チャンギ国際空港にあるザ・ヘブン(THE HAVEN)ラウンジに潜入

チャンギ国際空港にはプライオリティパスで入れるラウンジが沢山あるので、非常に快適です。

今回はチャンギ国際空港では唯一、ランドサイド側にあるラウンジである『ザ・ヘブン(THE HAVEN Gate Way Lounge By jet Quay)』を紹介します。

ザ・ヘブンの内観や食事、設備関係や利用対象者などをお伝えしますので、ラウンジ利用の参考にしてみてください。

◆第3ターミナルにある、プライオリティパスで入れるその他のラウンジはこちら⬇︎

チャンギ国際空港第3ターミナル【dnataラウンジ】の内部をレポート

2019年5月8日

チャンギ空港第3ターミナル【アンバサダートランジットラウンジ】紹介

2019年5月7日

チャンギ国際空港第3ターミナル【satsプレミアラウンジ】に潜入!

2019年5月9日

チャンギ国際空港のザ・ヘブン(THE HAVEN)の基本情報

チャンギ国際空港にあるザ・ヘブンは第3ターミナルにあるラウンジです。

まずはザ・ヘブンの基本的な情報から紹介します。

ザ・ヘブンの基本情報

  • 第3ターミナル1階(到着ロビー階)ランドサイド側
  • プライオリティパスラウンジ
  • 24時間営業
  • 到着時利用OK
  • シャワー・トイレあり
  • アルコールは有料
  • BFタイプ電源(変換プラグ必要)

ザ・ヘブンはこんな特徴を持ったラウンジです。

プライオリティパスで入れるラウンジの中では唯一ランドサイド側にあるラウンジなので、シンガポール市内から空港に着いてすぐにシャワーが浴びられたりと、中々使い勝手がいいんですよね。

チャンギ国際空港【ザ・へブン(THE HAVEN)】ラウンジの内部をレポート

ザ・ヘブンがあるのは第3ターミナルの一階。

バゲージクレームのある制限エリアを正面にして、左の端まで進むと見えてきます。

右手に見えるこちらの緑のゾーンがザ・ヘブンのラウンジです。

ザ・ヘブンの向かいにはマクドナルドがあるので、すぐにわかると思います。

こちらがラウンジの入口です。早速中に入りましょう。

ザ・ヘブンの内部

中に入るとザ・ヘブンのレセプションがあるので、こちらで受付を行います。

プライオリティパス、搭乗券やEチケットなど搭乗がわかるもの、パスポートを提示してください。ここで端末にサインを求められるのでサインをしましょう。それとともにラウンジ利用が3時間の説明がされます。

ザ・ヘブンではホットミールが1食無料で付いてくるため、ここで食べたいメニューを選んでください。食事が出来上がると、ラウンジ内でスタッフが呼びに来てくれて、ラウンジ内のダイニングまで案内してくれます。

ザ・ヘブンのラウンジ内は外から見てもわかるように、このように縦長の作りになっています。

そしてラウンジ内に入って最初に思ったのが、新しくて綺麗だということ。

テレビを囲むように設けられた大人数で座れるようなソファー。

ラウンジ内で一番多いタイプの席は、向かい合って座れるこのタイプのソファーですね。

明るいブラウン基調のラウンジ内は、カフェのような雰囲気です。

ダイニングフロアとメニュー

続いてダイニングフロアを紹介します。

ザ・ヘブンの一番奥にあるのがダイニングフロア。

ダイニングフロアには大小いくつかのテーブルがあり、一番大きなテーブルでは6人が座れます。

他には2人掛けのテーブルやカウンター席もありますね。

食事の種類は少なめで、朝食メニューのような軽食中心です。

パンは食パンが、左にはジャムが用意されています。

クッキーやクラッカーなどのお菓子類。

あとはシリアルとカップラーメンですね。

冷蔵庫の中には缶ジュース、牛乳、フレッシュフルーツジュース、りんごが入ってました。

牛乳やフレッシュフルーツジュースは地味に嬉しいですね。

コーヒーメーカーもあるので、アメリカンやカフェラテなど、各種コーヒーが飲めます。

他にも粉末タイプのコーヒーや紅茶、ミロまでありました。

小さい頃ミロ飲んだなぁ。

アルコール類は有料ですが、ビールやワインなども飲むことができます。

ホットミールはレセプションで受付時に1品頼むことができます。

朝の時間帯だったので、朝食メニューでした。

3種類から選べるように見えますが、メインは同じで玉子の調理方法が違うだけですね。

料理が出来上がるとスタッフがダイニングまで案内してくれます。

煮豆、ウインナー、フライドポテト、スクランブルエッグと、朝食には十分のボリュームです。

味は見た目の通りです。

ラウンジ内の設備

続いてラウンジ内の設備について紹介します。

ラウンジ入ってすぐのところには、キッズスペースがあります。

キッズスペースがあるラウンジは珍しいですね。

パソコンコーナーもあります。新しいラウンジだけあってマックです。

雑誌コーナーにはコピー機も。

ラウンジ内にはコンセントもありますが、BFタイプなので変換プラグが必要です。

ザ・ヘブンにはシャワールームもあります。

シャワーを利用する場合は、レセプションで受付を行い、シャワールームの鍵をもらいましょう。

レセプションの左側にシャワールームがあります。

ラウンジの規模にしてはシャワールームが沢山あるので、待たずに利用できると思います。

シャワールームもかなり綺麗ですね。

そして広い!トイレまでありますからね。

洗面台もあるので、着替えや準備もしやすいですね。

シャワーヘッドも固定式と手持ちの2つがあるので、使い勝手がいいですね。

壁にはリンスインシャンプーとボディソープ。

気になるシャワーの水圧や温度は完璧でした。

入室条件

プライオリティパス保持者

到着時の利用も可能

場所・営業時間

場所

ザ・ヘブンは第3ターミナルの1階にあります。

バゲージクレームのある制限エリアを正面にして、左の端まで進むと右側に見えてきます。

営業時間

24時間

ヒコ太郎のラウンジ採点!チャンギ国際空港ザ・ヘブンは【47点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★★★☆☆☆
  • 広さ ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★★★★☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★☆☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 混雑度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ★★★☆☆☆☆☆☆☆

チャンギ国際空港ザ・ヘブンは、42スター獲得で【47点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

ザ・ヘブンは新しいラウンジだけに清潔さや雰囲気は申し分ありません。料理の種類は少ないですがオーダー式のホットミールもありますし、シャワーや仮眠室もあったりと、コンパクトながら必要な設備も揃っているので、私の中でとても評価の高いラウンジです。少しだけ気になったのはラウンジ内の温度で、暑がりの私でさえちょっと寒く感じたので、女性の方は多分寒く感じると思います。

おわりに

ザ・ヘブンはあまり広くはありませんが、とても綺麗ですし、ランドサイド側にあるので使い勝手のいいラウンジだと思います。

シンガポール航空利用の場合は第3ターミナルを利用する事が多いですが、JALやANAの場合はターミナルが違う点に気をつけてください。

まだプライオリティパスをお持ちでない方は、年会費10,800円の楽天プレミアムカードなら、通常4万円以上するプライオリティパスが無料で付いてきます。

◆プライオリティパスとは?

プライオリティパスとは、世界中(140カ国以上)にある1200カ所以上のビジネスクラスラウンジが無料で利用できるカードです。

プライオリティパスがあれば、エコノミーやLCC利用でもラウンジが使えるようになります。

楽天プレミアムカードは今なら最大10,000円分のポイントがもらえる超お得なキャンペーンを期間限定でやっていて、実質無料でプライオリティーパスが手に入るという超お得なキャンペーンです。この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

◆プライオリティパスが無料で付いてくる楽天プレミアムカードの入会はこちら⬇︎

◆チャンギ空港でプライオリティパスが使えるその他のラウンジはこちら⬇︎

チャンギ空港でプライオリティパスが使える全11ラウンジまとめ!

2019年5月24日