レンタサイクルあり!スキポールでの飛行機撮影に便利なホテルを紹介

飛行機を撮りに遠征に出かけた時に悩むのが、どこのホテルに泊まるか。

今回は、アムステルダム・スキポール空港で飛行機撮影をする時に便利なホテル、『シュタイゲンベルガー エアポート ホテル アムステルダム』を紹介します。

レンタサイクルが借りれてスキポールでの飛行機撮影に便利なホテル

シュタイゲンベルガーエアポートホテルが、なぜスキポールでの飛行機撮影に便利なのか?

それは、ホテルでレンタサイクルが借りれるから。

スキポール空港には多くの飛行機撮影スポットがあるんですが、難点は公共交通機関でのアクセスが悪いこと。そのため、レンタサイクルが欠かせません。

オランダは自転車王国なので、レンタサイクル自体は市内に多いんですけど、スキポール周辺にはあまりないんですよね。

そのため、スキポール近くでレンタサイクルが借りられるシュタイゲンベルガーエアポートホテルは、撮影の拠点としておすすめ。

朝起きたら、そのまま自転車に乗って撮影に行けちゃうフットワークの軽さが魅力的です。

シュタイゲンベルガーエアポートホテルを紹介

アクセス

シュタイゲンベルガーエアポートホテルは、スキポール空港から離れた場所にあるので、空港からはホテルの無料シャトルバスで移動します。

スキポール空港を出て正面にあるI amsterdamのサイン。I amsterdamっていうセンスが好き。

I amsterdamの右手に進んでいくと、スキポールプラザが見えてきます。

ここの近くにシャトルバス乗り場があります。

シュタイゲンベルガーエアポートホテルのシャトルバスは、A9番バス乗り場から出発します。

A9番は各ホテルのシャトルバス乗り場となっているため、多くの人がバスを待っています。

シャトルバスの側面にはホテル名が書いてあるので、シュタイゲンベルガーエアポートホテルのシャトルバスを探しましょう。

シャトルバスは6:15〜23:45までの間、15分発と45分発の30分間隔で運行しています。

周辺のホテルは40分に1本が多いので、30分に1本は多い方。この10分って地味に大きいですよね。

シャトルバスは予約無しで、誰でも無料で利用できます。小さいバスなので早めに並びましょう。

外観

シャトルバスに乗ったら、ホテルまではたったの10分で到着。

こちらがシュタイゲンベルガーエアポートホテルの外観。

ホテル館内

中に入ったロビー。モダンな印象のホテルです。

レセプションは1階にあります。

大きな花がお出迎え。

客室に続く廊下ですね。

部屋

こちらが今回泊まった部屋。1番安いスーペリアルームです。

枕元に描かれた絵がお洒落な部屋。

荷物を広げるスペースにも困りませんし、デスクやローテーブルもあったりと、全然広い部屋でした。

部屋には水が1本無料でついてきます。

部屋の設備やアメニティーは、冷蔵庫、ケトル、アイロン、ドライヤーがあります。

こんな綺麗なホテルなんですが、意外にも歯ブラシがないので、自分で持っていく必要があります。そこケチるとこか?って感じですよね。

ホテルの設備ですが、プール、サウナは無料で使えます。駐車場は有料なので、レンタカーの人は気をつけて。

バスルームも非常に清潔。ドライヤーもあります。

シャワーはレインシャワー付き。

シャンプーやボディーソープは洗面台のところに置いてあります。

レンタサイクル

レンタサイクルは、ホテルのレセプションで借りることができます。

レンタル受付時間は6:00〜22:30。

料金は1日7ユーロです。

7ユーロなら、ホテルのレンタサイクルにしては良心的な料金ですね。

最後にレンタサイクルですが、ブレーキはレバーではなく、フットブレーキタイプです。

ペダルを逆回転させるとブレーキがかかるタイプのものなので、注意してください。日本では馴染みのないタイプですが、オランダではこのタイプも結構あるみたいですね。

慣れるまでは普通にコケたりすると思います。私は何度かコケました。

おわりに

部屋も水周りも非常に綺麗ですし、料金も安いので、スキポールで撮影するならシュタイゲンベルガーエアポートホテルは本当に便利。

もし飛行機を撮りにアムステルダムに行くなら、選択肢のひとつにしてみてください。

シュタイゲンベルガー エアポート ホテル アムステルダム booking.com

 

スキポールの撮影スポットは下の記事にまとめてあるので、併せてチェックしてみてくださいね。

◆スキポールにある撮影スポットをまとめた記事はこちら⬇︎

アムステルダム・スキポール空港にある飛行機撮影スポットまとめ!

2019年7月17日