那覇空港【サクララウンジ】を紹介!オリオンビールや泡盛も飲める!

JALラウンジの代表である『サクララウンジ』。

ここ那覇空港にももちろんあります。

那覇空港のサクララウンジは2017年にリニューアルして生まれ変わり、より使いやすく、お洒落なラウンジになりました。

今回は、那覇空港にあるサクララウンジの内部やラウンジ内で提供されているドリンク、ラウンジの場所や営業時間など、サクララウンジを利用する上で気になる情報をまとめて紹介したいと思います。

◆那覇空港にあるダイヤモンド・プレミアラウンジの記事はこちら⬇︎

那覇空港ダイヤモンド・プレミアラウンジは沖縄らしさ溢れるJAL国内線最高峰ラウンジ

2019年2月3日

那覇空港のサクララウンジを紹介

那覇空港のサクララウンジは2017年2月28日にリニューアルし、生まれ変わりました。

JALは伊丹や福岡、新千歳など、古くなったラウンジを順次リニューアルしており、その一環ですね。

新しくなった那覇空港のサクララウンジは、沖縄らしさを感じる素敵なラウンジでした。

那覇空港サクララウンジは沖縄らしさを感じるラウンジだった

保安検査場を抜けて左に曲がるとすぐに見えてくるのが、サクララウンジの入り口。

ラウンジの入り口はダイヤモンド・プレミアラウンジと共通となっています。

ちなみにダイヤモンド・プレミアラウンジは専用の優先保安検査場があるので、こちらの入り口を利用する事はあまりありません。乗り継ぎ時などはこちらから入りますね。

さて、入り口を入り奥へ進むとこちらのレセプションが見えてきます。

レセプションも羽田のようにサクララウンジとダイヤモンド・プレミアラウンジ共用となっており、こちらで入室資格により各ラウンジに振り分けられます。

サクララウンジはレセプション右側ですね。

レセプションのカウンター全面部分には琉球石灰岩が使われ、沖縄らしさを演出しています。

ラウンジ内に入ると、ここでも沖縄らしさを感じる演出が。奥に見える赤いインテリアは、沖縄の島々をモデルにしています。

ラウンジ自体のデザインは新千歳空港のデザインと同じなので既視感があるんですが、このラウンジデザイン自体お洒落ですからね。リニューアルして格段に良くなったと思います。

ラウンジ内の右側はラウンジスペースとなっており、カウンター席やソファー席などが設けられています。

よく見るとカウンター席の照明にも琉球石灰岩が使われていますね。この高さに照明があると、正面の人と目線が合わなくて済みそうです。

壁には沖縄の伝統工芸品である琉球織物の一種、ミンサー織りに使用される糸を使ったオブジェが飾られており、ラウンジ内が華やかな雰囲気に。

カラフルな織物のオブジェが素敵ですね。

ラウンジスペースには様々な椅子やソファーが用意されているので、好みに合わせて座ることができます。

壁側にはふかふかで座り心地のよいソファー席が設置されています。

こちらはちょっとしっかりしたソファー席ですね。各座席にちゃんとクッションがあるのが素敵です。

サクララウンジの設備

続いてラウンジ内の設備について見てみましょう。

まずはラウンジ内に設けられているクローク。暗証番号を設定し、荷物を預ける事ができます。

このタイプのロッカーは便利なんですが、ロッカーの鍵を持ち歩かないため荷物を預けているのを忘れてしまう事があるんですよね。

過去には飛行機の座席に座ってから荷物を忘れた事に気付いた事もありました・・・。こんなの私だけだと思いますが。

コピー機もあるので、書類などの印刷もできます。使い方はラウンジのスタッフの方に聞きましょう!

あとはこれ、現代人にとって最早必須のコンセントですね。

那覇空港のサクララウンジには、ダイニングの一部の席を除いて、ほぼ全ての座席にコンセントが備わっています。

しかもほとんどの席はコンセント2つにUSBポートが1つと、合計で3つ同時に充電できるので、充電するデバイスが多い人にもありがたい設計となっています。

ラウンジ内のトイレは木をふんだんに使ったデザインになっており、明るく温もりのある雰囲気。

清掃も行き届いているので、利用するのが気持ちいいですね。私も汚さないように気をつけて利用しています。

サクララウンジのダイニングフロアとドリンク

次はダイニングフロアとドリンクを見てみましょう。

ラウンジ左側に進むとあるのがダイニングフロアですね。

ダイニングフロアは手前側にカウンター席、奥に進むとテーブル席があります。

こちらはテーブル席。

テーブル席はカップルやグループ利用によさそうですね。

ダイニングといってもサクララウンジでは食事がありません。ラウンジ利用規則では、ダイニングスペースで持ち込みの飲食物を食べることが許可されているので、何か用意しておくのもいいかもしれませんね。

このテーブル席は、サクララウンジで唯一電源がない席となっています。充電する場合は別の席を利用しましょう。

続いてドリンクコーナーを見てみましょう。

こちらがサクララウンジのバーカウンターです。

ソフトドリンクマシンで各種ソフトドリンクが選べます。ラウンジによくあるタイプですね。

こちらがコーヒーマシン。

ブレンドやエスプレッソ、カフェラテ、カプチーノなど。

冷蔵庫内には牛乳、トマトジュースなどの他に、沖縄ならではのシークワサージュースやグァバジュースなどもあります。

グァバジュース、シークワサージュースなんて、こんな機会じゃないと中々飲めないですからね。

続いてアルコールコーナー。

ビールは沖縄を代表するオリオンビールを飲むことができますよ。

オリオンビールは野村やアメリカの投資ファンドに買収されるというニュースもあるので、頑張ってほしいですね。

ビール以外にはウイスキーのローヤルの他に、泡盛も提供されています。

ラウンジで泡盛が無料で飲めるなんて最高ですね。アルコールも沖縄らしい品揃えが嬉しいです。

美味しい泡盛はついつい飲みすぎてしまうので、飲みすぎ注意ですね。

サクララウンジは食事などの提供はありませんが、おつまみはあります。

お酒を飲むのにおつまみがあるのはありがたいですね。

那覇空港サクララウンジの入室資格は?

那覇空港サクララウンジ利用対象者は以下の通りです。

那覇空港サクララウンジ利用資格

  • JALファーストクラス・ビジネスクラス利用者
  • JALプレミアムエコノミー利用者(空港当日アップグレードでは利用不可)
  • エコノミークラスFlex Y運賃での利用者
  • JALダイヤモンド、JGCプレミア、サファイア、JGC会員(同行者1名入室可)
  • ワンワールド加盟航空会社のファーストクラス、ビジネスクラス利用者
  • ワンワールドのエメラルド、サファイア会員

 

那覇空港サクララウンジの場所・営業時間

サクララウンジの場所

サクララウンジの場所は地図のこちら。

出発口Aの保安検査場を抜け、左に曲がるとすぐにサクララウンジの入り口が見えてきます。

サクララウンジの営業時間

サクララウンジの営業時間

  • 6:00~20:30

最終便の出発まで利用することが可能です。

ヒコ太郎のラウンジ採点 那覇空港サクララウンジは【34点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点で申し訳ありません。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★★★★★☆☆
  • 広さ ★★★★★★☆☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★★☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 混雑度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

那覇空港サクララウンジは、31スター獲得で【34点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

那覇空港サクララウンジは新千歳空港のサクララウンジと同じデザインとなっており、とてもお洒落な空間となっています。ラウンジ内は沖縄らしさを感じる工芸品が展示されていたり、沖縄のドリンクが提供されていたりとラウンジ内で沖縄を感じることができますね。新しいラウンジだけあってトイレ内も清潔ですし、電源も充実しています。時間帯にもよりますが、空いている席を探すほど混雑していることがあるので、混雑度の項目は低評価となっています。

※ラウンジ採点評価基準

ラウンジ採点基準
  • シャワーの有無と清潔さの項目では、シャワーがない場合は獲得スター無し。シャワーありの場合、5スターを基準として清潔さ、シャワーの数等により前後します。
  • トイレの有無と清潔さの項目では、トイレがない場合は獲得スター無し。トイレありの場合、5スターを基準として清潔さ、トイレの数等により前後します。
  • 食事メニューの豊富さと満足度の項目では、オーダー式ミールを除いた食事の充実度を採点します。ブッフェスタイルの食事ですね。食事がない場合獲得スター無し。メニューの豊富さ、味、作ってからの時間等により前後します。
  • オーダー式ミールの有無と満足度の項目では、ブッフェスタイル以外の食事で、オーダーにより提供してくれるスタイルの食事があるかや、その満足度について採点します。ない場合は獲得スター無し、ある場合は5スターを基準として満足度によって前後します。
  • ドリンク充実度とアルコールの有無の項目では、ソフトドリンク・アルコールともに無料で提供がある場合を5スター基準とし、ソフトドリンク、アルコールの充実度や価格帯等により前後します。
  • ラウンジ独自のサービスの項目では、有人マッサージやバーカウンター、靴磨きなど、他のラウンジにはないサービスがある場合、そのサービスの満足度によってスターを獲得します。
  • ラウンジの点数は獲得スターによって決まります。

おわりに

那覇空港のサクララウンジは様々なところに沖縄らしさを感じるものを取り入れた、沖縄に対する愛が感じられるラウンジでした。

飛行機の出発まで、泡盛やオリオンビール、グァバジュースなどを飲みながらゆっくりできますね。

各座席には電源も備わっており、とても便利なサクララウンジをぜひ利用してみてください。

◆サクララウンジに入れるJAL上級会員を目指すための第一歩⬇︎

JAL CLUB-Aゴールドカード(JGC会員になるための必須カード)