安検査場 5:30〜20:00
  • 南ウイング保安検査場 5:15〜20:00

保安検査場の時間に合わせて、ラウンジ営業時間も北と南で変わっています。

ラウンジ利用資格

次に羽田空港国内線のサクララウンジの入室資格について。

ラウンジ入室資格

  • JAL国内線ファーストクラスで出発、またはそれに当日乗り継ぐ人
  • JAL国際線ファースト・ビジネスクラスから、またはそれに翌日6時までに乗り継ぐ人
  • JAL上級会員(サファイア以上)
  • JALクリスタル会員でラウンジクーポン利用
  • oneworldエメラルド・サファイア会員
  • 有償利用(3,000円、要事前予約)

サクララウンジ入室資格は上記の通り。

基本的にはほかの国内線サクララウンジと利用条件は変わらないんですが、

羽田空港国内線のみ、3,000円支払えば誰でもサクララウンジを利用することができるという点が特徴のひとつ。

シャワーが無料で使えてビールも飲み放題と考えれば、悪くはないんじゃないでしょうか。

有償で利用する場合は、事前にJALの公式サイトで予約が必要です。

サクララウンジの場所

サクララウンジがあるのは、北ウイングと南ウイングの2か所。

どちらも制限エリア内の保安検査場すぐ近くにあり、北ウイングなら保安検査場Fの近く、南ウイングなら保安検査場Cの近くです。

JGCやJALサファイア以上の上級会員の場合、通常の保安検査場を利用する必要はなく

JALグローバルクラブ専用の保安検査場を利用できます。

JALグローバルクラブ専用の保安検査場があるのは、北側・南側ともにJALグローバルクラブカウンターの横あたり。

専用保安検査場なので、保安検査で待たされるストレスがありません。

JGC保安検査を抜けると、ラウンジへ続く入り口が隣にあります。

ファーストクラス専用保安検査場と違ってラウンジに直結ではありませんが、ほぼ直結のようなものなのでスムーズです。

サクララウンジ、ダイヤモンドプレミアラウンジは同じ場所にあり、レセプションも共用。

ファーストクラス専用保安検査場からやってきたダイヤモンドプレミアラウンジ利用者とは、ここで合流します。

ラウンジレセプションへ続くエスカレーター。

DPラウンジと共用のラウンジレセプション。

レセプションに着いたら、ICカードやチケットを端末にタッチして受付。

北ウイングだと左側、南ウイングだと右側がサクララウンジです。

北側と南側のサクララウンジの違い

北側と南側のサクララウンジは、このようにほぼ左右対象になっており、設備やラウンジサービスは全く同じ。

北側と南側の主な違いとしては、

北ウイング 南ウイング
営業時間 5:30〜最終便まで 5:15〜最終便まで
席数 390席 350席

このように北側と南側では席数が違い、北側は390席に対して、南側は350席と少しだけ狭くなっています。

とはいっても北と南の違いはそれくらいで、あとは営業開始時間が15分違うくらい。

シャワー、キッズルーム、マッサージ機、コピー機などの設備関係は両ラウンジにあり、全く同じ。

ビールなどお酒のラインナップ、ソフトドリンク、スナックなども全く同じメニューなので、搭乗口に近い方を利用すれば問題ありません。

ダイヤモンドプレミアラウンジとの違い

羽田空港国内線にはサクララウンジの他に、ダイヤモンドプレミア会員やファーストクラス利用者向けのダイヤモンド・プレミアラウンジもあります。

羽田空港ダイヤモンド・プレミアラウンジレビュー。北側と南側の違いと特徴

羽田空港ダイヤモンド・プレミアラウンジレビュー。北側と南側の違いと特徴

2020年1月27日

似ている2つのラウンジですが、国内線サクララウンジとダイヤモンドプレミアラウンジとの大きな違いは4つ。

軽食の有無ドリンクのラインナップキッズルーム(こどもラウンジ)、秘密の出口

DPラウンジでは、パンやおにぎり、スープなどの軽食が提供されていますが、

サクララウンジは残念ながら、あられミックスのみ。

国内線サクララウンジでも、那覇空港などのようにチョコレートが提供されているラウンジなども一部にはありますが、

那覇空港【サクララウンジ アネックス】は生チョコレートもある超穴場ラウンジ

那覇空港【サクララウンジ アネックス】は生チョコレートもある超穴場ラウンジ

2020年1月9日

基本的には国内線のサクララウンジでは、あられのみしかありません。

サクララウンジ(国内線)とDPラウンジでは、お酒のラインナップも違います。

ビールやウイスキーのランクが下がったり、焼酎が無かったり。

ただしキッズルーム(こどもラウンジ)はサクララウンジにしかないため、子連れでの利用はサクララウンジに軍配が上がります。

ダイヤモンド・プレミアラウンジにはキッズルームはありませんでしたが、

サクララウンジにはこどもラウンジがあるので、子連れ旅行にも優しいです。

サクララウンジの特徴まとめ
  • 軽食はあられミックスのみ
  • お酒(ビール、ウイスキー)
  • こどもラウンジ(キッズルーム)
  • 秘密の出口
  • ブースタイプの席
  • コピー機

サクララウンジの雰囲気

サクララウンジに入室すると正面にある桜を描いたアート作品。

ダイヤモンドプレミアラウンジでは松のオブジェでしたが、サクララウンジは桜のアート。

サクララウンジのラウンジエリア。

こちらは北ウイングのサクララウンジ内。

入り口近くは1人がけのソファーが多く並ぶラウンジエリア。

こちらは南ウイングのサクララウンジ。

全体的にブラウンカラーで落ち着いていて、雰囲気的にはダイヤモンドプレミアラウンジと変わりません。

1人掛けのソファー。

カウンター席は、大きな窓から空港内を見渡すことができる特等席。

目の前にはA滑走路があるので、駐機しているJALの飛行機や、離着陸する飛行機の眺めを楽しめます。

タキシングするJALの新鋭機A350-900。

A滑走路に着陸したANAの737-800。

北側サクララウンジの奥にある1人掛け用の席。

奥の方にあるため、いつも空いています。

南側サクララウンジの奥にある席。

こちらも奥の方にあるため、ほとんど人のいない穴場の席です。

サクララウンジ内のダイニングエリア。

食事向けのテーブル席が並んでいて、奥のカウンターでは飲み物やおつまみが提供されています。

北側にあるバーエリア。

ダイニングと同じように、バーカウンターにはドリンクやおつまみが。

南側サクララウンジのバーエリア。

壁側にデスクが並ぶライブラリー。

左右に仕切りがあって仕事に集中できるこの席は、サクララウンジの中でも人気の席。

サクララウンジのダイニング

サクララウンジにあるダイニングエリア。

テーブル席を中心として、窓側にはカウンター席も。

こちらは南側にあるダイニング。

ダイニングといっても提供されている食べ物はあられミックスだけですけどね。

飲食物の持ち込みもOKなので、お弁当とかを買ってきて食べるのもあり。

ドリンクやおつまみは、こちらのカウンターで。

軽食メニュー

サクララウンジで提供されている食べ物は、あられミックス。あとは飴。

軽食というよりもおつまみですね。

全く無いよりはあった方が嬉しいですが、ちょっと寂しいですね。

ソフトドリンクメニュー

冷蔵庫の中には、トマトジュース、ミネラルウォーター、牛乳。

ダイヤモンドプレミアラウンジにはあったポカリスエットはありません。

ソフトドリンクマシン。

ジョージスチュアートティーの紅茶はダイヤモンドプレミアラウンジと同じ。

エスプレッソマシン。

アルコールメニュー

全国にある国内線サクララウンジの中でも、特に羽田空港にあるサクララウンジはビールの種類が多い。

その数なんと4種類。

日本の4大ブランドのビールが揃ってます。

ビールの種類
  • モルツ(サントリー)
  • 黒ラベル(サッポロ)
  • 一番搾り(キリン)
  • スーパードライ(アサヒ)

ウイスキーはローヤル。

サクララウンジのシャワー

空港ラウンジの中でも特にニーズがあるのがシャワールーム。

羽田空港サクララウンジでは、シャワーが使えます。

ちなみにJALの国内線ラウンジでシャワーがあるのは、羽田と成田のみ。

伊丹や福岡、那覇など、ニーズがありそうな場所にもシャワーは無いんですよね。

シャワールームはDPラウンジと共用となっており、北側・南側どちらにもあります。

シャワーを利用する場合は、ラウンジレセプションで受付します。

ラウンジは朝5時台からオープンしていますが、シャワーの受付時間は6:30からなので、早朝で利用を考えている方は注意しましょう。

受付時に、歯ブラシや髭剃りなど、必要なアメニティーが選べます。

シャワーブースは5か所以上あったので、待つ心配はほとんどありません。

シャワールームの作りは北も南も同じで、ホテルのシャワールームのような快適な空間。

洗面台や荷物置き場はありますが、トイレはありません。

シャワールームにあるアメニティーは、ドライヤーと綿棒、紙コップくらいなので、歯ブラシなど必要なものはレセプションで。

シャワーヘッドは、オーバーヘッドシャワーとハンドシャワーの2種類。

水圧、温度ともにバッチリ。

アメニティーのブランドはプレディアで、シャンプー、コンディショナー、ボディソープの3つ。

こどもラウンジ(キッズルーム)

サクララウンジにはこどもラウンジという名のキッズルームがあります。

DPラウンジにはない設備で、子連れには嬉しいサービス。

こどもラウンジ内。

あまり広くはないんですが、奥には遊ばせられるスペースもあります。

こどもラウンジ内にある絵本。

サクララウンジその他の設備

新聞・雑誌コーナー。

コンセントとUSB電源。

ラウンジの奥には、プライベート感のあるブース席や足を伸ばせる席、マッサージ機など、よりリラックスできる空間になっています。

まずはこちらのブース席。

周りが仕切られていて半個室風なので、一人で落ち着きたい時におすすめの席。

オットマンがあり、足を伸ばして座れるソファー席。

照明も暗めなのがいいですね。

マッサージ機もあります。

ラウンジ入り口近くには喫煙ルームもあり。

ラウンジ内のトイレも綺麗。

サクララウンジ秘密の出口

サクララウンジ内には、搭乗口に向かうための出口専用エスカレーターがあります。

北側、南側どちらにもあり、こちらは北側サクララウンジの出口。

これはダイヤモンドプレミアラウンジにも無いサクララウンジだけの設備です。

レセプションを通らずに直接搭乗口へ向かうことができるので便利なんですが、隠し扉みたいな場所から出てくるので、秘密の出口感たっぷり。

搭乗口へ向かうエスカレーター。

16番搭乗口の近くにあるこんな扉から出てきます。

ラウンジにつながるエスカレーターがあるなんて思わないですよね。

こちらは南側サクララウンジにある秘密の出口。

南側にあるサクララウンジ出口の扉。

9番ゲートと10番ゲートの間、ちょうどタリーズの目の前あたりに出てきます。

ヒコ太郎のラウンジ採点。羽田空港国内線サクララウンジは【46点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 広さ ★★★★★★★☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★★★★★★☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★★★☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • 混雑度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★★☆☆☆☆☆☆☆

羽田空港国内線サクララウンジは、41スター獲得で【46点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

羽田空港サクララウンジは、DPラウンジと共用のシャワーやトイレがホテル並みに綺麗なのが高ポイント。ラウンジ面積もDPラウンジよりも広いため、あまり混雑していないところもいいところ。

羽田空港国内線サクララウンジまとめ

羽田空港国内線サクララウンジは、全国にあるサクララウンジの中でもシャワーを使えるのが一番のメリット。

ただし国内線とはいえ、食べ物があられしかないのはちょっと残念なところ。

クレジットカードのゴールド以上を所有しているなら、早朝時間帯はカードラウンジでクロワッサンの提供があるので、カードラウンジもおすすめ。

羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジまとめ。各ラウンジの特徴と違い

羽田空港第1ターミナルにあるカードラウンジまとめ。各ラウンジの特徴と違い

2020年1月20日

羽田空港国内線のサクララウンジは、3,000円支払えば誰でも利用できるというのはメリットでもありますが、プレミアム感はありません。

やはりJGCなどのステータスの威力が発揮されるのは、やっぱり国際線のラウンジを利用してこそ。

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全7ラウンジの特徴と魅力

成田国際空港ワンワールドラウンジまとめ!全6ラウンジの特徴と魅力

2019年11月3日

国際線のサクララウンジは有料では入れないですし、JAL名物の特製ビーフカレーを含めてがっつり食事が楽しめます。

成田空港【サクララウンジ(本館)】はJALを代表する旗艦ラウンジ

成田空港【サクララウンジ(本館)】はJALを代表する旗艦ラウンジ

2018年11月2日

修行でもお馴染みのシンガポールなら、キャセイやカンタスラウンジでアラカルトメニューまで楽しめますからね。

チャンギ空港にあるワンワールドラウンジを全部紹介。各ラウンジの特徴まとめ

チャンギ空港にあるワンワールドラウンジを全部紹介。各ラウンジの特徴まとめ

2019年8月20日

この記事を気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです⬇︎