台北・松山空港の展望デッキで撮影できる飛行機写真!観覧車との絡みも撮れる

飛行機ファンあるあるだと思うんですが、知らない空港に着いたらまず探してしまうのは、やはり展望デッキじゃないでしょうか?

海外の空港では展望デッキがある空港というのは意外と少ないんですが、台北・松山空港には嬉しいことに展望デッキがあります。

台北・松山空港の展望デッキは空港の敷地内を一望できるロケーションで、飛行機を撮影するのにも悪くありません。

という事で今回は、台北・松山空港の展望デッキをご紹介します。

唯一残念なのはガラス越しでの撮影になってしまう点ですが、そのあたりも含めてお伝えしていきたいと思います。

台北・松山空港の展望デッキは空港内が一望できるスポット

台北・松山空港にある展望デッキ。

空港周辺には撮影スポットがいくつかありますが、その中でもっとも空港敷地内の様子がよくわかるのが、このターミナル屋上にある展望デッキです。

もちろん観るだけじゃなくて、飛行機の撮影にもいいスポット。

『台北・松山空港は機内から撮っちゃダメって言われてるけど、撮影しても平気なの?』

と心配な方もいると思いますが、そのあたりも大丈夫。

台北松山空港は本当に撮影禁止なのか?日本大使館に行って確認してみた

台北・松山空港は本当に撮影禁止なのか?日本大使館に行って確認してみた

2019年11月4日

台北・松山空港展望デッキの場所・アクセス

台北・松山空港の最寄り駅は、MRT文湖線の松山機場駅。

展望デッキへは、ターミナルの1階からアクセスします。

デッキへ向かう入口は第1ターミナル(国際線ターミナル)と、第2ターミナル(国内線ターミナル)のちょうど間のあたり。

第1ターミナルと第2ターミナルの間にあるこちらの飛行機ショップが目印になります。

飛行機ファンなら、デッキへ行くついでに立ち寄ってもよさそう。

飛行機ショップの向かいに展望デッキへの連絡口があるので、ここからデッキへ向かいます。

エレベーターと階段があるので、どっちを使うかはお好みで。

展望デッキは3階です。

3階に到着すると、滑走路がお出迎え。

台北・松山空港の滑走路と同じ10-28になっていて、芸が細かい。

展望デッキの様子

展望デッキの様子はこんな感じで、一面ガラス張り。

ワイヤーフェンスとかだったらよかったんですけどね。

ガラス張りなのは残念ですが、180度見渡せるビュースポットなんかもあったり、眺望的には結構いいです。

デッキには台北・松山空港に就航しているエアラインを紹介するボードがあったり。

こういうのもよく見てみると結構楽しいんですよね。

トイレもデッキにあるので、撮影中に行きたくなっても大丈夫。

台北・松山空港はトラフフィックが少ないので、時間を持て余すことも。

そんな時はデッキにあるカフェで一休みしましょう。

トランスアジアベーカリーという名前が台北・松山空港らしくていいですね。

デッキでは傘の貸し出しも。

雨の日でも気軽に立ち寄ることができる嬉しいサービス。

展望デッキから撮影できる飛行機写真

台北・松山空港の展望デッキで撮れる写真を紹介していきます。

台北・松山空港の展望デッキは滑走路が一望できるため、離着陸機の真横が撮れるのが1番いいところ。

松山空港で多いランウェイ10運用では、着陸機の転がりや離陸機の転がりが撮影できます。

滑走距離の短い機体では、浮き上がったところの真横が捉えられます。

ケツ追いだとこんな感じですね。

背景の山と手前のビルが台北市らしい雰囲気。

台北・松山空港らしさといえば外せないのが、観覧車との絡み。

上がりの早い機体じゃないと、なかなか絡んでくれません。

デッキからは離着陸機だけではなく、誘導路上の機体も撮影できます。

10エンドに着陸し、スポットへ向かうJAL機。

ワイドボディ機は滑走路をいっぱいまで使いますね。

デッキからこの転がりを撮るには遠いですが、空軍1號カフェなら大迫力の写真が狙えます。

台北・松山空港近くの空軍一號カフェ!テラス席で飛行機写真を撮ろう

台北・松山空港近くの空軍一號カフェ!テラス席で飛行機写真を撮ろう

2018年11月16日

あと撮れるのは、駐機中の機体とか。

エンジンが特徴的なMD-82は日本では撮れないので、台北・松山空港に来たら撮りたい飛行機。

遠東航空のMD-82も徐々に737やATRに置き換えているので、撮れなくなる前に撮りたいですね。

あと外せないのがこの機体、台湾空軍3701。

台北・松山空港は、空軍1號(台湾エアフォースワン)として運用されるこの機体のベースになっているので、運が良ければ撮影できます。

撮影お役立ち情報

台北松山空港展望デッキから撮影する上で必要な情報をまとめました。

撮影お役立ち情報

  • ランウェイ10-28離着陸機
  • 駐機中の機体や転がり
  • 観覧車との絡み
  • 昼順光
  • 必要レンズは滑走路の機体で400ミリ程度

台北・松山空港展望デッキでの撮影はガラス越しでの撮影。

ガラスは薄ーく青色が入っているので、色が気になりそうな感じですが、光の当たり方によってはそんなに気になりませんでした。

ガラス越しでの撮影となる点はマイナスですが、西風、東風どちらでも狙えるのがメリットです。

おわりに

ターミナル屋上にあり、気軽に立ち寄ることができる展望デッキ。

撮影せずとも楽しめるので、台北・松山空港を利用する際はぜひ立ち寄ってみてください。

◆台北・松山空港にある撮影スポットをまとめた記事はこちら⬇︎

台北・松山空港飛行機撮影スポットまとめ!撮れる写真や移動方法を大公開

台北・松山空港飛行機撮影スポットまとめ!撮れる写真や移動方法を大公開

2018年11月22日