E-4Bを撮影したよ!マティス国防長官が横田に来日!

みなさんE-4Bはご存知ですか?

E-4Bとは私の好きなボーイング747をベースにして作られた機体で、国家空中作戦指揮センターとして運用される特別機です。

別名ナイトウォッチと呼ばれ、全面核戦争など地上から指揮が取れない場合に備え、大統領や国防長官などを乗せ、アメリカ軍を空中から指揮するために作られた飛行機なんです。

核攻撃に対する反撃のため大陸間弾道ミサイル部隊や潜水艦発射弾道ミサイル部隊、戦略爆撃機部隊に対する指揮能力を持っています。

E-4Bは全部で4機あり、大統領の近くには必ず1機のE-4Bが待機し、いつでも核攻撃に対する報復核攻撃が行えるようになっています。

その任務の性質上なかなか撮影することは難しく、私がずっと撮りたかった飛行機のひとつでした。

国防長官が外国に行く際に使用されるため、来日する時をずっと伺っていました。

そして2018年6月28日~29日にかけてマティス国防長官が来日しました。それに合わせてマティス国防長官の乗機であるE-4Bをついに撮影することができたので、その時のお話をしようと思います。

2018.6.28 マティス国防長官来日

事前準備

今回マティス国防長官の来日を知ったのは1週間ほど前です。

マティス国防長官は北朝鮮問題などの協議のため、中国・韓国・日本を歴訪するスケジュールで、日本には6月28日~29日に来日する予定でした。

アメリカの国防長官が来日するということは乗機は当然E-4Bです!

E-4Bは私の中でずっと撮りたかった飛行機。

慌ててスケジュールを確認すると私も28日~29日にかけて仕事でした。
29日の仕事が昼頃終わるため間に合いそうであれば行こうと考えていました。

次第に日程が明らかになり29日に小野寺防衛大臣との会談があることがわかりました。
会談があるということは朝一の出発はなさそう。午前中に会談を行ったとしても上がるのは昼過ぎになりそうです。

急いで行けば間に合う可能性があったため今回撮影に行くことにしました。

6月29日

事前の情報からE-4Bは横田にいることがわかっていました。

仕事が終わり急いで横田基地へ向かいます。

横田基地に向かっている間に情報収集、するとなんとすでにエンジンスタートしている様子!
まだ横田基地にE-4Bがいることは救いでしたが、上がるまでにあまり時間はなさそう。

横田基地まではまた電車で45分ほどかかります。
1人電車の中でソワソワしていると上空にアメリカ軍のヘリが2機飛んでいるのが見えました。

マティス国防長官の迎えのヘリの可能性が高いです。

ヘリの往復の時間を考えると残された時間は1時間なさそうな感じ。

時間がないため電車の中でカメラの準備を整え、撮影場所を考えます。

今日の横田基地は南風運用でした。
転がりを撮るなら基地の北側、上がりを撮るなら基地の南側ですが、南側は撮れる場所があまりなさそうな感じです。

転がりを撮りたかったため横田基地の北側に行きたかったのですが、北側の最寄り駅は東福生駅で、駅から遠いため時間がかかりそう。
南側は拝島駅からすぐです。今回八王子から八高線に乗るため南側なら北側よりも20分ほど早く着ける予定でした。

電車で移動の間、どちらで撮ろうかずっと悩みましたが、撮り逃すことが1番怖かったため、今回は不本意ながら南側から上がりを撮ることにしました。

拝島駅を降りると飛行機のエンジン音が聞こえます。

E-4Bか!!

慌ててカメラを取り出して飛行機を探すとエンジン音の正体はオムニエアの777でした。


なんとか後ろ姿を撮ることができました。オムニエアの777もあまり見ることができないため撮れてラッキーです。

E-4Bはまだ上がってなかったため、一度姿を見に行くことにしました。

基地の南端に到着するとE-4Bの後ろ姿が!初めてのご対面に感動です!


エンジンの排熱と気温のためメラってましたが、後ろ姿を何枚か撮り、すでにアンチコが点灯していたためすぐに移動します。

すると基地の方からオスプレイが!しかも海兵隊仕様ではなく空軍仕様の方じゃないですか。

オスプレイも初めて見たため写真を撮りながら移動しました。オスプレイを撮っていると何機も飛んできます。

次々と飛んでくるためオスプレイ祭の状態でした。


オスプレイを撮りながら上がりを真横で撮れそうな場所を探して歩いていると、福東トモダチ公園という公園を見つけます。


時間があればもっと西側に離れたかったんですが、何人かカメラを持っている人もおり、遮蔽物もなかったためここで撮影することに決めました。

荷物を置き、5分ほどするとついにE-4Bが動き出したようです。

木の向こうからE-4Bが上がってくる予定なので撮れるチャンスは一瞬です!カメラを構えて飛び出してくる瞬間を待ち構えます。

いよいよエンジン音が聞こえてきました。

そしてついに木の向こうからE-4Bが姿を現します!めっちゃ腹!!


内心そう叫びましたがとりあえずシャッターを切り続けます。E-4Bはあっという間に飛び去ってしまいました。

すぐに撮った写真を確認しましたが、がっつり腹下で真横とは程遠い写真となってしまいました。

とりあえず撮れたことはよかったですが、頑張って北側に行けばよかったと後悔しまくりです。

本当にギリギリまでずっと悩んでたんですよね。北側に行こうか南側に行こうか…。タラレバになってしまいますが、頑張れば北側でも間に合いそうな感じでした。飛行機撮影って本当にこういう選択を迫られること多いんですよね。

また来る時は要リベンジです!

おわりに


初めてのE-4B撮影は天気が良かっただけに非常に悔しい結果となってしまいました。

今回の撮影で学んだことは撮影場所を事前に決めておくことの大切さです。
時間が迫られた中での撮影ってよくあることなので、撮影場所に悩んでいるとベストな写真を撮れなくなってしまいます。

今回の反省を活かして次回またリベンジしたいと思います。

次回E-4Bが来る時は一緒にいい写真を撮りましょうね!