C-32を撮影したよ!ポンペオ国務長官が羽田に来日

C-32を羽田で撮影。ポンペオ国務長官が来日した時の写真

先日日本にポンペオ国務長官が来るというニュースを聞きつけ、羽田でポンペオ国務長官の乗機であるC-32を撮影してきました。

その時の様子をお伝えしたいと思います。

2018年7月7日ポンペオ国務長官来日

事前準備

私がポンペオ国務長官が来日するのを知ったのは来日1週間ほど前の6月29日。

いつものようにスマホのニュースで知りました。

今回のポンペオ国務長官の日程は7月6日に北朝鮮を訪問し核問題を協議、7月7日に来日、7月8日に帰国という外国日程でした。

私は7月7日、8日と休みだったんですが、8日は予定があったため行くことができませんでした。

7日に撮影を行うべく情報を集めます。

徐々に日程の詳細がわかり、今回の北朝鮮訪問では6日と7日の午前に北朝鮮の高官と会談を行い、7日の午後には来日するような感じでした。

さらに6日の朝には北朝鮮に行く前に横田基地にテクニカルランディングし、給油を行なったこともわかりました。

マティス国防長官来日の時は横田に降りたため、今回も横田に行くか羽田に行くか、もしかしたら厚木かもなどと色々悩みましたが、今回はC-32でありE-4Bよりも機密性が高くないこと、都内で会談を行うこと、距離や警備の都合などを考えると横田に降りる意味はあまりないと考え、羽田に降りると予想しました。

7月7日朝

朝起きて早速情報をチェック!

ふむふむ、朝の9時頃から会談が予定されてるようです。てことは2時間程度の会談だとしても日本に着くのは昼過ぎになりそう。急いで羽田に向かわなくてもよさそうです。

今日の天候をチェックすると曇多めの南側予報。となるとB滑走路かD滑走路に降りることになりそう。

通常韓国方面から来る機体はB滑走路に降りることが多いため、降りの瞬間を狙うことに決めました。

B滑走路の降りを撮るにはちょっと距離が遠め。距離を稼ぐためにフルサイズの6Dだけでなく、APS-CのEOS KISS X3も持って行くことにします。9年選手で古いカメラですがまだまだ現役です。

さらに今日は着陸後にVIPスポットに入ることが予想できるのでバルブ撮影用の三脚も一緒に持っていくことに決めました。

11時頃までこまめにニュースをチェックしていましたが、まだ会談は行われているようで情報が入ってきません。

一応余裕を持って昼過ぎに羽田へ着くように家を出ます。

B滑走路の降りを撮るには城南島か京浜島つばさ公園がよさそうです。

城南島は飛行機までの距離が近く撮影スポットとして有名ですが、ちょっと腹下気味の絵になることが多いので、京浜島つばさ公園で撮影する事に決め、車を走らせます。

京浜島つばさ公園到着

13時頃に京浜島つばさ公園に到着。公園の奥の方へ進み、早速撮影開始。

今日は雲が多めですが、それもまた夏らしくていい感じです。

撮影を始めると早速JTAのさくらジンベエが。


ジンベエジェットは夏の空が似合いますね!


ただ待つのももったいないのでどんどん撮影を続けていきます。

中国東方航空やお馴染みのANAにJALも撮りますよ~。


私の好きな航空会社であるキャセイも降りてきました。

しかし全然C-32の情報が入ってきません。どうやら交渉が難航している様子。


撮影していると次に現れたのはJALのディズニー35周年記念塗装JALセレブレーションエクスプレス。


私ディズニーが好きなのでこれ撮りたかったんですよ。これが撮れただけでも来た甲斐がありました。

しかし本命はC-32。これを撮るまでは帰れまテン。

どんどん撮影を続けて行きますよ~。


次に来たのはベトナム航空のスカイチーム塗装です。

やはりA350のスカイチーム塗装はカッコいいですね。光もいい感じに当たって今日1番かっこよく撮れたんじゃないかと思います。


ところで京浜島つばさ公園、飛行機を撮るにはいい所にはいい場所なんですが、ひとつ難点がありまして。

ここの公園、フナムシがうじゃうじゃいるんです。

フナムシといえば海版ゴ○ブリ。生物学的な分類ではゴ○ブリではないそうなんですが、関係ありません。

キモいものはキモいです。

英語で呼ぶとsea roachだし。海ゴ○ブリじゃん。笑

めっちゃ素早いのがキモさに拍車をかけます。キモさ120%です。

神は何故フナムシさんをあんな姿にしてしまったのでしょうか?

このブログを読んでくれている人の中でフナムシファンの方がいたら申し訳ないのですが、私個人的にはゴ○ブリよりもキモいんじゃないかと思います。

私が神だったらもっとまともな姿に創造するんだけどなぁ、などとくだらない事を考えながら、撮影していると次に来たのはシンガポール航空のA350-900。

ここで再度情報をチェックすると、横田からF-22が7機飛んで行った情報が入ってきました。

これを受けてtwitterは大賑わいです。

撮りヒコ達が続々と横田に向かっています。F-22撮りたかったけど我慢我慢。

F-22の編隊はどうやらC-32の護衛で向かった様子。会談が終了したのでしょうか?

情報を調べているとtwitter上に防衛関係に強そうな方のツイートが。

その方曰く、横田で給油し明日総理総理と会うと断言されています。

私の予想では羽田に来ると思ったんですが、C-32は羽田じゃなくて横田なのか?この方はどうやら防衛通らしいので急に不安になってきました。

羽田から横田までは約1時間半。間に合うかどうかはわかりませんが、横田の情報があればいつでも出動できるように準備をしておきます。

気を取り直して撮影を続けます。

次に来たのは中国国際航空の特別塗装機。中国らしい派手なデザインでカッコいいですね。

ついにC-32が!

ここでついにポンペオ国務長官が北朝鮮を出発したとの情報が!

果たして羽田と横田どちらにくるのでしょうか。

距離を考えると到着予定は18時半~19時半頃と予想します。

当初こんなに遅くなるとは思わなかったため、暗さが心配です。時間的に流して撮らないとちょっと厳しそう。

結局今回は行先がわかるような情報が入ってこないため自分の予想を信じて羽田で狙うことに決めました。
だんだん日が傾いてきて空の色が赤く染まり始めてきました。

ここで本日2度目のディズニー35周年記念塗装機が!また会ったね、ミッキーちゃん。

明るさがどんどん変わるのでカメラの設定を調整して
いるとなんとC-32が降りてきました。

無線入らなかったのになんでやん!てかもう来たんかい!

心の準備ができていなかったため真横カットは撮り逃してしまいました。

慌てて撮り始めましたが機体をブラさないように慎重に撮影し、管制塔との絡みを撮ることができました。

タッチダウンまで撮りきり状況を整理しました。今回準備に余裕を持てるようにエアバンドの周波数をアプローチより手前で通るであろう湘南セクターに合わせていたのですが、これがいけなかった様子。

今度からは素直にアプローチに合わせておこうと思いました。

エアバンドに詳しい人からみたら恥ずかしいミスかもしれませんね。要勉強です。

P3駐車場へ

降りを撮れたので京浜島つばさ公園を撤収し、P3駐車場へバルブ撮影に向かいます。

『バルブ撮影のやり方についての記事はこちらから』

ここでみなさんに注意といいますか、お願いがあります。

VIPスポットは羽田空港のP3駐車場から撮れるんですが、こちらは羽田空港を利用する方のための駐車場です。駐車場を利用する方々の邪魔にならないように撮影してください。

機材を床に広げたり、車の通行の妨げにならないようにしましょう。ゴミを捨てるなんてのは論外ですよ。

そこまで酷い人はさすがにいないと信じたいですが、マナーを守らないと撮影する場所はどんどんとなくなってしまいます。

VIPが来ているときは警察の方も警備を強めているので職務質問をされる時などもあります。警察の方の仕事の邪魔にならないよう素直に応じましょう。

最近撮り鉄のマナーの悪さはよくニュースになりますが、撮りヒコさんもそういった悪いニュースにならないように願います。

一般の方や空港関係者の迷惑にならないように気をつけて、お互い気持ちよく撮影できるようにしていきましょう!

P3駐車場に着きました。有名な撮影スポットなので、誰か撮影しているかなと思ったんですが誰も来ていないようです。

『P3駐車場の撮影スポット解説記事はこちらから』

ここでいよいよ三脚の出番です。照明のポールが邪魔ですが、いい感じに撮影することができました。重たい三脚を持ってきた甲斐がありました。

夜はやはりバルブ撮影は綺麗に撮れますね。30分ほど撮影し撤収しました。

おわりに

今回は情報がほとんど入らない中で中々難しい撮影でした。

いつもであればリアルタイムでどこを飛んでいるなどの情報を上げてくれる人が大体いるんですが今回は誰もいなかったため、予想をフルに使うしかありませんでした。

降りてきた時間も18時45分と中々難しい時間でした。

難しい条件の中撮れたことは私の中で大きかったです。

予想というのは飛行機撮影では大事なスキルなんだなというのを改めて感じました。

エアバンドの周波数は失敗してしまいましたが、みなさんは私のような失敗に気をつけてくださいね。

特別機は撮るのも難しいですが、撮れた時の喜びは格別です。色々な特別機が日本に来ますのでみなさんも是非撮ってみてください。