チャンギ空港第2ターミナル【アンバサダートランジットラウンジ】紹介

チャンギ国際空港にあるプライオリティパスラウンジ。

中でもアンバサダートランジットラウンジは第2ターミナルと第3ターミナルがありますが、名前は同じでも内観は結構違いました。

という事で今回は、第2ターミナルにある『アンバサダートランジットラウンジ』を紹介します。

ラウンジ内観や、食事、設備などの他、第3ターミナルにあるアンバサダートランジットラウンジとの違いなども見てみたいと思います。

私個人的には、第3ターミナルのアンバサダートランジットラウンジの方が好みでした。

◆第2ターミナルで、プライオリティパスで入れるその他のラウンジ&レストランはこちら⬇︎

チャンギ国際空港の【TGM】はプライオリティパスが使えるレストラン

2019年5月13日

チャンギ国際空港第2ターミナル【satsプレミアラウンジ】レビュー

2019年5月16日

2タミ側アンバサダートランジットラウンジの基本情報

まずは第2ターミナルにあるアンバサダートランジットラウンジの基本情報を紹介します。

ラウンジ基本情報

  • 第2ターミナルエアサイド側
  • プライオリティパスラウンジ
  • 24時間営業
  • 到着時利用OK
  • シャワー・トイレあり
  • アルコール有料
  • アイスクリームあり
  • マルチプラグ電源(変換プラグなくてOK)

アンバサダートランジットラウンジの特徴としてはこんな感じ。お酒は6:00〜24:00の間、有料で提供されています。プライオリティパスを持っていればお酒が無料で飲めるラウンジなんていくらでもあるので、わざわざここで飲む必要はないかと。

第3ターミナルにあるアンバサダートランジットラウンジとの違いとしては、到着時に利用可能である点です。これは深夜時間帯に到着する便を利用する人にとっては大きいはず。

しかし考える事はみな同じで、せっかくのラウンジが深夜時間帯はなかなか酷い状態に。ここは深夜利用にはあまりオススメしません。

その点を含めて、ラウンジ内を紹介していきます。

アンバサダートランジットラウンジの内部をレポート

アンバサダートランジットラウンジは、第2ターミナル制限エリア内、中央付近にあるこちらのエスカレーターを登ったところにあります。

エスカレーターを上がったらこのような景色の場所に出るので、ここを左へ曲がります。

左へ曲がると真っ直ぐ歩いた先にアンバサダートランジットラウンジの入り口があります。

ラウンジ内の様子

アンバサダートランジットラウンジのレセプション。

受付時は、プライオリティパス、搭乗券、パスポートを提示しましょう。

第2ターミナル側にあるこちらのアンバサダートランジットラウンジは到着時も利用可能です。ただし利用時間は他のプライオリティパスラウンジと同様3時間まで。

アンバサダートランジットラウンジでは、時間の書かれたシールをスタッフに渡されるので、服などに貼ってわかるようにしておきます。

ラウンジ内はモスクというかアラビアンな感じの雰囲気の内観ですね。

内部はラウンジエリアとダイニングエリアに分かれています。ラウンジに入って左側がソファーなどが並ぶラウンジエリア。

パーテーションで区切られた右側がダイニングエリアです。

ラウンジエリアはダイニングエリアよりも照明が少し落とされています。

ラウンジエリアのメインはこのソファー。

余裕を持って配置されたゆったりサイズのソファーは、革張りで高級感がありますね。

ラウンジフロアの奥にはカウンター席もあります。

アンバサダートランジットラウンジは一見すると内装は豪華な感じがあるんですが、よく中身を見てみるとあんまりなんですよね。

フロアは狭いのに天井が高く閉塞感があるというか、長居するにはあんまり落ち着かない感じ。

しかも到着時利用ができることもあって、深夜時間帯に照明が落とされたラウンジエリアでは、このように多くの方がグースカその辺で寝ちゃってます。しかもソファーで寝るならまだしも床で直寝したりと無法地帯のように・・・。

靴を脱いで寝ている人とかも多いので、狭いラウンジ内で臭いもちょっと気になりました。

今まで数多くのラウンジを見てきましたが、ここまで酷い状態なのは初めてでしたね。さすがにラウンジ内で床に直寝とかはちょっとびっくりですよね。

スタッフの方とか注意しないんでしょうかかね?

いくらラウンジ内が豪華そうに見えても、こんな感じだと台無し感が否めません。

ダイニングフロアとメニュー

パーテーションで区切られたラウンジ右側はダイニングエリアになっています。

こちらはダイニングエリアにあるカウンターテーブル席。お一人様はこちらですかね。

そして丸型のテーブル席ですね。ファミリーはこちらでしょうか。

そして対面のテーブル席。見つめ合いたいカップルのみなさまはこちらへどうぞ。

ダイニング中央にあるこちらがフードカウンターになります。

サラダやカットフルーツなどは乾燥しないように蓋付きでサーブされています。

ホットミールは深夜帯にも関わらず結構充実していました。

こちらは焼きそばですね。

これは魚のフライ。

そして鳥の軟骨揚げ。ビールが飲みたくなるけど、アルコールが無い。残念。

パンケーキもホカホカです。近くにはバターやハチミツも。

パンも食パン以外に何種類かありました。

クッキーなどのお菓子も。

アンバサダートランジットラウンジと言えばアイスクリームなんですが、残念ながら深夜は提供無し。第3ターミナルの方は、深夜でもあったんですけどね。

夜中は太るから食うなよって事でしょうか。

続きましてのドリンクコーナー。

冷蔵庫の中にはリンゴやサンドイッチの他、オレンジジュース、りんごジュース、牛乳が。

ソフトドリンクマシン。これは第3ターミナルのアンバサダートランジットラウンジにあったやつと同じタイプのものですね。

もちろんエスプレッソマシンもあります。

エスプレッソマシンは何故か2台もありました。

種類は違いますが。

紅茶のティーバッグもあります。

アルコールは上記の通り、6:00〜23:59までとなっており、有料での提供となります。

第2ターミナルでお酒を飲むなら、satsプレミアラウンジへ行きましょう。

ラウンジ内の設備

続いてラウンジ内の設備を紹介していきます。

入り口近くにはビジネスコーナーがあります。第3ターミナルの方もそうですが、アンバサダートランジットラウンジは、ビジネスコーナーがカッコいいですね。

椅子とか中々座り心地が良さげな感じ。

ラウンジ内にある電源はマルチタイプのものなので、変換プラグ不要です。

マルチプラグの他、USBポートも2つあるので、同時に3つのものを充電可能となっています。

アンバサダートランジットラウンジではシャワーもあり、使いたい場合はレセプションへ。

シャワールームはお手洗いなどがある場所と同じフロアにあります。

シャワールームはなかなか綺麗で、高級感もあります。

シャワーはレインシャワーと、手持ちの2種類。レインシャワーのシャワーヘッドは可動式です。

お湯がぬるいのと水圧が弱いのは残念なところですが、シンガポールのシャワーは大体こんな感じですね。

シャワールームには嬉しい洗面台と鏡付き。

タオルは頭の上に濡れないように置いてあります。

着替えるときは、洗面台の下から台を引き出して荷物置き場にしましょう。

ドライヤーはシャワールーム内にはありませんが、シャワールームを出たところのフロアにあります。

同じフロアにはトイレも。こちらも綺麗です。

入室条件

アンバサダートランジットラウンジの利用条件は以下の通りです。

ラウンジ利用条件

  • プライオリティパス所有者
  • ダイナースクラブカード所有者
  • ラウンジキー所有者
  • 最大3時間まで
  • 到着時利用OK

 

場所・営業時間

場所

第2ターミナルエアサイド側(制限エリア内)、中央付近のエスカレーターを上がって左。

営業時間

  • 24時間

ヒコ太郎のラウンジ採点!チャンギ国際空港ターミナル2のアンバサダートランジットラウンジは【38点】でした

ヒコ太郎のラウンジ採点では、ヒコ太郎の独断と偏見により、ラウンジを以下の9点についてそれぞれスター付けを行い、それらを総合して採点します。

※ヒコ太郎の完全主観による採点です。

ヒコ太郎のラウンジ採点

  • ラウンジ内の雰囲気 ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 広さ ★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • シャワーの有無と清潔さ ★★★★★★★★☆☆
  • トイレの有無と清潔さ ★★★★★★★★☆☆
  • 食事メニューの豊富さと満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆
  • オーダー式ミール有無と満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ドリンク充実度とアルコールの有無 ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 混雑度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • ラウンジ独自のサービス ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

チャンギ国際空港アンバサダートランジットラウンジは、34スター獲得で【38点】でした!

ヒコ太郎のラウンジ採点一言コメント

第2ターミナルのアンバサダートランジットラウンジは、ぱっと見は高級感があるんですが、よく見ると実際は狭く、床で寝ている人がいるなど、雰囲気はちょっと残念な感じがありました。訪れた時間帯が悪かったのかもしれませんが、利用するなら深夜時間帯は避けたほうがいいと思います。シャワーを浴びるならおすすめですね。

おわりに

アンバサダートランジットラウンジは到着時に利用できる点はありがたいラウンジですが、総合的に見るならsatsプレミアラウンジの方がいいかと思います。そちらも到着時に利用できますし、無料でお酒もありますからね。

プライオリティーパスを持っていればどちらも使えますので、入ってみた感じの好みでいいと思います。

まだプライオリティパスをお持ちでない方は、年会費10,800円の楽天プレミアムカードを作れば、通常4万円以上するプライオリティパスが無料で付いてきます。

◆プライオリティパスとは?

プライオリティパスとは、世界中(140カ国以上)にある1200カ所以上のビジネスクラスラウンジが無料で利用できるカードです。

プライオリティパスがあれば、エコノミーやLCC利用でもラウンジが使えるようになります。

楽天プレミアムカードは今なら最大10,000円分のポイントがもらえる超お得なキャンペーンを期間限定でやっていて、実質無料でプライオリティーパスが手に入るという超お得なキャンペーンです。この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

◆楽天プレミアムカードの入会はこちら⬇︎

◆チャンギ空港でプライオリティパスが使えるその他のラウンジはこちら⬇︎

チャンギ空港でプライオリティパスが使える全11ラウンジまとめ!

2019年5月24日