羽田空港キャセイパシフィックラウンジの内部をレポート!バーで飲めるオリジナルカクテルも

羽田空港国際線ターミナルにはワンワールドのラウンジがいくつかあります。

中でもキャセイパシフィックラウンジはラウンジ内にバーカウンターがあり、オリジナルカクテルも飲めるとてもお洒落なラウンジです。

旅行前からバーカウンターでカクテルを飲めるなんて、なかなか素敵ですよね!

今回は羽田空港国際線ターミナルにあるラウンジ『キャセイパシフィックラウンジ』を紹介したいと思います。

キャセイパシフィックラウンジの中の様子、設備、食事、そしてお洒落なバーカウンターで飲めるオリジナルカクテルはどんなものなのか?気になるキャセイパシフィックラウンジの全貌をご紹介します!

羽田空港キャセイパシフィックラウンジの内部をレポート

ワンワールドのラウンジの中でも、特に評価が高いのがキャセイパシフィックラウンジ。

羽田空港のキャセイパシフィックラウンジも素敵な空間が広がっていました。

まるでホテルのクラブラウンジかと思うほどのお洒落空間、そして食事、お酒も大満足のキャセイパシフィックラウンジ、さっそくその内部を紹介していきます。

まるでホテルのクラブフロア!羽田空港キャセイパシフィックラウンジはインテリアが素敵なラウンジ

出国審査を済ませたら左へ進み、114番ゲートの先を行くと、左側にこちらのエスカレーターが見えてきます。

キャセイパシフィックラウンジはこちらの6階にあります。

6階に上がると目の前にあるこちらが、キャセイパシフィックラウンジの入り口。

ゴールドに輝く『CATHAY PACIFIC』の文字がかっこいいですね。

ラウンジへの期待が高まります。

カウンターの後ろのロゴが美しいキャセイパシフィックラウンジのレセプション。

本拠地香港のキャセイパシフィックラウンジのように高級感があります。

レセプションを後にし、ラウンジ内を右手に進むとあるのが、軽食コーナーや簡易的な座席があるフロア。

ここではおつまみやサラダ、デザートなどのちょっとした軽食などが提供されています。

軽食コーナーのフロアなので、カウンターなど簡単な座席になっていますね。

軽食コーナーではラウンジスタッフの方が取り分けてくれます。

小さな事かもしれませんが、自分で取り分けるセルフスタイルのラウンジが多い中、キャセイラウンジではこういったサービスが本当に素晴らしいですよね。

軽食コーナーでは、ラタトゥイユ、ハム、カジキのハニーマスタード和え、タコス、サラダなどが用意されていました。

お酒のおつまみにもぴったりです。

軽食コーナーのカウンター横にはデザートコーナーも。

杏仁豆腐、ヨーグルト、季節のフルーツの他に、日本人客を意識しているのか、あんみつなども置いてあります。

あんみつも結構本格的でしたよ!

またラウンジスタッフに言えばキャセイラウンジお馴染みのハーゲンダッツのアイスクリームも用意してくれます。

こちらは軽食コーナーの窓側にあるソファーエリア。

軽食をつまみながらお酒を飲むのによさそうな席となっています。

軽食コーナーをさらに奥に進むと見えてくるのが、まるで高級ホテルのクラブラウンジのようなお洒落フロア。

ソファーや間接照明など、デザインにこだわったインテリアがお洒落な大人の空間ですね。

置かれているソファーはそれぞれ特徴的で、どれも座り心地がよさそうな感じです。

今回は朝でしたが、日が落ちるとよりムーディーな感じになりそうですね。17時で営業が終わってしまうのが残念です。

足を延ばして座れるお洒落なソファーがたくさん。

後ほど紹介するヌードルバーで食事を終えたら、こちらのラウンジフロアでお酒やコーヒーなどを楽しみながら、搭乗時間までゆっくりとした時間を過ごしましょう。

羽田空港キャセイパシフィックラウンジの便利な設備

続いてキャセイパシフィックラウンジ内にある、主な設備などをご紹介します。

まずは入り口近くにあるこちら、クロークです。

暗証番号式のロッカーに手荷物を預けておく事ができます。

クロークに荷物を預けておけば、ラウンジ内でお手洗いや食事を取りに行く時にわざわざ荷物を持ち歩かなくて済むのでぜひ活用したいですね。

パソコンコーナーもあります。

パソコンの下にはコピー機も完備しています。

全ての席ではありませんが、ソファーの横にあるサイドテーブルの引き出しを開けるとコンセントやUSBなどの電源が。

まさかこんな所にって感じですよね。

雑誌では日本の新聞を中心としたラインナップですね。

設備関係で唯一残念なのが、シャワーが無いこと。

羽田空港国際線ターミナルには、キャセイと同じワンワールドに加盟しているJALのサクララウンジがあるので、シャワーを使いたい場合はサクララウンジを利用しましょう。

キャセイ名物ヌードルバーで絶品グルメを食べよう!

続いてダイニングフロアを紹介します。

ラウンジ内に入って左手にあるのがキャセイが誇るメインダイニング。

キャセイのシンボルカラーに包まれたこのお洒落なタイル張りのカウンターが、キャセイ名物『ヌードルバー』です。

ダイニングフロアはレストランのような座席配置となっており、落ち着いて食事を取る事ができます。

ダイニングに相応しいテーブル席ですね。

1人でもグループでも対応できる色々な席が用意されています。

カウンター横にはドリンクコーナーもあるので、食事と一緒に各種飲み物も楽しめます。

ドリンクコーナーではビールなどのアルコールの他にソフトドリンク、コーヒー、紅茶などが用意されています。

それではヌードルバーの食事メニューを見てみましょう。

ヌードルバーという事で、担担麺、ワンタン麺などの定番麺類の他、朝の時間帯は和定食、中華粥定食、フレンチトーストなど嬉しい朝食メニューが盛りだくさん。

さすがキャセイが誇るダイニング、本格的な朝食メニューです。

今回はワンタン麺をチョイス。

あっさりスープに柔らかワンタンが美味しい定番メニューです。キャセイラウンジではやっぱり食べたくなる味ですね。

食べやすいようにボリューム少なめにしてあるので、女性にも優しいですね。このサイズだと色々なメニューが楽しめるのでありがたいです。

ラウンジバーで飲めるオリジナルカクテル

キャセイパシフィックラウンジといえばヌードルバーも有名ですが、もうひとつ有名なのが『バーカウンター』。

バーカウンターというとお酒が飲めない人は楽しめないのかな?と思うかもしれませんが、全然そんな事はありませんよ!

ノンアルコールカクテルやコーヒー、紅茶などもいただけるので、お酒が飲めない人でも全然大丈夫!

コーヒーや紅茶も人に淹れてもらうと、なんだか嬉しいですよね。

お酒は各種ウイスキーや日本酒、スタンダードカクテルなどもいただけます。

キャセイのラウンジバーでぜひ飲んでいただきたいのがこれ。

羽田のキャセイラウンジでは、2つのオリジナルカクテルがいただけます。

左の緑色のカクテルは『羽田ジェイド』。

キャセイカラーが特徴的なこのカクテルは、緑茶のリキュールを使ったほんのり甘いカクテルです。

もうひとつのこちらは、ノンアルコールカクテルの『スウィート羽田』。

ノンアルコールなので、お酒がダメな人でも飲める、いちごのかき氷のような味のちょっと甘酸っぱいカクテルです。

スノースタイルがカッコいいですね!

どちらも甘めのカクテルなので、食後のデザート的なカクテルですね。

私もデザートと一緒にいただきました!

バーカウンターのとなりの冷蔵庫には、缶ビールやコーラ、フレッシュジュースなども入っています。

羽田空港キャセイパシフィックラウンジの入室資格

キャセイパシフィックラウンジの入室対象者は、以下の通りとなっています。

キャセイパシフィックラウンジの利用資格

  • キャセイパシフィック航空のファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • キャセイパシフィック航空のマイレージプログラム『マルコポーロクラブ』のダイヤモンド会員・ゴールド会員・シルバー会員
  • ワンワールド加盟航空会社のファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • カーゴ・クラン・エリートメンバー
  • ワンワールドのエメラルド・サファイア会員

羽田空港キャセイパシフィックラウンジの場所・営業時間

キャセイパシフィックラウンジの場所

羽田空港のキャセイパシフィックラウンジは、出国審査通過後のエアサイド側にあります。

出国審査通過後、左へ進みましょう。

114番ゲートの先を進んでいくと、左側にこちらのエスカレーターが見えてきます。

エスカレーターを上がり、6階まで上がるとキャセイパシフィックラウンジがあります。

キャセイパシフィックラウンジの営業時間

キャセイパシフィックラウンジ営業時間

  • 7:30~17:00

ヒコ太郎のラウンジ採点 キャセイパシフィックラウンジは【71点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点で申し訳ありません。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★★★★★★
  • 広さ ★★★★★★★★☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★★★★
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ★★★★★★★★☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★★★★★★
  • 混雑度 ★★★★★★★★☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★★★★★★☆☆☆

羽田空港キャセイパシフィックラウンジは、64スター獲得で【71点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

流石のキャセイパシフィックラウンジ、やはり高得点ですね。ラウンジ内の雰囲気は最高ですし、何よりも食事、ドリンクが素晴らしいです。バーカウンターやヌードルバー、軽食バーなど、ラウンジスタッフがサービスをしてくれるキャセイパシフィックラウンジは、暖かさやおもてなしの心を感じますね。他のラウンジではセルフスタイルが多い中、キャセイパシフィックラウンジは流石だと思います。

※ラウンジ採点評価基準

ラウンジ採点基準
  • シャワーの有無と清潔さの項目では、シャワーがない場合は獲得スター無し。シャワーありの場合、5スターを基準として清潔さ、シャワーの数等により前後します。
  • トイレの有無と清潔さの項目では、トイレがない場合は獲得スター無し。トイレありの場合、5スターを基準として清潔さ、トイレの数等により前後します。
  • 食事メニューの豊富さと満足度の項目では、オーダー式ミールを除いた食事の充実度を採点します。ブッフェスタイルの食事ですね。食事がない場合獲得スター無し。メニューの豊富さ、味、作ってからの時間等により前後します。
  • オーダー式ミールの有無と満足度の項目では、ブッフェスタイル以外の食事で、オーダーにより提供してくれるスタイルの食事があるかや、その満足度について採点します。ない場合は獲得スター無し、ある場合は5スターを基準として満足度によって前後します。
  • ドリンク充実度とアルコールの有無の項目では、ソフトドリンク・アルコールともに無料で提供がある場合を5スター基準とし、ソフトドリンク、アルコールの充実度や価格帯等により前後します。
  • ラウンジ独自のサービスの項目では、有人マッサージやバーカウンター、靴磨きなど、他のラウンジにはないサービスがある場合、そのサービスの満足度によってスターを獲得します。
  • ラウンジの点数は獲得スターによって決まります。

おわりに

羽田空港のキャセイパシフィックラウンジは、ビジネスクラスラウンジとは思えないほど素敵なラウンジでした。

同じ日本でも、成田にあるキャセイパシフィックラウンジとは別物でしたね。

シャワーはありませんが、それでもきっと大満足できるラウンジだと思います。

羽田空港で利用する機会がありましたら、ぜひキャセイパシフィック航空のおもてなしを感じてみてください。

◆キャセイパシフィックラウンジに入室可能なJAL上級会員を目指すための第一歩⬇︎

JAL CLUB-Aゴールドカード(JGC会員になるための必須カード)