台北・松山空港近くの空軍一號カフェ!テラス席で飛行機写真を撮ろう

ニーハオー!ヒコ太郎です。

突然ですが、台北で飛行機撮影をしてみたいと思ったことはありませんか?

台北にある空港といえば桃園国際空港が有名ですが、市内中心部に近い松山空港も外せません。

今回紹介する空軍一號カフェは、松山空港を離発着する飛行機を目の前で撮影することができるスポットです。

飛行機の撮影をしない人でもコーヒーを飲みながらずーっと飛行機を眺めることができるので、飛行機好きの人はおすすめですよ。

今回はそんな空軍一號カフェを、行き方から営業時間、撮れる写真などを含めてお伝えしたいと思います。

台北・松山空港近くにある空軍一號カフェってどんなところ?

 

台北・松山空港は周囲を高いフェンスで囲まれているため、近くで撮影できる場所は限られています。

そんな松山空港のすぐ近くにあるのが、今回紹介する『空軍一號カフェ』です。

空軍一號カフェと書いて、英語ではエアフォースワン・カフェと呼びます。

空軍一號ってなんや?と思いますが、言われてみればあぁなるほど!という感じですね。

それでは早速、空軍一號カフェの特徴や魅力、詳細情報などを順番に見ていきましょう。

空軍一號カフェはこんなところ

お店の入り口はこんな感じです。

大きな通りから少し路地に入ったところにあるため、場所がちょっとわかりにくいんですが、このでかい看板が目印です。

ゲートをくぐると、LINEのブラウンとコニーがお出迎え。

飛行機とあまり関係なさそうなお出迎えに若干混乱しますが、合っていますので安心してください。

女子トイレの入り口はドナルド先輩がエスコートしてくれるので女性の方も安心ですね。

まずはお店の中に入り、一品注文しましょう。

テラス席は向かいのこちらから上がります。

どのような景色が見えるのか楽しみですね。

空軍一號カフェは飛行機撮影に最高

この空軍一號カフェの魅力は何といってもこれです。

松山空港を離発着する飛行機をテラス席から眺めたり、撮影することができるんです。

空軍一號カフェには店内とテラスに席がありますが、おすすめはもちろんテラス席。

目の前で松山空港に離発着する飛行機を眺められますよ。

松山空港はトラフィックが少ないため、のんびりモードで飛行機を眺めていられます。

雨が降っていなければ、ぜひテラス席に座りましょう。

その前に飲み物か食べ物の注文は忘れずに。

空軍一號カフェのテラス席には、誰かが置いて行った踏み台や脚立がたくさんあるので、自由に使うことができます。

これらが使い放題。ありがたいですね。

空軍一號カフェは飛行機を撮らない人も楽しめる

空軍一號カフェは飛行機を眺められるテラス席もおもしろいんですが、店内もおもしろいんです。

あいにく雨が降っているときや、写真を撮らない人は店内も見てみましょう。

飛行機ファンが集まるカフェだけあって、店内は多くの飛行機写真が飾られています。

お気に入りの写真を探してみてくださいね。

大きな額に入れられた絵は台北101とJALのコラボ。

台湾なのに、JAL機が描かれていたのが嬉しくなりました。

EVAのキティーちゃんを発見。

EVAはバッドばつ丸塗装もあったりと、サンリオキャラ好きにはたまらないですね。

向かいの別館には飛行機グッズも売っています。

何か掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

空軍一號カフェ場所・アクセス・営業時間

空軍一號カフェの場所

空軍一號カフェの場所は松山空港のすぐ北側、地図のこちらになります。

路地を一本入ったところにあるので、若干わかりにくいです。

地図をよく確認してください。

空軍一號カフェのアクセス方法

地図を見るとわかる通り、空軍一號カフェの周りにはMRTの駅がありません。

一番近い駅が松山機場站ですが、ここから歩くと40分以上あります。

ですので空軍一號カフェまでの行き方としては、タクシーか、レンタサイクルを使いましょう。

撮影スポットを何か所か周る予定であれば、小回りが利いて動きやすいレンタサイクルがおすすめです。

台北には便利なレンタサイクル『YouBike』があるのでぜひ使いましょう。

値段も安く、台北市内にあるレンタルステーションであればどこでも乗り降り自由です。

YouBikeについてはこちらの記事を参照してください。↓

台湾のレンタサイクルYouBikeは観光に便利!使い方から便利なアプリまで

空軍一號カフェの営業時間

空軍一號カフェの営業時間は、10時~22時で毎日営業しています。

空軍一號カフェで撮れる写真を紹介

空軍一號カフェで撮れる写真

空軍一號カフェで撮影できる写真を紹介します。

この日はあいにく天気が悪かったので、雲が多めな写真ですみません。

やっぱり撮りたい台北101との絡み。

MD-82型はエンジンの位置が特徴的でいいですよね。

松山空港は小さい空港のため、ATRなどの小型機が多めです。

距離が近いため、ATRでもここまで寄って撮影することが可能です。

ブラストが若干黒いですね。

最近の機体のエンジンと比べると環境に悪そうです。笑

上海航空の737。

小型機多めな松山空港では737でも中型機クラスです。

チャイナエアラインのエアバスA330。

松山空港では珍しい大型機です。

この距離から見ると迫力ありますね。

そしてANAの787も降りてきました。

松山空港では最も大きい機体ですね。

目の前を通るため、大きさがよくわかります。

韓国のティーウェイ航空。

このように松山空港で見ることができる機体は近距離アジア線が多いですね。

機体が浮き上がる瞬間を前から撮影できます。

この瞬間がたまらないんですよね。

必要レンズ

飛行機との距離がとても近いので、真横なら50ミリ、上がる瞬間なら200~300ミリ程度あれば撮影可能です。

空軍一號カフェでの撮影に向いている時間

午前中からお昼過ぎまでが順光になるので、この時間帯の撮影が向いています。

空軍一號カフェでの撮影時の注意点

撮影前に必ず一品注文

当たり前ですが空軍一號カフェはお店ですので、必ず何か注文しましょう。

飲み物でも食べ物でも、何か一品でも注文すればオッケーです。

メニューはこのようになっています。

食べ物はハンバーガーなどの軽食が中心ですね。

この手のお店は高いこともあるんですが、空軍一號カフェは全体的にお値段もお安めですよ。

軍民共用空港なので、基地の方は撮らない

松山空港は軍民共用空港です。

松山空港に到着する飛行機に乗ったことがある人はご存知かと思いますが、上空から基地の中を撮影するのは禁止されています。

飛行機の撮影自体は禁止されていないので、飛んでいる軍用機を撮影するのはほぼ大丈夫ですが、基地に駐機している軍用機をバシャバシャ撮影するのはやめておいた方がいいと思います。

空軍一號カフェから見て、左側が松山空軍基地の施設、右側が松山空港のターミナルです。

私が行った日は、格納庫の中にいる台湾版エアフォースワンである総統専用機も見ることができました。

エアフォースワン・カフェの名前の由来がわかったような気がします。

屋外はハエが多いので、食事や飲み物は先に済ませておくのが吉

テラス席で撮影していると、つい飲み物や食べ物を食べるのを忘れて撮影に夢中になってしまいますよね。

しかし食べ物や飲み物を早めに済ませておかないと大変なことになりますよ~。

にっくき奴はそこら中に潜んでいます。

そうです、ハエです。

まぁ東南アジアですからね。

屋台や市場、トイレ、どこに行ってもハエなんて当たり前ですよね。

ここのテラス席も例外でなく、飲み物などを放置していると、それを狙ってどこからともなく現れます。

すぐにたかってくるので、飲み物などをテラス席に持っていったら、撮影したいのを我慢して先に済ませてしまいましょう

空軍一號カフェ周囲の場所に入らない、撮らない

空軍一號カフェの周囲は自動車整備工場やリムジンバスの駐車場になっているので、周囲は邪魔になるのでうろつかないようにしましょう。

轢かれてしまっては大変ですからね。

またここの周囲に空港内を撮影できそうな場所もなくはないんですが、撮影していると目立つので撮影はやめましょう。

松山空港はやはり軍民共用空港なので、不審者と思われる行動は避けた方がいいです。

おわりに

飛行機を見ながら飲むコーヒー(フロート)は最高でした。

松山空港から自転車で15分ほどで行けますので、飛行機が好きな人はぜひ一度訪れてみてください。

桃園国際空港と比べると飛行機は少ないんですが、お客さんも少ないのでゆったりと飛行機を眺めることができますよ。